【徹底解説】英語で「倍数」「小数」「分数」の数字の読み方を知ろう!

英語の基礎文法

2倍(倍数)

0.12(小数)

1/2(分数)

あなたは「倍数、小数、分数」を

英語で言えますか?

 

 

僕はTOEIC900点取るまで

英語で言えませんでした。

 

 

正確に言うなら、

ぼんやりとはわかっていたけど

人に説明できるほど

きれいには理解していませんでした。

 

 

なのでもしあなたが

上の数字を英語にできなくても、

気にする必要はありません。

 

 

ただし今日で

しっかり分かるようにしましょう

 

 

当記事では、

「倍数、小数、分数」を下の順に

詳しく解説しているのでぜひご覧下さい。

・倍数の読み方
・小数の読み方
・分数の読み方

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

TOEICは930点持っています。


今はブログやツイッターを軸に、

留学で培った経験を発信しています。

 

上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

英語で基本となる数字の読み方


まず基本となる「1〜100」までの

英語で数字の読み方です。

1 one 11 eleven 21 twenty one
2 two 12 twelve 22 twenty two
3 three 13 thirteen 23 twenty three 40 forty
4 four 14 fourteen 50 fifty
5 five 15 fifteen 60 sixty
6 six 16 sixteen 30 thirty 70 seventy
7 seven 17 seventeen 31 thirty one 80 eighty
8 eight 18 eighteen 32 thirty two 90 ninety
9 nine 19 nineteen 33 thirty three 100 one hundred
10 ten 20 twenty   :    


ここまでは普通に言えるかと思います。

 

 

さらに「101〜999」までは

組み合わせでできます。


例:

320 → three hundred twenty
     3    百          20
521 → five hundred twenty one
              5         百       21
805 → eight hundred five
    8          百      5

※「hundred」に「s」はつかない

→eight hundreds ×  eight hundred ◯

 

 

もっと長い数字の読み方が知りたい方は、

下記事をご覧ください↓

英語で「長い数字」の読み方…コンマ(,)を使えば一瞬でわかる

倍数の読み方


倍数は基本「数字+times」で表されます

つまりtimesが「倍」という意味です。

 

 

例:

three times(3倍)

four times(4倍)

five times(5倍)

ten times(10倍)

※2倍は「two times」とも言えるが、
「twice」がよく使われる

 

 

また倍数は

「as 〇〇 as〜」と共によく使われます。

 

例:

He is twice as big as me
(彼は僕の2倍大きい)


She is three times as tall as me
(彼女は僕の3倍背が高い)


He has ten times as many books as I have
(彼は僕の10倍たくさんの本を持っている)

↓言い換えると

He has ten times the number of my books

小数の読み方


小数の英語での読み方は

日本語と一緒です。

 

 

よって、

「小数点=point」

「1〜9までの英語での読み方」

この2つが分かれば簡単にわかります。

 

 

例えば、

0.123

上の数字を日本語で言うと

「れい、てん、いち、に、さん」ですよね。

 

 

つまりこれを

そのまま英語にすればいいので、

「zero point one two three」

となります。

 

 

ちなみに人によっては

数字の0を「oh」と言ったりするので、

「oh point one two three」

と言うこともできます。

 

 

また、

0.12

のように小数点以下が2桁なら、

「zero point one two」だけでなく

「zero point twelve」とも読めるので、

 

合わせて覚えておきましょう。

 

例:

0,35
(zero point three five)
(zero point thirty five)

 

1.53
(one point five three)
(one point fifty three)

 

3.19
(three point one nine)
(three point nineteen)

 

 

※しかしドルについて話すときは

「point」を読まないので注意

 

例:

$50.16

fifty point one six ×

fifty one six ◯
fifty sixteen ◯

分数の読み方


分数とは「1/3」のように数字が上と下、

つまりは分子と分母に分かれている

形のことを言います。

 

 

1/3の分子は1で分母は3です。

 

 

英語では、分子を先に言って

そのあとに分母を言わないといけないので、

1/3は「one three」となります。

 

 

と言いたいとこですが、実は英語には

分母は序数で表さないといけない

というルールがあります。

 

序数まとめ:

1 first 11 eleventh 21 twenty-first
2 second 12 twelfth 22 twenty-second
3 third 13 thirteenth 23 twenty-third
4 fourth 14 fourteenth    :
5 fifth 15 fifteenth    :
6 sixth 16 sixteenth 30 thirtieth
7 seventh 17 seventeenth    :
8 eighth 18 eighteenth    :
9 ninth 19 nineteenth 100 one hundredth
10 tenth 20 twentieth 101 one hundredth and first

 

 

つまり、分母の3は序数で表すと

「third」となっているので、

1/3は「one third」となります。

 

 

これがもし2/3だと2が複数扱いになるので

「two thirds」と「s」をつけて書かなければなりません。

 

 

しかし例外として、

1/2=one second

1/4=a fourth ×

とは言えず

1/2=a half

1/4=quarter

となるので注意しましょう。

 

※「1/4→a fourth」は

言えなくなはないが一般的ではない

 

 

ちなみに3/4だと3が複数扱いになるので、

「three quarters」と「s」をつけて書きます。

 

復習:

2/5→two fifths

32/67→thirty-two sixty-sevenths

1/200→one two-hundredth

19/301→nineteen three-hundredth and firsts

↑「and」と「firsts」のsを忘れずに

まとめ


今回の記事をまとめると、

 

❶倍数は基本「数字+times」で

「as 〇〇 as〜」と共によく使われる。

例:She is three times as tall as me
 (彼女は僕の3倍背が高い)

 

❷小数の英語での読み方は日本語と一緒。

しかしドルはpointを読まない。

例:0.123=zero point one two three
  $50.16=fifty one six、fifty sixteen

 

❸分数の分母は序数読みで、

分母が複数だと分子にsをつける。

1/2と1/4は例外。

例:1/3=one third
  1/3=two thirds
  1/2=a half
  1/4=quarter

 

でした。

 

 

英語が得意な人でも数字が苦手な人にとって

今回のパートは難しかったでしょう

 

 

もしまだ曖昧であれば、

何回も繰り返して見ることで

脳に定着しやすくなるので、

また違う日にぜひご覧ください。

 

 

 

また数字に関連して、

「電話番号」「部屋番号」「西暦」の

英語での読み方も下記事に書いてるので、

ぜひ合わせてご覧ください。

英語の様々な番号の読み方、「電話番号」「部屋番号」「住所番号」「西暦」

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました