【人称代名詞】学生のときに知っておきたかった重要代名詞の1つを徹底解説

英語の基礎

当記事は、

人称代名詞の主格や所有格などがいまいちわからない

「人称代名詞の一覧表を知りたい」

「人称代名詞を使った例文を知りたい」

という方向けの記事です。

 

 

人称代名詞は英語を学ぶ上で

絶対に理解しておきたい分野です。

 

 

ただ、一つ一つ丁寧に覚えとかないと

いざ使おうとした時に何を使えばいいか迷ってしまうほど

変化の形が似ています。

 

 

しかし当記事を読むことで、

ぼんやりとした人称代名詞のイメージをくっきり形にできる
人称代名詞一覧表を使って、適切な場面で適切な人称代名詞が使えるようになる


この二つの知識が身につきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリア

に1年間留学し、

オーストラリアでは仕事をしていました。

 

 

日常生活だけでなく

ビジネス英語もある程度は理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

人称代名詞とは

人称代名詞とは、「話し手、受け手、第三者」を指す代名詞のことです。

 

 

とは言っても、何のこっちゃって感じなので簡単に説明すると

話し手→わたし
受け手→あなた
第三者→それ以外のモノや人

のことです。

 

 

つまり人称代名詞とは自分基準で考えて、

話しているのが私
話している相手(受け手)があなた
それ以外が第三者

と分けているということです。

 

 

簡単ですね。

 

 

そして、

話し手である私が「1人称」
話している相手が「2人称」
それ以外の第三者を「3人称」

と言ったりします。

 

 

第三者(3人称)の例:

彼・彼女・母親・鳥・ロボット・携帯・みかん

(私とあなた以外のモノや人ならなんでもあり)

 

 

 

また、ここからが重要なポイントで、

1人称である”私”や、2人称”、3人称に助詞を付けると、

日本語では「私は・私が・私の・私を・私に・私のもの」など

ただ私の後ろに”もの”などの助詞をつければいいだけですが、

 

英語では”単語が完全に違うもの”になってしまいます

私は・私が →「I」
I like soccer)


私の →「my」
My favorite sport is soccer)


私に・私を →「me」
(It is difficult for me


私のもの →「mine」
(It is mine


これらがまさに英語の人称代名詞のことで、

英語の人称代名詞は下の表のようにまとめられることが多いので

下の表を覚えるといいでしょう。

  単数  主格  所有格   目的格  所有代名詞
1人称 I my me mine
2人称 あなた you your you yours
3人称 he his him his
 : 彼女 she her her hers
 : それ it its it

 

※ it の所有代名詞「そのもの」がない理由は、もし「そのもの」という訳があると、ものが何かを所有しているという意味わからない文になってしまうからです。

 

 

初見の人からすると覚えることが多くて

一見 大変そうに見えます…

 

 

しかし、リズムで覚えてしまえば

何年経っても記憶に残りやすいので

リズムで覚えることをオススメします

(実際に学校で習うときに使われているリズム)

私 → I my me mine(あいまいみーまいん

あなた → you your you yours(ゆーゆあーゆーゆあーず

彼 → he his him his(ひーひずひむひず

彼女 → she her her hers(しーはーはーはーず

 

テンポは全部一緒です。(it以外)

あいまいみーまいん♪
ゆーゆあーゆーゆあーず♪
ひーひずひむひず♪
しーはーはーはーず♪
いっといっついっと

人称代名詞の主格

先ほどの表の内容を簡単に説明すると、

主格の「I・you・he・she」は

文の一番最初に持ってくる「主語」として使われます。

I am a teacher

You are cool

He plays baseball

She is beautiful

It is an apple


つまり主格「I・you・he・she・it」の訳は

自然と「〜が・〜は」となるわけです。

I am a teacher
私は先生です)

You are cool
あなたはかっこいい)

He plays baseball
彼は野球をします)

She is beautiful
彼女は美しい)

It is an apple
それはリンゴです)

人称代名詞の所有格

所有格の「my・your・his・her・its」は

「〜の◯◯」と訳され、必ず後ろに名詞が付きます。

(名詞を修飾している形容詞がすぐ後ろに来る場合もある)

Where is my pen?

Your bag is gone

His English skill is good

Her looks is beautiful

Empty the drawer of its contents


訳も全部「〜の◯◯」となっています。

Where is my pen?
私のペンはどこですか?)

Your bag is gone
あなたのバッグが無くなっている)

His English skill is good
彼の英語スキルは良い)

Her looks is beautiful
彼女のルックスは美しい)

Empty the drawer of its contents
その中身を出して引き出しを空にして)

人称代名詞の目的格

目的格の「me・you・him・her・it」は

「〜に・〜を」と訳され、主語でもなければ

後ろに名詞などが付くこともありません。

 

 

しかし逆に、前に前置詞が付くことが多いです。

It is difficult for me

I want to say goodbye to you

I am waiting for him

Say happy birthday to her

I will bring it
(動詞の目的語になっているので、前置詞が付かないパターン)


訳も全部「〜に・〜を」となっています。

It is difficult for me
(それは私にとって難しい)

I want to say goodbye to you
あなたにさよならと言いたい)

I am waiting for him
(私は彼を待っている)

Say happy birthday to her
彼女にお誕生日おめでとうって言って)

I will bring it
(私はそれを持ってくる予定)

人称代名詞の所有代名詞

所有代名詞の「mine・your・his・hers」は

「〜のもの」という意味なので、

「それは”私のもの”」など単体で使われます。

 

 

つまり、先ほどの主格・所有格・目的格のように

主語になったり、後ろに名詞などが付いたり、

前に前置詞が付いたりしません。

It is mine
(それは私のものです)

Something over there is yours
(向こうにあるものはあなたものです)

The pen I brought is his
(私が持ってきたペンは彼のものです)

The apple you dropped is hers
(あなたが落としたリンゴは彼女のものです)

人称代名詞の複数形

先ほどの人称代名詞「私・あなた・彼・彼女」などは

単数形、一人のパターンでしたが、

実は人称代名詞には複数形も存在します。

複数   主格    所有格   目的格  所有代名詞
私たち we our us ours
あなたたち you your you yours
彼ら they their them theirs

 

ただ数は少ないし、youに関しては

単数形も複数形も全く変わりませんので

すぐに覚えきれるでしょう。

まとめ

人称代名詞は、英語を学ぶ上で非常に大事な分野です。

 

 

英語上級者は当たり前のように使う単語ですので、

これを機会に人称代名詞を覚えて一つ上の英語力を目指しましょう!

 

 

当記事をまとめると、

・主格(は・〜が)→主語
I like you」

・所有格(〜の)→後ろに名詞など何か付く
「It is my pen」

・目的格(〜に・〜を)→主語でもなく後ろに名詞などが付かない
「It is difficult for me

・所有代名詞(〜のもの)→単体で使われる
「The apple you dropped is mine


です。

 

 

 

また、わからないところがあったり

「もっと詳しく書けよ!」などあれば、

ツイッターのDMにコメントして頂けるとすぐ対応できますので、

そちらにコメントお願いします。

咲く英語

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました