英語苦手を克服するための5つの手順を解説…実際の経験に基づいて

英語の基礎

英語は、

・覚えないとけない単語や文法が多い
・発音が難しい
・リスニングができない
・そもそもローマ字を見てるだけで鳥肌が立つ


などの様々な理由で苦手になる人がいます。

 

その気持ちは非常にわかり、

私も中学の時は英語ができなさすぎて

とても苦手意識がありました。

と言うより嫌いでした。

 

しかしある塾のある先生の教え方のおかげで、

英語を勉強するにあたっての考え方が大きく変わり

こんな勉強法もあるんだと驚きました。

 

それから英語をとても好きになり

学校の席次が250/440番から3/440番、

そして今ではTOEIC930点を取れるまでになっています

 

今回は、その先生が教えてくれた

「英語苦手を克服するための5つの手順」

これを詳しく解説していきます。

 

まず結論から言うと、

英語苦手を克服するための5つの手順は以下の通りです。

・勉強から始めない
・海外に興味を持つ
・体で覚えよう
・中学の基礎単語と文法を身につける
・英語学習用のYoutubeやTwitterを見る

英語苦手を克服する5つの手順

勉強から始めない

英語苦手を克服するためには、

英語を勉強することから始めてはいけません。

 

もし英語を勉強して出来なかったりすると、

その時点で苦手意識を持ってしまうからです

 

では何から始めればいいのでしょうか。

 

それは「海外に興味を持つこと」です。

海外に興味を持つ

最初から英語に対して苦手意識を持たないためには

まず「海外に興味を持つ」ことが大事です。

 

海外に興味を持つと言っても抽象的なので、

具体的にどういうことかと言うと

・海外の好きなアーティストを見つける
・インスタなどで海外の好きな芸能人を見つける
・国際交流できるボランティアに参加する

です。

 

なぜなら、海外の好きなアーティストを見つけると

音楽を洋楽で聞くようになり

自然とリスニング力が上がります。

 

好きなアーティストが歌っている曲なので

英語を耳にすることへの抵抗がなくなるでしょう。

 

インスタなどで海外の好きな芸能人を見つけると

英語で書かれた文章を楽しく読むことができ

リーディング力を向上させることができます。

 

好きな芸能人が書く英語なので、

英語を読むことに抵抗がなくなるでしょう。

 

国際交流できるボランティアに参加すると

英語が教科ではなく言語であることを実感でき

もっと意思疎通できるようになりたいと思うようになります。

 

また英語で話す環境に身を置いているので、

外国人と話す抵抗感がなくなりスピーキング力も向上するでしょう。

 

このように、海外に興味を持つことによって

英語に苦手意識を持たずとも

英語が自然に身につくという訳です。

 

もちろんこれらをやっても

英語が苦手という人はいると思います

 

しかし、やるのとやらないのとでは

英語苦手意識に大きな差が出るに違いありません。

 

さらに、英語を勉強する前に

主体的に学べる環境を作ることも大事になってきますので

是非試してみてください。

体で英語を覚える

英語を勉強するにあたって

最優先でするべきことは「スピーキング」です。

 

「えっスピーキング??単語や文法を先に覚えないの?」

と思う方もいらっしゃるかと思いますが、

スピーキングを最優先にしなければなりません。

 

なぜなら

  • スピーキングは学校で学ばない
  • スピーキング(発音)ができることで単語の理解度が大きく変わる
  • スピーキングは勉強と違って座って学ぶ必要がないので継続しやすい
  • 周りの生徒よりスピーキングが得意になり、英語に苦手意識を持たなくなる

などのメリットが大きいからです。

 

これは留学中の頃から強く感じていて、

欧米の留学生は文法ができないけど

スピーキングがとても得意で成長が早かったです。

 

私も英語はスピーキングから学んだおかげで

周りより英語を話せると自信がつき勉強がかなり捗りました

 

もうネイティブへの道まっしぐらというイメージでした。

 

しかし注意点として、

英語をみんなの前で多発していると

あいつかっこつけてん?ルー大柴じゃね?

みたいな雰囲気になるので気をつけましょう。

 

これは英語が苦手な方だけでなく、

英語が得意な方、好きな方、初めて勉強する方でも

おすすめですので是非やってみてください。

中学の基礎単語と文法を身につける

そしてスピーキングをある程度勉強した後は

中学の基礎単語と文法を身につけましょう。

 

ここまでの段階を踏むと、

始めより確実に英語が身に入りやすいです。

 

また海外で使われている英語の

約9割が中学校で習う英語だと言われていますので、

ここは最重要パートとなります。

 

今までは英語の苦手意識をなくすことを強く意識していましたが、

ここからは英語苦手を「克服」することを意識しましょう。

 

まず英語の基礎たちを覚えるために、

英語の基礎をわかりやすく解説している記事がありますので

こちらも時間があるときに見てみてください。

英語の動詞

英語の形容詞

英語の副詞

英語の疑問文の作り方

英語の現在進行形

英語の比較級

英語学習用のYoutubeやTwitterを見る

中学の基礎単語と文法を覚えた後は、

学校では習わないネイティブの表現

覚える必要があります。

 

そのために一番効率よく楽に覚えきれるのが

英語学習用のYoutubeやTwitterを見ることです。

 

今YoutubeやTwitterでは多くの

英語学習を配信している人がいて、

その情報を見ているだけでもかなりの知識になります。

 

中には実際に海外留学に行った人や

英検1級、TOEIC満点を取っている人もいます

 

ちゃんと人は選んで見ましょう。

 

人の選び方は、

  • 信用できるか
  • 性格が合うか
  • 自分のレベルにあった発信をしているか

この3つを基準に決めると良いです。

 

例えば、まだ英語初心者なのに

ネイティブが使う英語を発信している人を

見るのは良くないです。

 

英語初心者であれば、英語の文法を解説している人や

英語の勉強の仕方を解説している人を見ましょう

まとめ

cc英語苦手を克服するためには、

英語を「教科」としてではなく「言語」として

捉える必要があります。

 

そして最初は誰も英語ができないというのを

理解する必要があります。

 

みんなが英語ができると思っている人たちは

みんなよりずっと前から英語を勉強しているか、

みんなより勉強時間が長いだけです。

 

やれば誰でもできるようになります

 

なので英語ができないから苦手と捉えるのではなく、

勉強時間が足りてなかっただけと考えるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました