【徹底解説】英語で「倍数」「小数」「分数」の数字の読み方を知ろう!

英語の基礎

2倍(倍数)0.12(小数)1/2(分数)

上の数字を英語ですぐに言えますか?

 

 

もし言えるのであれば、あなたは英語上級者です。

 

 

まだあなたが学生や英語を勉強したばかりであれば

言えないのが普通です

 

 

なぜなら、私はTOEIC900点取るまで

上の数字を英語にできませんでした。

 

 

正確に言うなら、ぼんやりとはわかっていたけど

人に説明できるほどきれいには理解していませんでした。

 

 

なので、もしあなたが上の数字を英語に訳せなくても、

訳せる人の方が少ないので「今」は大丈夫です。

 

 

ただし、「今日」で完璧に言えるようにしましょう!

 

 

当記事では、英語で数字の読み方を

下の順に話していきます。

・倍数の読み方
・小数の読み方
・分数の読み方

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリア

に1年間留学し、

オーストラリアでは仕事をしていました。

 

 

日常生活だけでなく

ビジネス英語もある程度は理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

英語で基本となる数字の読み方

まず基本となる「1〜100」までの英語で数字の読み方です。

1 one 11 eleven 21 twenty one
2 two 12 twelve 22 twenty two
3 three 13 thirteen 23 twenty three 40 forty
4 four 14 fourteen 50 fifty
5 five 15 fifteen 60 sixty
6 six 16 sixteen 30 thirty 70 seventy
7 seven 17 seventeen 31 thirty one 80 eighty
8 eight 18 eighteen 32 thirty two 90 ninety
9 nine 19 nineteen 33 thirty three 100 one hundred
10 ten 20 twenty   :    


ここまでは普通に言えるかと思います。

 

 

さらに「101〜999」までは上の組み合わせでできます。


例:320 → three hundred twenty
       3   百         20
  521 → five hundred twenty one
                    5         百        21
  805 → eight hundred five
      8          百    5

 

※「hundred」に「s」はつきません。

→three hundreds ×
 three hundred ◯

 

 

もっと長い数字の読み方が知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

 

 

そしてここからが本題です。

 

 

ここからは数字の基本の読み方とは

全く違う読み方が出てきますが、

日常生活でもよく使われますので

1つ1つ丁寧に見ていきましょう。

倍数の読み方

倍数は基本「数字+times」で表されます

つまりtimesが「倍」って意味です。

 

 

例:

twice(2倍)

three times(3倍)

four times(4倍)

five times(5倍)

ten times(10倍)

 

※2倍は「two times」とも言いますが、「twice」がよく使われます。

 

 

倍数は「as 〇〇 as 〜」や「比較級」と共に使われます。

→「as ◯◯ as 〜 = 〜と同じぐらい〇〇」

例:as big as 〜 = 〜と同じぐらい大きい

 

 

例文:

He is as big as me
(彼は私と同じぐらい大きい)

She is as tall as me
(彼女は私と同じぐらい背が高い)

I have as many books as you have
(私はあなたと同じぐらいたくさんの本を持っている)
↑asの間に名詞も入れることができます。

 

 

ただこのままの文だと倍数の意味が入ってないので、

「as 形容詞 as」の前に倍数を入れて、倍数の意味を表しましょう。

He is twice as big as me
(彼は私の2倍大きい)


She is three times as tall as me
(彼女は私の3倍背が高い)


I have ten times as many books as you have
(私はあなたの10倍たくさんの本を持っている)

↓言い換えると

I have ten times the number of your books.
「倍数が全部、比較級の文になるとは限らない」

小数の読み方

英語で0〜9の数字を言えますか?

 

 

多分これを見ているみなさんは

少数という難しい分野を学ぼうとしているので、

英語で0〜9は簡単に言えると思います。

 

 

結論から言うと少数の読み方は

英語で0〜9の数字を言える人なら誰でもわかります

 

 

ではこの数字はなんと読むでしょうか?

0.123

日本語なら「れい、てん、いち、に、さん」と読みます。

 

 

しかし英語では数字に挟まれてる小数点のことを「point」と言いますので、

上の数字は「zero point one two three」と読みます。

 

 

ちなみに人によっては、

数字の0を「zero や oh」と言ったりしますので

どっちを使われても反応できるようにしましょう。

→zero point one two three
oh point one two three

 

 

まとめると小数の読み方は、

・小数点以下の数字はただ1つ1つ読むだけ
・小数点を「point」と読む
・0はzeroかoh


です。

 

 

また、

0.12

のように小数点以下が2桁なら、

「zero point one two」だけでなく

「zero point twelve」とも読めますので

覚えておきましょう。

 

 

例:

0,35
(zero point three five)
(zero point thirty five)

 

1.53
(one point five three)
(one point fifty three)

 

3.19
(three point one nine)

(three point nineteen)

 

 

※しかし、ドルを言うときは「point」を読みません。

$50.16

「fifty point one six」とは言わず、

「fifty one six」または「fifty sixteen」と言います。

 

 

このように小数点以下を英語で読むときは

ただ1つ1つ数字を言えばいいだけなので簡単です

 

 

ただ、「小数点→英語」ではなく

「英語→小数点」になおしてと言われると

少し読みづらかったりするので、

今度は逆に「英語→小数点」になる文を見てみましょう。

 

 

例文:

This train is one point five longer than that train
(この電車は1.5倍あの電車より長い)


We walked two point five longer than usual
(私たちはいつもより2.5倍長く歩いた)

 

Forty two point one nine five kilometer
(42.195km)

分数の読み方

分数は読み方が少し複雑ですので、

1つ1つ丁寧に見ていきます。

 

 

まず分数は「1/3」のように

数字が上と下、つまりは分子と分母に分かれている

形のことを言います。

 

 

1/3の分子は1で分母は3です。

 

 

英語では、分子を先に言って

そのあとに分母を言わないといけないので、

1/3は「one three」となります。

 

 

と言いたいとこですが、実は英語には

分母は序数で表さないといけない

というルールがあります。

 

 

※序数は一見難しそうに見えますが、

6以降の数字はただ「th」が

いつもの英語の後ろについているだけです。

例:6→six→序数にすると→sixth

      16→sixteen→序数にすると→sixteenth

 

1first11eleventh21twenty-first
2second12twelfth22twenty-second
3third13thirteenth23twenty-third
4fourth14fourteenth   :
5fifth15fifteenth   :
6sixth16sixteenth30thirtieth
7seventh17seventeenth   :
8eighth18eighteenth   :
9ninth19nineteenth100one hundredth
10tenth20twentieth101one hundredth and first

 

つまり、分母の3は序数で表すと

「third」となっているので、

1/3は「one third」となります。

 

 

これがもし2/3だと2が複数扱いなりますので、

「two thirds」と「s」をつけて書かなければなりません。

 

 

じゃあ「1/2」は英語でなんて読むと思いますか。

 

 

「one second?」

 

 

実はそれが違うんです。

 

 

答えは「a half」です

 

 

halfは半分という意味なので

「a half」は「1」の「半分」

つまり1/2となります。

 

 

これはちょっと特殊な言い方なので

覚えてしまいしょう。

 

 

あと半分を「half」と言うように、

1/4を英語では「quarter」と言います

 

 

この2つは序数に捉われずに、

「1/2→a half」「1/4→a quarter」と

言わなくてはいけませんので、

出てきたら序数に変換する前に

すぐ「1/2→a half」「1/4→a quarter」と

言えるぐらいに覚え込みましょう!

 

※「1/4→a fourth」とも言いますが、あまり一般的ではありません。

 

 

ちなみに3/4だと3が複数扱いになりますので

「three quarters」と「s」をつけて書かなければなりません。

 

 

例:

2/5 → two fifths

 

32/67 → thirty-two sixty-sevenths

 

1/200 → one two-hundredth

 

19/301 → nineteen three-hundredth and firsts

↑ポイントは「and」をつけきれているかと、
「three-hundredth」ではなく「firsts」にsがついているか。

まとめ

多分英語が得意でも、数字が苦手な方からしたら

今回のパートは難しかったでしょう。

 

 

しかし今日はもう手を休め

また違う日に復習しましょう!

 

 

1日で覚えるのではなく、

何回も繰り返して覚えることで

脳に定着しやすいことが証明されていますよ!

 

 

また、当コラムでは他にも

「電話番号」「部屋番号」「西暦」などの読み方も書いてますので、

そちらも合わせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました