コンマ(,)を使えば一瞬でわかる、英語で”長い数字”の読み方

英語の基礎

1,000,000,000


この数字をすぐに英語で言えますか?

 

 

英語の数字はTOEICや英検を受ける方はもちろん、

学校、ビジネス、留学中など

非常に多くの場面で出くわします。

 

 

しかし英語の数字の読み方を知らない人が

意外と多いのが事実です

 

 

「1,2,3,…,100ぐらいまでは言えるけど、千…万…億…までいくとちょっと…」

って人もいるでしょう。

 

 

当記事では、英語の数字の読み方を知らない人のために

基本的な英語で数字の読み方のほかに、

コンマ(,)を使えば一瞬でわかる英語で”長い数字”の読み方」を

解説していきますのでぜひご覧ください。

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリア

に1年間留学し、

オーストラリアでは仕事をしていました。

 

 

日常生活だけでなく

ビジネス英語もある程度は理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

英語で長い数字の読み方

まず基本となる「1〜100」までの英語で数字の読み方です。

 

1 one 11 eleven 21 twenty one
2 two 12 twelve 22 twenty two
3 three 13 thirteen 23 twenty three 40 forty
4 four 14 fourteen 50 fifty
5 five 15 fifteen 60 sixty
6 six 16 sixteen 30 thirty 70 seventy
7 seven 17 seventeen 31 thirty one 80 eighty
8 eight 18 eighteen 32 thirty two 90 ninety
9 nine 19 nineteen 33 thirty three 100 one hundred
10 ten 20 twenty   :    

 

ここまでは普通に言えるかと思います。

 

 

さらに「101〜999」までは上の組み合わせでできます。

例:320 → three hundred twenty
       3   百         20
  521 → five hundred twenty one
                    5         百         21

 

 

では「千」「万」「億」などはどう言うでしょうか

 

 

千(1,000)は英語で「one thousand」

万(10,000)は英語で「one …?」

億(100,000,000)は英語で「one …?」

 

 

あれ言えない…

 

 

そうなんです。

 

実は日本語と英語では数字の読み方が違うので、

英語に万や億という単語はないんです

 

 

その代わり英語には

thousand「千」

million「100万」

billion「10億」

trillion「兆」

という単位の数字があります。

(のちのち重要になります)

 

 

規則がなくて一見ややこしく見えますよね。

 

 

しかし、実は日本語より英語の方が

数字の読み方は覚えやすいです

 

 

その理由をこれから説明します。

 

 

一度下の数字を見てみましょう。

1,000,000,000

 

日本語ですぐ出てきますか?

 

私なら「一、十、百、千、万 … 一億、十億」

十億だ!って数えないとわかりません。

 

 

しかし英語ならある法則に従えばすぐに、

「これは”billion”だから十億だ!」ってわかります。

 

 

このように英語は、

ある法則に従って上の長い数字を読んでいるので

見ただけで数字がすぐにわかります

 

 

これからその法則について解説したいと思います。

コンマ(,)を使えば一瞬でわかる英語で数字の読み方

タイトルにもあるように、長い数字でも

コンマ(,)を使えばすぐ英語で数字を読めるようになります

 

 

では下の数字を見てみましょう。

1,000

数字は基本3桁で区切られ、下にコンマが付いています。

 

 

実はこれに大きな意味があり、

英語ではこのコンマを読みます

 

 

1つ目のコンマは「thousand(千)」
2つ目のコンマは「million(100万)」
3つ目のコンマは「billion(10億)」
4つ目のコンマは「trillion(兆)」

です。

 

 

つまり、

1,000

このコンマは1つ目なので「thousand」と読み、

1の後にカンマが来ているので「one thousand」となります。

 

 

次は、

10,000

10の後にコンマが来ているので「ten thousand」

 

 

100,000

100の後にコンマが来ているので「one hundred thousand」

となっていきます。

 

 

1,000,000

そしてこの数字は、

コンマが2つになったので「million」と読み

1の後に2つ目のコンマが来ているので「one million」となります。

 

 

簡単ですよね。

 

 

さらに、もしあなたが「million=100万」とわかっていたら、

コンマの数を見るだけで「1,000,000=100万」だと

すぐわかってしまいます。

 

 

英語の知識があれば会計などの仕事にも生かせますね。

 

 

ではもっと大きな数字も見てみましょう。

1,000,000,000

これはコンマが3つあるので「billion」と読み、

1の後に3つ目のコンマが来ているので「one billion」です。

 

 

もっと大きくすると、

1,000,000,000,000

これはコンマが4つあるので「trillion」と読み、

1のあとに4つ目のコンマが来ているので「one trillion」です。

 

 

こんな大きな数字でも英語なら瞬時にわかります。

 

 

しかし、

thousand(千)→million(100万)→billion(10億)→trillion(兆)

この英語がわかってないと、

コンマがなにを表しているのかわからなくなりますので

上の英語は最初に覚えましょう。

まとめ

なぜ英語は

「thousand(千)→million(100万)→billion(10億)→trillion(兆)」

こんな不規則に数を分けたのか、

それはコンマの位置が理由だったということです。

 

 

最後に復習として、下の数字を英語で読んでみましょう。

1,234,567,891,234

 

答え:

one trillion two hundred thirty four billion five hundred sixty seven million eight hundred ninety one thousand two hundred thirty four.

↓分けるとこんな感じです。

one trillion two hundred thirty four billion five hundred sixty seven million eight hundred ninety one thousand two hundred thirty four.

 

 

また、他にも当コラムでは

「電話番号・部屋番号・西暦」や

「倍数・小数・分数」の英語での読み方を書いていますので

そちらも合わせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました