英語の比較級についてこの一記事だけで理解できるよう網羅的にまとめました

比較級 英語の基礎
比較級

当記事は、

「英語の比較級について網羅的に知りたい」

形容詞にerをつける時と、more+形容詞にするときの違いを知りたい

と悩んでいる人のための記事です。

 

 

英語の比較級は変形の仕方に種類が多く、

「これって比較級だったっけ?」や

「funnyってfunnier?それともmore funny?どっちだったけ?」

となることがよくあります。

 

 

当記事ではそういった悩みを解決するために、

・形容詞にerをつける時とmore+形容詞にするときの違い
・形容詞にerの付け方
・その他の比較級の変化の種類3つ


この3つををわかりやすく解説しています。

 

 

さらに最後には、

比較級の文を作る上で非常に大事な考え方まで

細かく解説していますので是非最後までご覧ください。

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリア

に1年間留学し、

オーストラリアでは仕事をしていました。

 

日常生活だけでなく

ビジネス英語もある程度は理解でき、

TOEICは930点持っています。

今は日本に住んでいて、

英語を使ったビジネスをしながら

学生生活を頑張っています。

 

上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

比較級とは

比較級とは

「私はあなたより背が大きい」や

「このペンはあのペンより新しい」

など、2つ以上のものを比べるときに使う表現です。

 

 

例えば、「私は背が高いです」

→I am tall

という文を

「私は”あなたより”背が高いです」としてみると、

→I am taller than you

(私 です 高い より あなた)

となります。

 

 

I am tall

I am taller than you

に変化するときはtallが比較級の形tallerになり、

さらに比較のthan「〜より」が

文に加わっているのがわかります。

 

比較級ではthan「〜より」が

ほとんどの文に入るので絶対に覚えましょう。

 

thanは比較する相手の前に必ず起きます

→than you(あなたより)

 

 

比較級の形がわかったところで、

もう1つの例「このペンはあのペンより新しい」も

英語にしてみましょう。

→This pen is newer than that pen

 

 

としたいとこですが、”pen”という単語が

文中に2回も出ています。

 

英語は同じ言葉を文中に何回も使うことを嫌いますので

文末のpenを代替のoneに変え、

→This pen is newer than that one

としなければなりません。

 

また、比較級を強調させたい場合は

This pen is much newer than that one
(このペンはあのペンよりかなり新しい)

のように”much”を比較級の前に加えれば

比較級を強調させることができますので

併せて覚えましょう!

「形容詞er」と「more+形容詞」の違い

形容詞とmore+形容詞の違い
形容詞とmore+形容詞の違い

形容詞には比較級の形が

「形容詞er」と「more+形容詞」の2つあります。

 

 

先ほど出した2つの例はどれも

「形容詞er」を使った比較級の例で、

形容詞erを使った比較級の例の基本の形は

主語+be動詞+形容詞er+than〜

となります。

She is older than her boyfriend
(彼女は彼氏より年上です)

 

 

そして形容詞の形は他にも

「more+形容詞」というものがあります。

English is more difficult than Math for me
(私にとって、英語は数学より難しい)

In Japan, Soccer is more popular than tennis.
(日本で、サッカーはテニスより人気があります)

 

 

では、形容詞を比較級の形にするとき

「形容詞er」となるときと「more+形容詞」と

なるときの違いはなんでしょうか。

 

 

それは”音節の長さ”です。

・音節が短いとき=形容詞er
・音節が長いとき=more+形容詞


となります。

 

 

例えば、tallやnewなどは

発音するとき「トー(ル)」「ニュー」と言い、

音節が1つと短いので”形容詞er”となります。

 

 

逆に、difficultやpopularは

発音するとき「ディッ/フィ/カル」「ポ/ピュ/ラー」と言い、

音節が3つと長いので”more+形容詞”となるわけです。

 

 

基本的に音節が1または2のとき「形容詞er」

音節が3以上のとき「more+形容詞」となります。

形容詞erの例

tall→taller
new→newer

big→bigger
hot→hotter

easy→easier
funny→funnier

large→larger
simple→simpler

上が形容詞erになる例です。

 

 

2つずつ区切ってみたのは、

実はこれらの4種類は形容詞のerの付け方が違うからです。

・tall→taller(ただerをつける)
・big→bigger(語尾の文字を加えてerをつける)
・easy→easier(yをとってierをつける)
・large→larger(eが元々ついているので、ただrをつける)


これらの違いを詳しく解説したいと思います。

ただerをつける

tall→tallerのように「1音節からなるもの」は

ほとんどがただerをつけるものです。

 

例:

young→younger

high→higher

hard→harder

語尾の文字を加えてerをつける

しかし、1音節からなるもの中で

特に短い発音で終わるものは、

語尾の文字を最後に加えてerをつけなければなりません。

 

 

※短い発音とはbig(ビッ)などの最後が「g、k、d」で終わり

あまり発音しないものことを言います。

 

例:

big→bigger

sad→sadder

yをとってierをつける

2音節からなり最後が「子音+y」で終わるもの

yをとってierをつけます。

 

例:

easy
ea/sy→easier

dirty
dir/ty→dirtier

happy
ha/ppy→happier

eが元々ついているので、ただrをつける

largeなどの語尾にすでにeがついているものは

ただその後ろにrをつけるだけです。

 

例:

large→larger

simple→simpler

more+形容詞の例

more beautiful
more difficult
more popular
more efficient

などがmore+形容詞の例です。

 

 

ちなみにbeautifulがもしbeautifuler

difficultがdifficulterとなっていたら

読みづらいですよね。

 

 

このように音節が長くて

読みづらくなるものにはerをつけず

moreをつけて比較の意味を表します。

 

 

しかしこれには例外もあり、

2音節でできているのにmoreを使うものもあります

 

 

そういったものは数がそれほどないので

覚えてしまいしょう。

例:

lazy→more lazy

handsome→ more handsome

slowly→ more slowly

famous→ more famous

cunning → more cunning

他の種類

ここから先、覚えるのが大変な人は

一旦スルーしても大丈夫です。

 

 

全部見てから、また暇なとき見てみてください。

 

 

上記では、「形容詞er」と「more+形容詞」

について説明しましたが、

実は形容詞の変化の種類はこれだけじゃありません

 

 

形容詞には他にも、

「形容詞er」と「more+形容詞」の両方使えるもの
(sure→surer・more sure)

 

比較級の形に法則性がなく、形が全く違うものになるもの
(good→better)

 

単語の意味次第で形が変わるもの
(far→farther・further)

などの様々な変化をする種類があります。

「形容詞er」と「more+形容詞」の両方使えるもの

「形容詞er」と「more+形容詞」の両方使えるものが下の例です。

sure→surermore sure
likely→likeliermore likely
polite→politermore polite
quiet →quietermore quiet
subtle→subtlermore subtle
clever→cleverermore clever
simple→simplermore simple
stupid→stupidermore stupid
pleasant→pleasantermore pleasant
common→commonermore common

法則性がなく、形が変わるもの

比較級の形にすると完全に形が変わるものです。

good→better
well→better
bad→worse
much→more
many→more
little→less

単語の意味次第で形が変わるもの

単語の意味次第で形が変わるものとは

例えば、”far”という単語です。

 

 

“far”という単語には「遠い」という意味があり、

・「距離的」に遠い
・「時間的」に遠い
・「長さ的」に遠い
・「程度的」に遠い

などの様々な言い方があります。

 

 

もし距離的に遠いと言いたいのであれば

比較級の形はfarから「farther」に変わり、

時間や長さ程度的に遠いと言いたいのであれば

比較級の形はfarから「further」に変わります。

ここから私の家は学校より遠い(距離的)
My house is farther than my school from here.


もっと先まで話し合いをする必要がある(程度的)
We need to discuss this further


他の例:

  原形    比較級  意味
latelater 時間的に遅い 
latter順番的に遅い
oldolder人や物が古い
elder人が老いている

比較級の基本

意外とわからない比較級の基本
意外とわからない比較級の基本

比較級の英文を作る際の基本として、

比較の対象は対等なもの

にしなければなりません。

 

 

例えば、「あなたはペンより美しい」

と言われてもチンプンカンプンですよね。

 

 

あなたとペンでは

美しさを比較できないからです。

 

 

ここでは「あなたと私」などの人と人か、

せめて「あなたと人形」などの

比較できるものにしなければなりません。

 

 

「いや、こんなの当たり前でしょ」

と思っている方もいるかと思いますが、

実は意外と難しいです。

 

 

例えば、この例はどうでしょう。

 

 

「日本の気温はアメリカより暑い」

これを英語にすると

→The temperature of Japan is hotter than America

となります。

 

 

一見、当たっているように見えますが

上の文は間違っています

 

 

なぜなら比較の対象が

The temperature of Japan=America

「日本の気温=アメリカ」

となっているからです。

 

 

日本の気温とアメリカは

「気温=国」となっていて比較できません。

 

 

実際は「日本の気温=アメリカの気温

The temperature of Japan=The temperature of America

としなければならないです。

 

 

これを英語にすると

The temperature of Japan is hotter than the temperature of America

となるわけですが、

英語は同じ言葉を文中に何回も使うことを嫌うので、

最初に出てきたThe temperatureを2回目ではthatにして

the temperature of America=that of America

にしましょう。

 

 

なので正解の英文は

The temperature of Japan is hotter than that of America

となります。

 

 

はーややこしいですね。

 

 

「日本の気温はアメリカより暑い」でも

普通に意味は通じるとは思いますが、

文法的に間違っていますので

上のように解く感覚を持っておくことが大切です。

 

 

一旦まとめると、

「日本の気温=アメリカ」はダメ

「日本の気温=アメリカの気温」にする

でも気温気温うるさくならないように

「日本の気温=アメリカのそれ」と

英語では書くということです。

 

 

英語で書いてみると、

「The temperature of Japan=America」×

「The temperature of Japan =The temperature of America」◯

でも気温気温うるさくならないように

「The temperature of Japan=that of America」

と書くということです。

まとめ

英語の比較級は少し覚えることが多いですので、

一回見ただけでは理解するのが難しいと思います。

 

 

また繰り返し繰り返し見ることで

記憶の定着率が上がりますので、

一回見ただけで終わらず何回も復習しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました