英語の微妙なニュアンスの違い

英語の微妙なニュアンスの違い

「go」と「come」の違いや使い分け|話す相手に近づくのか離れるのか

「I'm going home」「I'm coming home」あなたはこの違いがわかりますか?「go=行く」「come=来る」と日本語でよく訳されたりしますが、実は微妙にニュアンスが違います。当記事では、この「go」と「come」の違いをわかりやすく解説しています。
英語の微妙なニュアンスの違い

「affect」と「effect」の違いや使い分け|名詞か動詞かの違いじゃない

非常にややこしく間違いやすい単語「affect」と「effect」。「affect」と「effect」は、たった1文字しか変わらないのに意味や使い方は全く違います。当記事では、この「affect」と「effect」の違いや使い分け方をわかりやすく解説していますのでぜひご覧ください。
英語の微妙なニュアンスの違い

間違えやすい単語「grow up」と「grow」の違いや使い方をわかりやすく解説

多くの人が使い方を間違えてしまう「grow up」と「grow」。あなたはこの違いがわかりますか?例えば「I grow my beard(ひげを生やす)」と言うことはできますが、「I grow up my beard ×(ひげを生やす)」と言うことはできません。当記事では、これらの違いや使い方をわかりやすく解説しています。
英語の微妙なニュアンスの違い

「each other」と「one another」の違い|現代の英語には違いがない

「お互い」を意味する”each other”と”one another”。あなたはこれらの違いがわかりますか?”each other”と”one another”はどちらも「reciprocal pronoun=相互代名詞」で、お互いに同じことをし合ってるときに使います。当記事では、これらの違いを簡潔に解説していますのでぜひご覧ください。
英語の微妙なニュアンスの違い

「lie」と「lay」の違いや使い分け|意味や文法などすべての面から解説

ネイティブでも間違った使い方をすると言われる「lie」と「lay」。”lie”は横になるという意味で使われるとき過去形が”lay”になるため、「lieの過去形lay」「layの現在形lay」の区別が難しいです。当記事では、そういった人のために「lie」と「lay」の違いについてわかりやすく解説しています。
英語の微妙なニュアンスの違い

「get in」と「get on」の違いや使い分け|知らない人と一緒に乗るかどうか

よく小さいものに乗るときは”get in”で、大きいものに乗るときは”get on”を使う。と言われます。でも車が大きいか小さいかの指標って人によって様々ですよね。当記事では、車の大きさに頼らず”get in”と”get on”を使い分ける方法を解説していますのでぜひご覧ください。
英語の微妙なニュアンスの違い

「most」と「most of」の違いや使い分け|特定されているかどうかです

「Most students study hard」「Most of the students study hard」あなたはこれらの違いがわかりますか?”most”と”most of”には微妙な違いがあり、ネイティブはこれらの単語をしっかり使い分けています。当記事では、”most”と”most of”の違いをわかりやすく解説していますので、ぜひご覧ください。
英語の微妙なニュアンスの違い

「I worry about」と「I’m worried about」の違いや使い分け

「I worry about my child」「I'm worried about my child」あなたはこの違いがわかりますか?「I worry about」と「I'm worried about」は現在形か受け身形かの違いですが、微妙に意味が違います。間違った使い方をすると、相手に違和感を感じさせてしまうので正しい使い方を覚えましょう。
英語の微妙なニュアンスの違い

【間違えやすい単語】「compliment」と「complement」の違いとは?

”compliment”と”complement”はTOEICでも出題されるややこしい単語たちです。単語をよく見ると、真ん中の文字が”i”か”e”かの違いだけ。しかし、”compliment”と”complement”は全然違う意味ですので、しっかりこれらの違いを見分けられるようにしましょう。
英語の微妙なニュアンスの違い

「also」「too」「as well」の正しい使い方|意味に違いはありません

あなたは「also」「too」「as well」の正しい使い方がわかりますか?これらの単語は、文頭・文中・文末の色んなとこで使われるため自信を持って使いこなせる人は少ないのではないでしょうか。当記事では、「also」「too」「as well」の正しい使い方を解説していますのでぜひご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました