英語の動詞を隅々まで深ぼりして解説してみた

英語の動詞 英語の基礎
英語の動詞

当記事は、

英語の動詞について詳しく勉強したことない

英語の動詞の活用形について詳しく知りたい

という方のための記事です。

 

英語の動詞は、英語の基礎として

中学生の頃から勉強しているので

ほとんど理解できているでしょう。

 

しかし、英語で高得点を取るためには

この「ほとんど」をなくして

「完全に」理解できているにしなければなりません。

 

当記事では、

英語の動詞について隅々まで理解するために

動詞の基礎や活用形について細かく解説していますので、

是非最後までご覧ください。

 

動詞の活用

・原形
・現在形
・現在進行形
・過去形
・過去分詞形

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリア

に1年間留学し、

オーストラリアでは仕事をしていました。

 

日常生活だけでなく

ビジネス英語もある程度は理解でき、

TOEICは930点持っています。

今は日本に住んでいて、

英語を使ったビジネスをしながら

学生生活を頑張っています。

 

上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

英語の動詞とは

英語の動詞
英語の動詞とは

英語の動詞は大きく分けて2種類あります

 

1つ目は

run(走る)go(行く)take(取る)sit(座る)

などの「動き」を表す動詞で、

 

2つ目は

I am a teacher(私は先生です)
I am happy(私は幸せです)
I am sleepy(私は眠たいです)

の「am」など、

前後の言葉をつなぐ役割を果たす動詞です。

 

主に、1つ目の「動き」を表す動詞は「一般動詞」と言われ、

2つ目の前後の言葉をつなぐ役割を果たす動詞は「be動詞」と言われます。

 

一般動詞とbe動詞は

中学校ですでに習ったと思いますが、

この2つの違いを”細かく”知りたい方のために

これからわかりやすく解説していきたいと思います。

一般動詞

一般動詞
一般動詞

一般動詞は先ほども申し上げた通り

「動き」を表す動詞です。

 

日本語でいうと

「会う、書く、押す、立つ、飲む、食べる」のように

最後が”ウ段”で終わる動詞は

全て一般動詞と言えます。

 

例えば上の日本語の動詞は、

会う→meet
書く→write
押す→push
立つ→stand
飲む→drink
食べる→eat

のように全て英語の一般動詞に置き換えることができます。

 

例文で見てみると、

「私は買い物に”行く”」は一般動詞のgo(行く)を使って

「I go to shopping」と言うことができ、

 

「私は宿題を”する”」は一般動詞のdo(する)を使って

「I do my homework」と言うことができます。

(主語+一般動詞+〇〇)

 

一般動詞は他の品詞である

名詞、形容詞、副詞、前置詞などと違って、

物事が「いつ行われたか」によって

その形を変えることができます

 

例えば、

私は紙を取る。と言う時は普通に
→I ”take” a paper

私は紙を取った。と過去のことを言う時は
→I ”took” a paper

私は紙を取っている。と現在行なっていることを言う時は
→I am ”taking” a paper

など物事が「いつ行われたか」によって

その形を変えることができます。

 

英語の一般動詞は全部で5つの活用法があるので

後ほど説明いたします。

be動詞

be動詞
be動詞

be動詞は「am are is was were」 の5つしかありません

 

「am are is」は現在のことを話す時に使い、

「was were」は過去のことを話す時に使います。

 

「am are is」の使い分け方は非常に簡単で、

  • amは私である「I」が主語の時
  • areはあなたである「You」が主語の時と複数形が主語の時
  • isはそれ以外の時

です。

 

例文を挙げてみると
I am a teacher(私は先生です)

You are a teacher(あなたは先生です)
Teachers are genius(先生たちは天才です)
  ↑
複数形

A teacher is genius(先生は天才です)
He is a teacher(彼は先生です)
It is happy(それは幸せです)

となります。

 

そして過去のことを話す時に使う「was were」は

ただ、現在形で使っていた「am is」は「was」

現在形で使っていた「are」は「were」に変わるだけです。

 

一旦整理すると、「am are is」の使い分け方↓

  • amは主語が「I」の時(I am)
  • areは主語が「You」と「複数形」の時(You are)(複数形 are)
  • isはそれ以外(He is)(It is)(A teacher is)

現在形の「am is」が過去形になると「was」

現在形の「are」が過去形になると「were」です。

 

また、be動詞は

前後の言葉をつなぐ役割を果たす動詞で

「〜です」と訳すのが基本です

 

先ほどbe動詞の説明をした時に出した例を見ても

I am a teacher(私は先生です)
You are a teacher(あなたは先生です)
Teachers are genius(先生たちは天才です)
A teacher is genius(先生は天才です)
He is a teacher(彼は先生です)
It is happy(それは幸せです)

全部「〜です」で終わっているのがわかります。

 

ただ、be動詞は「〜です」という意味だけでなく

他にも「〜がある、〜がいる」などの意味もあります。

 

例えば、

「机がある」「椅子がある」や

「ライオンがいる」「トラがいる」と言う時も

be動詞を使います。

 

これらを英語に訳すと

There is a desk(机がある)
There is a chair(椅子がある)
There is a lion(ライオンがいる)
There is a tiger(トラがいる)

です。

 

「〜がある、〜がいる」は

There is 〜

と書くのでしっかり覚えておきましょう。

 

しかし、上の「机・椅子・ライオン・トラ」が

もし複数だとしたら、

先ほど話したbe動詞のルール(複数形の時はare)より

There are 〜
例:There are many desks(たくさんの机があります)

と書くので注意してください。

動詞の活用

動詞の活用
動詞の活用

先ほどもちらっとお話ししましたが、

動詞は名詞、形容詞、副詞、前置詞などと違い

時制によってその形を変化させることができます。

 

英語の動詞は全部で5つの活用形があるので

これらを順番に解説していきます。

・原形
・現在形
・現在進行形
・過去形
・過去分詞形

原形

原形は文字の通り「形のみなもと」です。

 

つまり、一般動詞でいうと

「play go take get make」

など動詞の元の形のことで、

be動詞で言うと「be」のことを言います。

現在形

現在形は、動詞の元の形である原形

「play go take get make」又は

それらにsをつけた

「plays goes takes gets makes」

のことを言います。

 

また現在形というのは、

今現在行なっていることを表すのではなく

習慣的に行なっていること」を表します。

 

例えば、部活やサークルなどで

野球を「習慣的に行なっている」のであれば、

現在形のplayを使い

I play baseballと書くことができます。

 

ただ、もし野球を「今現在行なっている」のであれば

後ほど説明する現在進行形のplayingを使って

I am playing baseball

と書くのでこの2つは間違わないようにしましょう。

現在形のsをつけるものとつけないものの違い

先ほど、現在形は動詞の元の形である原形

「play go take get make」又は

それらにsをつけた

「plays goes takes gets makes」と言ったように、

現在形は動詞を原形のまま使っても

動詞の後ろにsを付けて使っても表すことができます。

 

ただし、それにはしっかりルールがあり、

文で使われている主語が何かによって

sをつけるかつけないかが決まっているんです

 

これは非常に簡単で

sをつけない時は主語が「私かあなたか複数の時」

sをつける時は主語が「それ以外の時」です。

 

つまり、

I
You
They、We、people、teachers ←複数

などの時はsをつけないで、

それ以外の時はsをつけると言うことです。

現在進行形

現在進行形とは

今現在行なっていること」を

be動詞+動詞ingを使って表す用法です。

 

例えば、英語の勉強を「今現在行なっている」なら

現在進行形のstudyingを使って

→I am studying English

と言うことができます。

 

つまり現在進行形は、

「勉強をする」の元々の動詞の形である

studyにingをつけてstudyingとして、

今現在行なっていることを

表すことができるというわけです。

 

ingは動詞にただくっつけるだけでなく

動詞によって付け方が違います

例:
live→living(eを取ってing)
swim→swimming(語尾を加えてing)
play→playing(ただing)

 

動詞にingの付け方は

別の記事で詳しく説明していますので、

気になる方は下の目次4に書いてある

現在進行形「〜ing」の付け方をご覧ください。

過去形

過去形とは名前の通り、

過去のことを話す際に使う用法です。

 

動詞を過去形にするときは、

play→ playedのように

動詞の後ろが「ed」で終わるパターンと、

go→wentのように

形がほとんど変わるパターン

2パターンがあります。

 

これを専門用語でいうと

「規則動詞と不規則動詞」と言います。

 

動詞の後ろが「ed」で終わるパターンが規則動詞で

形がほとんど変わるパターンが不規則動詞です。

規則動詞

規則動詞は動詞の後ろに「ed」をつけるだけですが、

edの付け方が動詞によって違いますので

その付け方についてわかりやすく解説していきます。

動詞の語尾にedをつける

たいていの動詞は、

動詞の原形の語尾にただedをつけるだけです。

例:
play→played
touch→touched
watch→watched

動詞の語尾にdをつける

動詞の原形の語尾が「e」で終わる場合は、

edのeは省いて「d」だけつけます。

例:
like→liked
take→taked
live→lived

動詞の語尾にiedをつける

動詞の原形の語尾が「子音+y」で終わる時、

yを取ってiedをつけます。

例:
study→studied
  ↑
  子音

try→tried
 ↑
子音

cry→cried
 ↑
子音

 

※ただし、動詞の原形の語尾が「母音+y」の時は

ただedをつければよい。

例:
play→played
stay→stayed
enjoy→enjoyed

動詞の語尾に「動詞の語尾の文字+ed」をつける

例えば、

stop(ストップ)
step(ステップ)
rot(ロット)

などは、動詞の語尾の文字をもう一度つけて

その後ろに「ed」をつけます。

stop→stopped
step→stepped
rot→rotted

 

これは短母音というルールで、

上の3つの単語の発音に「ッ」が入るなど

母音が短く発音される時に使われます。

 

と言っても難しいので、簡単に言うと

単語の中に「母音が1つしかない」時に

上のような変化が起こります

 

stopを見ても、

「o」以外はどれも子音で

単語の中に母音が1つしかありません。

 

stepも

「e」以外はどれも子音で、

rotも

「o」以外はどれも子音です。

 

このように、

単語の中に母音が1つしかなく

アクセントに「ッ」が入るなど

母音が短く発音される時は、

動詞の語尾の文字をもう一度つけて

その後ろに「ed」をつけます。

 

※例外あり

kick→kickedなど

不規則動詞

不規則動詞とは、過去形にする時に

動詞の後ろに「ed」がつかず

形がほとんど変わる動詞です

 

例えば、

「go」を過去形にすると「went」で

「buy」を過去形にすると「bought」です。

 

これらは不規則動詞と言われ、

動詞の後ろにedがつかずに

動詞自体が全然違う形になります。

 

不規則動詞は、

形を覚えるしかありません。

 

頻出単語だけでも確実に覚えましょう。

 

少しアドバイスをすると、

不規則動詞は

read→read
cut→cut

のように過去形にしても何も変化しないものや、

 

say→said
pay→paid

のように動詞の語尾ayがaidに変わるもの

 

sing→sang
ring→rang

のように動詞の中にあるinがanに変わるもの

など決まった規則によって

変わるものもあります。

 

しかし、これらは

少し頭に入れとくぐらいで大丈夫で、

たくさん単語を見ていれば自然と身につくので

たくさん単語に触れて覚えましょう!

過去分詞形

過去分詞形は基本

「受け身」や「現在完了形」

表す時に使われます。

受け身

例えば、「私は本を取られた」と言いたい時

取るという動詞”take”の過去分詞形”taken”を使って

→I was taken a book

と言うことができます。

 

受け身を表す時は、

be動詞+過去分詞」を使うのがポイントです。

 

と言葉で言っても、

記憶に定着しづらいと思うので

他の例文も見てみましょう。

 

例:

私は殴られた
→I was punched

私は蹴られた
→I was kicked

私は驚かされた→驚いた
→I was surprised

私はショックを与えられた→ショックをうけた
→I was shocked

 

全部「be動詞+過去分詞」となっているのがわかります。

 

もし誰に殴られたか、蹴られたか、驚かされたか、

ショックを与えられたか明確であるなら、

文の後ろに「by 人」を置くことができます。

 

例:

私は”彼女に”殴られた
→I was punched by my girlfriend

私は”友達に”蹴られた
→I was kicked by a friend of mine

私は”先生に”驚かされた→驚いた
→I was surprised by a teacher

私は”親に”ショックを与えられた→ショックをうけた
→I was shocked by my parents

現在完了形

現在完了形には、

  • 現在までに完了したことがある→経験
  • 現在たった今完了した→完了
  • 現在までに完了せずに続けている→継続
  • 現在までに完了してその結果どうなったか→結果

の4つの意味があります。

 

現在完了形について詳しく知りたい方はこちら↓

 

現在完了形は

動詞の「過去分詞形」を用いて

表すことができます。

 

現在完了形の基本の形は「have+過去分詞」で、

よく教科書には「have+pp(過去分詞)」と書かれたりします。

 

例えば、「私は野球をし続けている」と言いたい時

野球をするという動詞”play”の

過去分詞形”played”を用いて

→I have played baseball

と言うことができます。

 

このように現在完了形は、

動詞の過去分詞形playedなどを用いて

表すことができるというわけです。

過去分詞形への変化の仕方

動詞から過去分詞形への変化の仕方は、

動詞から過去形への変化の仕方と似ていて、

過去分詞形にも「規則変化と不規則変化」があります

 

規則変化は過去形と一緒で、

動詞の語尾にただ「ed」をつけるだけです。

 

不規則変化は

  原形    過去形   過去分詞形 
bringbroughtbrought

のように過去形の変化と

一緒のものもあれば、

  原形    過去形   過去分詞形 
gowentgone

のように全く違うものもあります。

 

代表的な動詞は、下の表を見て

一気に覚えてしまいましょう。
(ちなみに私は学生の時にこれをほとんど暗記したから英語が得意になれたと思います)

https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kyoiku/e-gakyo/files/2010-0329-1431.pdf

まとめ

まとめ
まとめ

英語の動詞について隅々まで解説してみました。

 

当記事をまとめると、動詞には

「動き」を表す一般動詞と

「前後の言葉をつなぐ役割を果たす」be動詞の

2種類があります。

 

動詞は名詞、形容詞、副詞、前置詞などと違い

時制によってその形を変化させることができ、

全部で5つの活用形があります。

  • 原形(動詞の元の形)
  • 現在形(習慣的に行なっていること)
  • 現在進行形(今現在行なっていること)
  • 過去形(過去のこと)
  • 過去分詞形(受け身や現在完了形)

 

頻出する単語の過去形や過去分詞形など

覚えないといけないものはしっかり覚えて、

「ほとんど」理解している人ではなく

「完全に」理解できている人になりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました