英語の形容詞って意外と奥深い…副詞との見分け方までわかりやすく解説

英語の形容詞 英語の基礎文法
英語の形容詞

当記事は、

英語の形容詞を網羅的に理解したい
英語の形容詞と副詞の違いや見分け方について詳しく知りたい

という方のための記事です。

 

 

形容詞は副詞や前置詞などより

簡単なイメージがあるが、

意外と形容詞は奥が深かったりします。

 

 

当記事では、一般的な形容詞の用法の他に

えっこれも形容詞なの?」と思うものまで

網羅的に解説しています。

 

 

さらには、

私が留学先でネイティブに教えてもらった

形容詞と副詞の見分け方」や、

 

形容詞が連続して続く際に

どの形容詞を最初に持ってくるべきなのか

例:

白くて大きな新しいシャツ
=white big new shirt?
 new white big shirt?
 big new white shirt?

 

そのルールまで詳しく書いていますので

ぜひ最後までご覧ください。

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

形容詞とは

形容詞とは
形容詞とは


形容詞とは名詞のみを修飾する言葉です

 

 

例えば、

「beautiful people」の”beautiful”は形容詞で、

名詞である”people”を詳しく説明しています。

 

 

他にも、

「You are beautiful」の”beautiful”も形容詞で、

名詞である”you”を詳しく説明しています。

 

形容詞は名詞のみ修飾する言葉なので、

「速く走る」「素早く歩く」のように

動詞である「走る」や「歩く」を説明している

「速く」や「素早く」は形容詞ではありません。

 

「速く」や「素早く」は副詞です。

 

 

ちなみに形容詞は名詞のみを修飾するのに対し、

副詞は名詞以外の品詞全てを修飾することができます

 

 

まとめると、

形容詞→名詞を修飾

副詞→名詞以外を修飾

この2つはしっかり覚えておきましょう!

英語の形容詞の種類

形容詞の種類
英語の形容詞の種類


英語の形容詞には

限定用法と叙述用法」という

2種類の用法があります。

 

 

一見難しそうに聞こえますが、

みんな一度は見たことある用法だと思うので

すぐに違いがわかるでしょう。

限定用法


限定用法とは

名詞のすぐ前に形容詞を持ってくる用法です

beautiful sea
(美しい海)

hot water
(熱い水)

 

beautiful seaは

beautifulをseaの前につけて

海を詳しく説明しています。

 

hot waterは

hotをwaterの前につけて

水を詳しく説明しています。

 

 

このように限定用法は、

名詞のすぐ前に形容詞を持ってきて

名詞を詳しく説明する用法です。

 

 

形容詞を名詞の後ろに持ってきて

sea beautiful ×

water hot ×

とはできないので注意しましょう。

叙述用法


叙述用法とは

文全体の意味をなす名詞を

形容詞1つで説明する用法のことです

 

と言っても難しいので、

例をあげると

You are cool
(あなたはかっこいい)

It is interesting
(それは面白い)

などが叙述用法です。

 

 

先ほどは名詞の前に形容詞を持ってきて

名詞を詳しく説明しましたが、

叙述用法は形容詞を後に持ってきて

名詞(文全体)を詳しく説明しています。

 

 

いわゆる

名詞+be動詞+形容詞」の

形を取るのが叙述用法です。

 

 

他に例文をあげると

To study English is important
(英語を勉強することは大切です)

も叙述用法で、

形容詞の「important」が

名詞(文全体)である

「To study English」を説明しています。

 

 

文の形も

To study English is important
      ↑            ↑       ↑
            名詞      be動詞 形容詞

となっているのがわかります。

実はこれも形容詞??

数や色
数や色


実は「数字や色」も

形容詞になり得ます。

 

 

文を見たらとてもわかりやすいので

一度例文を見てみましょう。

There are two pens
(ペンが2つあります)

 

数字のtwoは名詞のpensの前にあり、

pensの説明をしているのがわかります。

 

 

つまり、これは限定用法と一緒なので

形容詞になりますよね。

 

 

また、

I have a white shirt
(私は白いシャツを持っています)

色のwhiteが名詞のshirtの前にあり、

shirtの説明をしているのがわかります。

 

 

つまり、これも限定用法と一緒なので

形容詞ということです。

 

 

よって数字や色も

形容詞になることができるので、

覚えておきましょう。

形容詞と副詞の違いや見分け方

形容詞と副詞の違い
形容詞と副詞の違い


英語の形容詞と副詞は非常に似ていて、

間違えてしまうことが多々あります。

 

 

簡単に2つの違いを説明すると、

形容詞→名詞を修飾するもの

副詞→名詞以外を修飾するもの

です。

 

 

副詞についてわからない方はこちら↓

 

 

 

しかし、形容詞が名詞を修飾するもので

副詞がそれ以外を修飾するものと分かっていても

形容詞と副詞の違いがわからなくなることがあります。

 

 

それは「形容詞にも副詞にもなれる単語」が

存在することが原因だと私は思います。

 

 

例えば、「best」や「fast」がその例です。

 

 

❶bestは

He is the best soccer player in the world
(彼は世界で一番のサッカープレイヤーです)

と使うときは、

soccer playerという名詞の前に置かれているので

限定用法の形容詞ですが、

 

I like this best
(私はこれが一番好きです)

と使うときは、

動詞であるlikeを説明しているので副詞となります。

 

 

❷fastは

I am so fast
(私はとても速いです)

と使うときは、

「主語+be動詞+形容詞」の形を取っているので

形容詞の叙述用法ですが、

 

I run fast
(私は速く走る)

と使うときは、

動詞であるrunを説明しているので

副詞となります。

 

 

このように英語には

「形容詞にも副詞にもなれる単語」があり、

英語学習者を困らせています。

 

 

そこで今回は、

形容詞と副詞をしっかり見分けるために

形容詞と副詞の見分け方

まで解説していきたいと思います。

 

・名詞を修飾しているかどうか
・その単語を外しても意味が通じるか
・語尾のパターン

名詞を修飾しているかどうか


冒頭から話している通り、

形容詞は名詞を修飾する言葉です。

 

 

限定用法か叙述用法を見つけたら

それは間違いなく形容詞なので

それだけで判断できます。

限定用法→beautiful sea

叙述用法→You are cool

その単語を外しても意味が通じるか


形容詞と副詞の見分けた方として

非常にシンプルかつわかりやすいのが、

この「単語を外しても意味が通じる」かどうかです。

 

 

単語を外して

副詞
→意味が通じる

形容詞
→意味が通じない

となります。

 

 

例えば、

You are so beautiful(あなたはとても美しい)

 

上の文の「so」は副詞で

「beautiful」は形容詞です。

 

 

soを外してみると

You are beautiful
(あなたは美しい)

となり意味が通じます。

 

しかしbeautifulを外してみると

You are so
(あなたはとても…)

となり意味が通じません。

 

 

つまり外すと意味が通じる”so”が副詞、

意味が通じない”beautiful”が形容詞となる訳です。

語尾のパターン


形容詞と副詞では語尾の形が全然違う
ので

そこでも2つの見分け方がわかります。

 

 形容詞の形     例     副詞の形      例  
-ful beautiful -ly luckily
-y happy    
-ing interesting    
-ive active    
-ed interested    

形容詞が続く場合の順番

形容詞が続く場合の順番
形容詞が続く場合の順番


形容詞は名詞に

何個でも付けることができます

 

 

例えば、「白くて大きな新しいシャツ」は

白い、大きい、新しいという形容詞が

名詞のシャツを説明しています。

 

 

ではこのとき、

あなたは「白い、大きい、新しい」を

どの順番で文に置けばいいかわかりますか?

white big new shirt?
new white big shirt?
big new white shirt?

 

 

実はこういったときのため、

英語の形容詞には置く順番にしっかりルールがある

ので覚えておきましょう。

❶主観
❷大きさ
❸新しさ
❹形
❺色
❻出身
❼素材
❽目的

1、主観


主観とは、

人によって変わる意見のことです。

 

 

例えば、「かわいい・かっこいい」

「簡単・難しい」などは人によってそれぞれです。

 

 

こういった人によって変わる意見は

一番最初に持ってこなければなりません

 

例:

cute(可愛い)

cool(かっこいい)

easy(簡単な)

difficult(難しい)

2、大きさ


2番目に持ってくるのは大きさです。

 

 

大きさは言うまでもなく、

「大きい・小さい」「長い・短い」

などのことを言います。

 

例:

big(大きい)

small(小さい)

long(長い)

short(短い)

3、新しさ


3番目に持ってくるのは新しさです。

 

 

これは物の「新しい・古い」の他に

人の「若い・老いた」なども含まれます。

 

例:

new(新しい)

old(古い)

young(若い)

aged(老いた)

4、形


4番目に持ってくるのは形です。

 

 

形とは「丸い・四角い・長方形・平たい」

などのことを言います。

 

例:

round(丸い)

square(四角い)

rectangular(長方形)

flat(平たい)

5、色


5番目に持ってくるのは色です。

 

 

色とは「白い、黒い、赤い、青い、緑い」

などのことを言います。

 

例:

white(白い)

black(黒い)

red(赤い)

blue(青い)

green(緑い)

6、出身


6番目に持ってくるのは出身です。

 

出身とは「国籍や人種」の他に

「所属」などのことも言います。

 

例:

Asian(アジアの)

Japanese(日本の)

Christian(キリスト教の)

Buddhist(仏教の)

7、素材


7番目に持ってくるのは素材です。

 

 

素材とは「木製の・鉄製の・紙製の・革製の」

などのことを言います。

 

例:

wooden(木製の)

metallic(鉄製の)

paper(紙製の)

leather(革製の)

8、目的


そして最後が目的です。

 

 

目的と言っても少しわかりづらいですが、

目的とはそのものをなぜ使うのか

その「用途」のことを言います。

 

 

例えば、

shopping bag(買い物バック)

上のshoppingはbagが何のための使われているのか、

その用途を説明しています。

「なんのためのバック?→”買い物するため”のバック」

 

 

他にも、

wedding dress(ウェディングドレス)

などがその例です。

「何のためのドレス?→”結婚式のため”のドレス」

 

 

このように、目的(用途)を表す形容詞は

形容詞が重なったとき最後に置きましょう。

 

 

つまり最初の例文、

「白い、大きい、新しい」をどの順番で文に置けばいいのか?

の答えは、

「2、大きさ 3、新しさ 5、色」の順番から

「big new white shirt」が正解となります。

まとめ

まとめ
まとめ


まとめると英語の形容詞には、

限定用法(beautiful sea)

叙述用法(You are beautiful)

があり、

名詞のすぐ前に形容詞を持ってくるのが前者で

文全体の意味をなす名詞を

形容詞1つで説明するのが後者となります。

 

 

形容詞と副詞の違いを簡単に説明すると

形容詞
→名詞を修飾するもの

副詞
→名詞以外を修飾するもの

となり、

この2つの見分け方は下の3つで判断できます。

 

・名詞を修飾しているかどうか
・その単語を外しても意味が通じるか
・語尾のパターン

 

 

形容詞が重なった際は

1、主観
2、大きさ
3、新しさ
4、形
5、色
6、出身
7、素材
8、目的

の順で書きましょう。

 

 

以上が英語の形容詞についての説明でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました