「good」の正しい使い方…「for good」「pretty good」「sounds good」「all good」の意味とは

英語の基礎

当記事は、

「”good”の正しい使い方を知りたい」
「”good”の色んな使われ方を網羅的に理解したい」

という方のための記事です。

 

 

”good”は学校で「良い」という意味で

習ってきたと思いますが、

実は”good”には非常に多くの意味があります。

 

good
→良い・楽しい・美味しい・似合っている・有効である・賞味期限内

 

ただ、”good”の根本的な意味は2つだけ

それがわかれば簡単に全部を理解できます。

 

 

当記事では、

”good”の根本的な意味をまず説明して

そこから派生した色々な”good”の使い方を

わかりやすく解説していきます。

 

 

さらには、”good”と一緒によく出てくる

「for good」「pretty good」「sounds good」「all good」

の意味も細かく解説していますのでぜひご覧ください。

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

日常生活だけでなく

ビジネス英語もある程度は理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

 

  

「good」の使い方


結論から言うと、

”good”の根本的な意味は「良い」と「大丈夫」です

 

 

この2つの意味だけで、

ほとんどの”good”の例文が理解できます。

 

 

これから”good”の根本的な意味

「良い」と「大丈夫」を例文付きで分けて

解説していきます。

”good”の使い方【良い】

まずは英語でおなじみの言葉である

「Good morning・Good afternoon・Good evening・Good night」

を見てみましょう。

 

 

ここで使われている”good”は

全て「良い」という意味です。

Good morning
(いい朝だね→おはよう)

Good afternoon
(いい午後だね→こんにちは)

Good evening
(いい夕方だね→こんばんは)

Good night
(いい夜を→おやすみなさい)

 

今は定型文として

「おはよう・こんにちは・こんばんは・おやすみなさい」

として使われていますが、

 

元々の意味は

いい朝だね・いい午後だね・いい夕方だね・いい夜を

となります。

 

 

他にも「良い」という意味で使われる”good”は、

Good job
良い仕事をしたね→ナイス)

Goodbye
良い別れ→バイバイ)

He is a good teacher
(彼は良い先生です)

などがあります。

 

 

また”good”は「良い」という意味から派生して

楽しい・美味しい・似合っている」という

意味まで表すことができます。

 

例:

Have a good time
楽しい時間を)

This curry rice is really good
(このカレーライスは本当に美味しい

The shirt looks good on you
(そのシャツあなたに似合っているね

”good”の使い方【大丈夫】

”good”が「大丈夫」という意味で使われるものの1つに

「How are you?」への返事があります。

 

よく「How are you?」への返事で

「I’m good」と聞きますよね。

 

 

一見、ここでの”good”の意味は

「良い→元気だよ」という意味だと思われがちですが、

実際は微妙に違います。

 

 

実際の意味↓

How are you?
(元気ですか?)

I’m good
まぁまぁ良いです)

 

ここでの”good”は「良い」という意味ではなく

実は、「特に大丈夫だよ→まぁまぁ良い

というニュアンスの方が強いです。

 

 

もし「調子が良い」と言いたいなら

”good”ではなく「great・perfect」を

ネイティブは使います。

 

 

つまり「How are you?」と聞いて

「I’m good」と返されたら、

相手は今、特にうれしいことがない

普通の気持ちという訳です。

 

 

また、相手から何かを勧められて断るときも

「I’m good(大丈夫)」を使います

 

例:

Would you like something to drink?
(何か飲み物は欲しいですか?)

I’m good. thank you.
(大丈夫です。ありがとうございます)

 

 

もしここで、「good = 良い」

という意味だけしか分からなかったら、

Would you like something to drink?
(何か飲み物は欲しいですか?)

I’m good. thank you.
(良いですね。ありがとうございます)

のように、飲み物を断るどころか貰ってしまうという

全く逆の意味になってしまうので注意しましょう。

 

 

他に”good”を使って断る例:

Let’s go shopping
(買い物に行こう)

I’m good
(私は大丈夫)

 

Do you need a help?
(助けが必要?)

I’m good, thank you
(大丈夫よ。ありがとう)

 

Do you want to help me?
(私を助けてくれない?)

I’m good
(大丈夫)

↑たまに冗談で使われる

 

 

もし上のように断らずに相手の意見を受け入れるなら、

「OK」や後ほど説明する「Sounds good」で返しましょう

 

 

 

また”good”は他にも、

「大丈夫」という意味から派生して

有効である・賞味期限内」という

意味まで表すことができます。

 

例:

This passport is good until next year
(このパスポートは来年まで使えます)

Is this ticket good?
(このチケットはまだ使えますか?)

 

This milk is still good
(このミルクはまだ飲めます)

Is this apple good?
(このリンゴは食べれますか?)

 

この”good”の使い方は

先ほどの断るときの大丈夫(いや、結構です)とは違って、

「まだ大丈夫、使えるよ」と有効期限内の意味を表しています。

 

 

ややこしいので一旦まとめると、

”good”の「大丈夫」の意味は

 

・まぁまぁ大丈夫
・断るときの大丈夫
・まだ大丈夫

 

です。

 

 

 

 

と、ここまで難しく説明しといて申し訳ないですが

実は日本語で大丈夫と言いたいときに

英語で「I’m good」と言えば同じ意味になります

 

早く言え。

 

ただここまで説明を聞いてくれたおかげで

しっかり”good”の根本的な意味がわかったと思います。

 

 

次は”good”とよく使われる言葉

「for good」「pretty good」「sounds good」「all good」

の意味を見てみましょう。

「For good」の使い方


”For good”は「これから先ずっと」
という意味で

”forever(永遠に)”と似ている意味です。

 

例:

Are you going to stay this home for good?
(これから先ずっとこの家に住む予定?)

For good
(うん、ずっと)

 

I’m coming back to Okinawa next week
(沖縄に来週戻る予定だよ)

Really? For good?
(本当に?ずっと?)

I’m going to quit smoking for good
(タバコをこれから先ずっと止める予定→禁煙する)

This shop is closed for good
(この店はこれから先ずっと閉まる予定→閉店した)

 

上の例文は全部

”forever”と置き換えることができます。

 

 

しかし、”For good”はカジュアルですが

”forever”は少し重たいイメージがあるので、

”forever”をたくさん使うと「重たい人」という

印象を与える可能性があるので注意しましょう。

 

 

また”For good”は、

「これから先ずっと」という意味と言ったように、

「前からずっと」という意味では使えません

 

例:

I have been playing soccer for good since I was 5 years old ×
(5歳のときからずっとサッカーを続けている)

「pretty good」の使い方


”pretty good”はよく、

「とても良い」という意味だと勘違いされて

You look pretty good

と使う人がいます。

 

 

しかし、この言葉を絶対に使ってはいけません。

 

 

実は”pretty”には”good”の意味を薄くする役割があり、

まぁまぁ良い・けっこう良い」という意味になります。

 

 

つまり、「You look pretty good」と言ってしまうと

「まぁまぁ可愛いね・けっこう可愛いね」となり、

上から目線の印象を与えてしまうので

あまり使わないようにしましょう。

 

 

逆に、自分のことを言うときは

使っても問題ないです。

My hair is pretty good, isn’t it?
(私の髪型まぁまぁ良くない?)

 

 

他の例:

My car is pretty good
(私の車はまぁまぁいいよ)

I did pretty good in the test
(テストまぁまぁできたよ)

He looks pretty good
(彼まぁまぁかっこいいね)
↑知らない人のことを言うときは
”pretty good”が使えます。

 

 

まとめると、

”pretty”はgoodの意味を薄くしたり断言を避ける意味があり、

「まぁまぁ良い・けっこう良い」という意味になります。

「sounds good」の使い方


”sounds good”を直訳すると「響きがいいね」となり、

相手の提案や考えに「いいね」と賛成するときに使われます

 

 

「OK」とほとんど同じ意味ですね。

 

 

”sounds good”の元々の形が、

That sounds like a good idea
(それ良い考えだね)

とわかっていればすぐに意味を理解できるでしょう。

 

 

例:

Let’s go shopping
(買い物に行こう)

Sounds good
(いいね)

 

How about going on a trip to Okinawa?
(沖縄に旅行に行くのはどう?)

Sounds good
(いいね)

 

 

もしよりネイティブっぽい響きにしたいなら、

Why don’t we play soccer and have dinner after that
(サッカーをした後、夜ご飯食べに行かない?)

Sounds like a plan
(いいね)

と言うこともできます。

 

 

また、周りはわからないけど

「自分は賛成」と言いたいときは、

「sounds good to me」のように「to me」をつけることで

自分は賛成だよというニュアンスを伝えきれます。

 

例:

Would you like to change the seating arrangement?
(あなたたちは席替えをしたいですか?)

Sounds good to me
(私は賛成)

 

 

もしあなたが「いいね」と言いたいときに

”OK”だけしか使ったことがなければ、

1つ上の英語力を目指すために

「Sounds good」も覚えておくと便利ですね。

「All good」の使い方


”All good”の意味は非常に簡単で、

「good(良い・大丈夫)」という意味に

「all(全部)」を加えて、

All good = 全部良い・全部大丈夫」となります。

 

 

相手が自分に迷惑かけたときや

お礼を言われたときに、

「全然大丈夫だよ」という意味で

「All good」を使いましょう。

 

 

また、「How are you?」の返事でも

「All good」を使うことができます。

 

 

例:

I’m sorry. I’m late
(ごめんなさい遅れました)

All good. Don’t mind
(全然大丈夫。気にしないで)

 

Thank you for helping me today
(今日助けてくれてありがとう)

All good. You are my friend
(全然大丈夫。友達だもの)

 

How are you doing?
(調子はどう?)

All good
(全然良いよ)

まとめ


簡単な単語ほど奥が深いですね。

 

下に当記事の復習として、

”good”の使い方をまとめてみました。

 

 

”good”の根本的な意味

「良い」

「大丈夫」

 

 

大丈夫の種類

・まぁまぁ大丈夫(調子がまぁまぁ)
・断るときの大丈夫(いいえ、結構です)
・まだ大丈夫(まだ使える)

 

 

「良い・大丈夫」から派生した
”good”で表すことができる言葉

良い
→楽しい・美味しい・似合っている

大丈夫
→有効である・賞味期限内

 

 

For good「これから先ずっと」

pretty good「まぁまぁ良い・けっこう良い」

sounds good「いいね」

All good「全部良い・全部大丈夫」

 

でした。

 

 

 

これで「good」の

正しい使い方は以上になります。

 

 

他にも当サイトでは、

「also」「too」「as well」

の正しい使い方など書いてますので、

ぜご覧ください。

 

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました