To不定詞の本来の意味…文中の動詞を1つにすること

英語の基礎文法

To不定詞は”to+動詞の原形”で

「〜すること」や「〜するために」

という意味と習ってきたと思います。

 

 

しかしこの例文を見てみましょう。

I want something to drink.

意味は「何か”飲み物”がほしい」です。

 

 

先ほどの

「To不定詞=〜すること」と考えると、

to drinkは”飲むこと”と訳すので、

全体の訳は「私は飲むこと何か欲しいです」となり変です。

 

 

もう1つの訳

「To不定詞=〜するために」で考えると、

to drinkは”飲むために”と訳すので、

全体の訳は「私は飲むために何かほしい」となり、

私は飲むために”何か(お菓子などが)欲しい”という

違う意味になってしまいます。

 

 

このように、To不定詞を

「〜すること」や「〜するために」と

ただ解釈してしまうと

理解できない文が出てくるでしょう。

 

 

そうならないためにも今回は、

・To不定詞の「本来の意味」

・To不定詞の色々な用法

 

この2つを軸にTo不定詞について

深掘りして解説していきます。

 

 

※To不定詞は「to+動詞の原形」で表し、

動詞を動名詞に変えることができる(動詞ではなくなる)

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

TOEICは930点持っています。

 


今はブログやツイッターを軸に、

留学で培った経験を発信しています。

 

上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

To 不定詞とは


まずTo不定詞とは何か考えましょう。

 

 

To不定詞がなぜ使われるのか。

 

 

それは、

動詞を1つの文に2つ以上入れるため

です。

 

 

英語には1つの文に動詞は1つだけ

というルールがあります。

 

 

しかし、

To不定詞を使って動詞を「動名詞」に変え

文中の動詞を1つにするのが

To不定詞の本来の意味です

 

 

例えば、

「私は野球をすることが好きです」

この文には

”野球をする”と”好き”の2つの動詞があります。

 

 

これをTo不定詞を使うことで

動詞を1つ動名詞に変え、

文中の動詞を1つにします。

 

 

まずは文の主な内容である

「私は好きです」を先に書きます。

I like

 

 

次に何が好きかを表す

”野球をする”という動詞を

To不定詞を使って動名詞に変えましょう。

To play baseball

 

 

繋げると、

I like to play baseball

「名詞+動詞動名詞+名詞」

動詞が1つになりました。

 

 

これを動詞が2つあるのにそのまま

I like play baseball
「名詞+動詞動詞+名詞」

とすることはできません。

 

 

ちゃんとTo不定詞を使い

「play→to play」にして動詞を1つにしましょう。

 

 

他の例:

私は勉強する必要がある

 

 

「必要がある」という動詞と

「勉強をする」という動詞の2つがあるので、

To不定詞を使って動詞を1つにします。

 

 

まず文の主な内容である

「私は必要があります」から先に書きます。

I need

 

 

その後に「勉強をする」という動詞を

To不定詞を使って動名詞に変えてあげましょう。

To study

 

 

繋げると、

I need to study

となります。

 

 

簡単ですね。

 

 

動詞を文に1つだけにするという

意識を持ちましょう

 

 

と言うより、

動詞はだいたい最初にくるので

I like
I need
I play

その後をTo不定詞の文で繋ぐ

イメージを持つといいですね。

 

例:

私は好き。

→I like

”野球する”ことが好きなので、

To不定詞でつないで

→I like to play baseball

 

私は必要。

→I need

”勉強する”ことが必要なので、

To不定詞でつないで

→I need to study

To不定詞の種類


To不定詞の基礎がわかったところで

ここからはもう少し踏み込んで

To不定詞について解説していきます。

 

 

まずTo不定詞には

下の3つの用法があります。

 

・To不定詞の名詞的用法

・To不定詞の形容詞的用法

・To不定詞の副詞的用法

 

 

これら3つは簡単に言うと、

To不定詞が文中で「名詞・形容詞・副詞」の

どの役割を果たしているのかを表しています。

To不定詞の名詞的用法


To不定詞の名詞的用法とは、

To不定詞が文の主語になったり

文の中で名詞の役割を果たすことを言います。

 

 

例:

逃げることは試合に負けることです

 

この文には、

「逃げる」「〜です」「負ける」

の3つの動詞があります。

 

 

なのでTo不定詞を2つ使って

まず動詞を1つにしましょう。

 

 

初めに文の主な内容である

「逃げることは〜です」を書きます。

Run away is

 

 

その後に「試合に負ける」という文を

To不定詞を使って書きます。

to lose the match

 

 

繋げると、

Run away is to lose the match

 

 

あれ…

 

 

まだ「Run」「is」の

2つの動詞がある…

 

 

そうなんです。

 

 

実はもう1つTo不定詞を

文中に入れなければなりません。

 

 

しかし「Run」「is」の

どちらにTo不定詞をつければいいかは

今までの説明ではわかりません。

 

 

ここであなたの持っている

知識を使うときです

 

 

例えば、

Run away is to lose the match

この文を見て、

Runが最初にくるなら命令文ってことだけど、

「逃げることは試合に負けることです」は

命令文ではないのでRunにTo不定詞がつくのか。

 

と考えたり、

 

 

訳が「逃げること」となっているので

RunにTo不定詞がつくのか。

と考えたりもできます。

 

 

よって答えは、

To run away is to lose the match

 

 

 

難しいことを言うと、

「逃げることは試合に負けること」というのは

「逃げること=試合に負けること」対比になっています

 

 

つまり英文は、

「逃げること is 試合に負けること」となり

負けることにTo不定詞がつくなら

逃げることにもTo不定詞をつけなければならない。

 

と考えなければならないでしょう。

 

 

ただ実際は、

そこまで考える必要はないです。

 

 

こんか考え方があるんだなぐらいで

覚えておくといいでしょう。

 

 

他の例:

To play baseball is fun
(野球をすることは楽しいです)

To go outside is dangerous
(外に出るのは危険です)

To feel guilty about it is normal
(それについて罪悪感を感じることは普通です)

 

 

 

このように、

To不定詞が主語になったり

名詞の役割を果たしているのを

To不定詞の名詞的用法と呼びます

To不定詞の形容詞的用法


To不定詞の形容詞的用法とは

To不定詞で名詞を修飾する用法です。

 

例:

私は誰か助けてくれる人が必要です

 

 

この文には

「必要である」「助ける」の

2つの動詞があります。

 

 

なのでTo不定詞を1つ使って

動詞を文中に1つにしましょう。

 

 

まず文の主な内容である

「私は必要です」を書きます。

I need

 

 

その後に

「誰か助けてくれる人」という文を

To不定詞を使って書いてみます。

 

 

あれあれ助けてくれるって

どう書くんだ…

 

 

また人ってperson?それともpeople?

どっちを使えばいいんだろう…

 

 

このように、

「誰か助けてくれる人」って

どう訳するのか難しいですよね

 

 

ここでは

・need 人 to 〜 = 人に〜してもらう必要がある
・訳を自分の言葉に変換できる


のどちらかに頼るといいです。

 

 

例えば、

need someone to 〜 = 人に〜してもらう必要がある

これを基に考えると、

そのまま文法に当てはめて

I need someone to help me

と言うことができます。

 

 

また、訳を自分の言葉に変換して

「私は誰か助けてくれる人が必要です」を

「私は私を助けてくれる”ための誰かが”必要です」に言い換え

I need someone to help me

と書くことができます。

 

 

英語を話せるようになった今だから

こんな考え方を分けてかっこよく書いてますが、

英語を勉強し始めの頃は

こんなこと一切考えたことがありません

 

 

しかし先ほどの

・someone to 〜(〜をするための誰か)
・something to 〜(〜をするための何か)


は頻繁に出てくるし、

もしわからないと上みたいに

ややこしく考えないといけなくなるので、

今のうち覚えておきましょう。

 

 

例:

I need someone to teach me English
(私に英語を教えてくれる誰かが必要)
→私に英語を教える人が必要である

I want someone to help me
(私を手伝うための誰かが欲しい)
→私を手伝ってくれる人がほしい

【最初の例文】
I want something to drink
(飲むための何かが欲しい)
→何か飲み物がほしい

 

 

 

このように

To不定詞で名詞を修飾しているのが

To不定詞の形容詞的用法になります

(形容詞はそもそも名詞を修飾するもの)

To不定詞の副詞的用法


To不定詞の副詞的用法とは、

To不定詞で文全体を修飾する用法です。

 

例:

私は母親を助けるために一生懸命働いています。

 

この文には、

「働く」「助ける」

の2つの動詞があります。

 

 

なのでTo不定詞を1つ使って

文中の動詞を1つにしましょう。

 

 

まず文の主な内容である

「私は一生懸命働いています」を書きます。

I work hard

 

 

その後に「母親を助けるために」という文を

To不定詞を使って書いてみます。

To help my mother

 

 

繋げると、

I work hard to help my mother

 

 

To不定詞の副詞的用法はとても簡単なので

パパッと覚えてしまいましょう。

 

 

例:

I want to study English to go abroad
(私は海外に行くために英語を勉強をしたい)

He is a genius to solve the problem
(その問題を解決するなんて彼は天才か)

I’ll take away to eat outaide
(私は外でご飯を食べるためにテイクアウトします)

 

 

 

このように

To不定詞で文全体を修飾しているのが

To不定詞の副詞的用法になります

まとめ


今回の記事をまとめると、

 

To不定詞は

・文中に動詞を2つ以上いれるためのもの

・文の後ろにどんどんくっつけるイメージ

・名詞・形容詞・副詞的用法がある

 

でした。

 

 

正直、

To不定詞の名詞・形容詞・副詞の3つの用法は、

To不定詞が文の名詞・形容詞・副詞の

どれを修飾しているかという違いです。

 

 

特に気にして勉強する必要はありません。

 

 

ただTo不定詞は、

文中の色んな品詞を修飾できる

これだけは理解しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました