英語の副詞をきれいさっぱりに理解するためにわかりやすく解説

英語 副詞 英語の基礎文法
英語 副詞

当記事は、

英語の副詞と形容詞の区別がつかない
副詞って文のどこに入れればいいかわからない

という方向けの記事です。

 

 

英語の副詞はややこしく、

副詞によって文の中に入れる場所が違かったり

用法が多かったりします。

 

 

しかし学校では

そんな詳しく副詞について習いません。

 

 

当記事では

副詞とは一体何なのか。どの場面で使え、文のどの場所にいれればいいのか

をわかりやすく解説していて、

また応用として形容詞から副詞への変化のさせ方まで
(lucky→luckilyなど)

詳しく理解できるようになっています。

 

 

最後には、

もし副詞をどこに置こうか迷ったときのための

簡単なルールをまとめましたので

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

TOEICは930点持っています。

TOEICスコア

TOEIC実際のスコア


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

副詞とは

副詞とは
副詞とは


副詞とは名詞以外を修飾する言葉です

 

 

例えば、

I am so happy
(私はとても幸せです)

上の例文の”so”が副詞に当たります。

 

 

soは形容詞であるhappyを強調させ

「”とても”幸せです」という強調文を作ります。

 

 

他にも、

I walk quickly
(素早く歩く)

上の文の”quickly”が副詞に当たります。

 

 

quicklyは動詞であるwalkを修飾させ

「”素早く”歩く」という文を作り、

どういう風に歩くのかを具体的に説明しています。

 

 

こういう風に、

副詞は形容詞や動詞の他にも

名詞以外のほとんどの言葉を修飾する言葉です

 

 

逆に、名詞を修飾する言葉は

「形容詞」となります

 

例:

beautiful sea(美しい海)
   ↑        ↑
  形容詞   名詞

上の例では、”海”を具体的に表している

”美しい”が形容詞に当たります。

 

 

これを副詞を使って、

「副詞+海」などとすることはできません。

 

 

名詞を修飾できるのは

beautifulなどの形容詞だけです。

 

 

この2つの違いはしっかり区別しましょう。

副詞
→名詞以外を修飾

形容詞
→名詞のみを修飾

副詞の位置

副詞の種類
副詞の位置


副詞には

「限定の副詞と説明の副詞」があります。

 

と言ってもこんな言葉は覚える必要なく、

副詞は修飾したいものの

「前に置く」時と「後ろに置く」時があります

 

 

先ほど挙げた例文を見ても

I am so happyのsoはhappyの「前」にあるが、

I walk quicklyのquicklyはwalkの「後ろ」にあります。

 

 

ではなぜそうなるのか、

この2つの違いをこれから詳しく解説します。

限定の副詞(前に置く)


先ほど覚えなくてもいいと言った

限定の副詞というものは、

副詞を修飾したいものの「前に置く」副詞のことです。

 

 

この限定の副詞は、

細かく分けると5つほどあります。

 

・程度を表わす副詞
・頻度を表わす副詞
・確信の度合いを表わす副詞
・感情を表わす副詞
・態度を表す副詞

程度を表わす副詞


程度を表わす副詞とは、

修飾する言葉が「どれくらいの程度

なのかを表わす副詞です。

 

 

先ほど上で挙げた

I am so happyの”so”などがその例です。

 

 

他にも、

very(とても)
so(とても)
too(かなり)
really(本当に)
quite(とても)
a little(少し)

などが程度を表す副詞で、

これらは全て修飾する言葉が

「どれくらいの程度」なのかを表わしています。

 

例:

I am very happy
(私はとても幸せ)

I am so happy
(私はとても幸せ)

I am too happy
(私はかなり幸せ)

I am really happy
(私は本当に幸せ)

I am quite happy
(私はとても幸せ)

I am a little happy
(私は少し幸せ)

頻度を表わす副詞


頻度を表わす副詞とは、

文で示している行為が「どのくらいの頻度」で

行っているのかを表す副詞です。

 

 

例えば、あなたが英語の勉強を

”いつも”行なっているのであれば、

副詞のalwaysを使って

I always study English
(私は”いつも”英語を勉強している)

と言うことができ、

 

 

もしあなたが英語の勉強を

”しばしば”行なっているのであれば、

副詞のoftenを使って

I often study English
(私は”しばしば”英語の勉強をしている)

と言うことができます。

 

 

他にも、

usually(普段は)
sometimes(時々)
always(いつも)
often(しばしば)
frequently(頻繁に)
rarely(滅多に~ない)
never(決して~ない)

などが頻度を表わす副詞で、

これらは全て文で示している行為が

「どのくらいの頻度」で行っているかを表わしています。

 

例:

I usually study English
(私は普段英語の勉強をしている)

I sometimes study English
(私は時々英語の勉強をしている)

I always study English
(私はいつも英語の勉強をしている)

I often study English
(私はしばしば英語の勉強をしている)

I frequently study English
(私は頻繁に英語の勉強をしている)

I rarely study English
(私は滅多に英語の勉強をしない)

I never study English
(私は決して英語の勉強をしない)

 

 

また、上の頻度を表す副詞をよく見てみると

「時々、しばしば、頻繁に」など

明確な期間が決まっていません

 

 

こういった明確な期間が決まっていない

副詞を使う場合は、

副詞を動詞の前に置かなければなりません。

 

 

しかし、もしあなたが下のような

annually(毎年)
yearly(年1回)
monthly(毎月)
weekly(毎週)
daily(毎日)
hourly(1時間ごと)

「明確な期間が決まっている副詞」を使う場合は

副詞のルールを破って、その副詞は文末に置かなければなりません

 

例:

I eat a breakfast daily
(毎日朝ごはんを食べる)

I hang out with my friends monthly
(毎月友達と遊ぶ)

I take a trip yearly
(年に一回旅行に行く)

 

 

※ただしsometimesは例外として、

文頭・文中・文末のどこでも置くことができる

I study English sometimes

I sometimes study English

Sometimes I study English

(私は時々英語の勉強をする)

 

 

まとめると、

明確な期間が決まっていない
→studyの前(I often study English)

明確な期間が決まっている
→文末(I take a trip yearly)

sometimes
→文頭・文中・文末のどこでも

確信の度合いを表わす副詞


確信の度合いを表わす副詞とは、

修飾する言葉が「どれほど確信を持って

言っているかを表す副詞です。

 

 

例えば、あなたが

”絶対に”試験に受かっていると思うなら

副詞のabsolutelyを使って

I absolutely pass the exam
(私は”絶対に”その試験に受かる)

と言うことができ、

 

もしあなたが”多分”試験に受かっていると思うなら

副詞のprobablyを使って

I probably pass the exam
(私は”多分”その試験に受かる)

と言うことができます。

 

 

他には、

definitely(絶対に)
absolutely(絶対に)
certainly(確かに)
surely(きっと)
probably(たぶん)
maybe(たぶん)
perhaps(おそらく)
possibly(もしかすると)

などが確信の度合いを表わす副詞で、

これらは全て修飾する言葉が「どれほど確信を持って」

言っているかを表わしています。

 

例:

I definitely pass the exam
(私は絶対にその試験に受かる)

I absolutely pass the exam
(私は絶対にその試験に受かる)

I certainly pass the exam
(私は確かにその試験に受かる)

I surely pass the exam
(私はきっとその試験に受かる)

I probably pass the exam
(私はたぶんその試験に受かる)

I maybe pass the exam
(私はたぶんその試験に受かる)

I perhaps pass the exam
(私はおそらくその試験に受かる)

I possibly pass the exam
(私はもしかするとその試験に受かる)

感情を表わす副詞


感情を表わす副詞とは、

文で示している行為を「どういった感情

で行なっているかを表す副詞です。

 

 

例えば、あなたが

新しい仕事を見つけて”幸せな”ときは

副詞のhappilyを使って

I happily got a new job
(私は”幸せなことに”新しい仕事を見つけた)

と言うことができ、

 

もし”運”があって新しい仕事を見つけたなら

副詞のluckilyを使って

I luckily got a new job
(私は”幸運なことに”新しい仕事を見つけた)

と言うことができます。

 

 

他にも、

happily(幸せなことに)
luckily(幸運なことに)
curiously(奇妙なことに)
regretfully(残念なことに)
obviously(あきらかに)
stupidly(ばかげたことに)
fortunately(幸運なことに)

などが感情を表わす副詞で、

これらは全て文で示している行為が

「どういった感情」なのかを表わしています。

 

※例文省略

態度を表す副詞


態度を表す副詞とは、

文で示している行為が「どういった態度

で行なっているかを表す副詞です。

 

 

例えば、あなたのことが

”率直に”嫌いですと言いたいときは、

副詞のfranklyを使って

I frankly hate you
(私は”率直に”あなたが嫌い)

と言うことができ、

 

もしあなたのことが

”個人的に”嫌いですと言いたいときは

副詞のpersonallyを使って

I personally hate you
(私は”個人的に”あなたが嫌い)

と言うことができます。

 

 

他にも、

frankly(率直に)
truly(実をいえば)
seriously(まじめに)
personally(個人的には)
to tell the truth(本当のことを言えば)
to be honest(正直に言えば)

などが態度を表す副詞で、

これらは全て文で示している行為を

「どういった態度」で行なっているかを表わしています。

 

例:

I frankly hate you
(私は率直にあなたが嫌い)

I truly hate you
(私は実を言えばあなたが嫌い)

I seriously hate you
(私はまじめにあなたが嫌い)

I personally hate you
(私は個人的にあなたが嫌い)

I hate you to tell the truth
(私は本当のことを言えばあなたが嫌い)

I hate you to be honest
(私は正直に言えばあなたが嫌い)

そして、上の例を見てわかる通り

hateの前の副詞を変えることによって、

「どういった態度」であなたのことが嫌いなのかを

表すことができます。

 

 

限定の副詞は基本として

修飾するものの前に副詞を置きますが

例外として文の最後に配置することが

基本なパターンもあります

 

 

例えば、上の態度を表す副詞の例に出した

to tell the truth(本当のことを言えば)
to be honest(正直に言えば)

 

他にも、

once a month(1ヶ月に1度)
once a year(1年に1度)
once a week(1週間に1度)
twice a month(1ヶ月に2度)
three times a week(1週間に3度)

など、副詞が「2語以上」続く場合は

その副詞を文の最後に置かなければなりません

(文の途中に長い副詞があると読みづらいため)

 

 

しかし、副詞を強調させたい時は

副詞を文頭に持ってきて

To be honest, I hate you
(”正直に言えば”、私はあなたが嫌いです)

と言うことも可能です。

 

 

だいたい副詞が前にある時は

副詞を強調させたいときです。

 

 

このように副詞は単語1つだけでなく

2つ以上でも表すことが可能なので、

単語1つのとき
→修飾する単語の前に置く

単語2つ以上のとき
→文末に置く

この2つはしっかり覚えましょう。

説明の副詞(後ろに置く)


先ほど覚えなくてもいいと言った説明の副詞とは、

副詞を修飾したいものの「後に置く」パターンです。

 

 

この説明の副詞は

細かく分けると3つあります。

 

・時を表わす副詞

・場所を表わす副詞

・様態を表わす副詞

時を表わす副詞


時を表わす副詞とは

文で示している行為が「いつ行われたか

を表す副詞です。

 

 

例えば、

”明日”サッカーをする予定ですと言いたいときは

副詞のtomorrowを使って

I will play soccer tomorrow
(”明日”サッカーをする予定)

と言うことができ、

 

あなたが”昨日”サッカーをしたのであれば

副詞のyesterdayを使って、

I played soccer yesterday
(”昨日”サッカーをした)

と言うことができます。

 

 

他にも、

now(今)
today(今日)
tonight(今夜)
in the morning(朝に)

などが時を表わす副詞で、

これらは全て文で示している行為が

「いつ行われたか」を表わしています。

 

例:

I played soccer yesterday
(昨日サッカーをした)

I will play soccer tomorrow
(明日サッカーをする予定)

I will play soccer tonight
(今夜サッカーをする予定)

I am playing soccer now
(今サッカーをしている)

I will play soccer today
(今日サッカーをする予定)

I played soccer in the morning
(朝にサッカーをした)

 

 

これらは一般的に文末に置かれるが、

時を強調したいときは時を

副詞を文頭に持ってくる場合もあります

Today, I will play soccer
(今日、サッカーをする予定)

Tomorrow, let’s play soccer
(明日、一緒にサッカーしよう)

場所を表わす副詞


場所を表わす副詞とは、

文で示している行為が「どこで行われたか

を表す副詞です。

 

 

例えば、

”家で”夜ご飯を食べましたと言いたいときは

副詞のat homeを使って

I had dinner at home
(私は”家で”夜ご飯を食べた)

と言うことができ、

 

レストランで夜ご飯を食べましたと言いたいときは

副詞のat the restaurantを使って、

I had dinner at the restaurant
(私は”レストランで”夜ご飯を食べた)

 

他にも、

at my house
(家で)

が場所を表わす副詞で、

これらは全て文で示している行為が

「どこで行われたか」を表わしています。

 

例:

I had dinner at my house
(私は家で夜ご飯を食べた)

様態を表わす副詞

様態を表わす副詞は

文で示している行為が「どのような調子

で行われたかを表わす副詞です。

 

 

例えば、

”静かに”ピアノを弾いたと言いたいときは

副詞のquietlyを使って

I played the piano quietly
(ピアノを”静かに”弾いた)

と言うことができ、

 

”上手”にピアノを弾いたと言いたいときは

副詞のwellを使って

I played the piano well
(ピアノを上手に弾いた)

と言うことができます。

 

 

他にも、

fast(早く)

が様態を表わす副詞で、

これらは全て文で示している行為が

「どのような調子」で行われたかを表わしています。

 

例:

I play the piano fast
(私はピアノを速”弾いた)

I play the piano well
(私はピアノを上手に弾いた)

I play the piano quietly
(私はピアノを静かに弾いた)

 

 

ここで気になった方もいると思いますが、

説明の副詞である「時・場所・様態」を表す副詞は

全て文末に置かれています。

 

 

しかし、もしこれらの副詞が一度に使われたとき

一体どの副詞を文末の最初に置けばよいのでしょうか

 

 

実は英語のルールとして、

「時・場所・様態」を表わす副詞が全て重なった時は、

様態 → 場所 → 時間」という順番に

置かなければならないと決められています。

 

 

つまり

「私は”今日””家で””上手に”ピアノを弾きました」

と言いたいときは、

副詞のtoday, at home, wellを使って

I played the piano well at home today
           ↑         ↑        ↑
                              様態    場所  時間

と書かなければならないという訳です。

副詞の形

副詞の形
副詞の形


副詞についてある程度理解できたところで、

最後に「副詞の形」について解説したいと思います。

 

 

副詞の基本の形は「形容詞+ly」です

 

 

例えば、

lucky→luckily

gentle→gently

true→truly

full→fully

など形容詞の後ろに

「ly」が付いたものが副詞です。

 

 

ただ、「lyの付け方」は単語によって違くて

下の4つの変化の仕方があります。

 

例:

lucky→luckilyは、
    ↑
このyをiに変えてlyを付けている

 

gentle→gently
   ↑
このeを取ってyを付けている

 

true→truly
  ↑
このeを取ってlyをつけている

 

full→fully

ただyをつけている

 

 

まとめると以下の通りです。

形容詞の語尾が「子音字+y(lucky)」の場合
→yをiに変えてly(lucky→luckily)

形容詞の語尾が「-leで終わる(gentle)」場合
→eを取ってy(gentle→gently)

形容詞の語尾が「-ueで終わる(true)」場合
→eを取って(true→truly)

形容詞の語尾が「-llで終わる(full)」場合
→ただyをつける(full→fully)

※beautifulなど上の規則に当てはまらないものは
  ただ語尾にlyをつける。

 

 

この法則は副詞の単語をたくさん見ていると

自然と感覚的に身につきますが、

英語に慣れてないから頃は意識して覚える方がいいですね。

まとめ

まとめ
まとめ


上記の解説をみてもわかる通り、

副詞の置く位置は自由度が非常に高いです

 

 

もし副詞を文頭・文中・文末の

どこに置こうか迷ったときのために、

最後に簡単なルールをまとめてみました。

動詞を修飾する場合


一般動詞を修飾する場合、副詞は動詞の後ろ。

→She walks slowly

 

助動詞がある場合も変わらず副詞は動詞の後ろ。

→I can walk quickly

形容詞・副詞を修飾する場合


形容詞や副詞を修飾する場合、副詞はそれらの前。

→so cute、very fast

名詞を修飾する場合


名詞を修飾する場合、

副詞は名詞の「前」と「後ろ」の

両方に置くパターンがある。

 

 

only you(君だけ)や

just friend(ただの友達)のように、

聞き手の注意を名詞に向けさせたい場合は前。

 

 

climate here (ここの気候)や

people upstairs (上の階の人たち)のように、

場所を表す副詞が就職する場合は後ろ。

 

 

以上が副詞について簡単なルールでした。

 

 

もし今回の記事で分からないことがあれば、

ツイッターのDMにお気軽にメッセージしてください

さくりゅう

コメント

タイトルとURLをコピーしました