英語の微妙なニュアンスの違い

英語の微妙なニュアンスの違い

【完全版】「forget to」と「forget ing」の違いや使い分け

「I forget to eat breakfast」「I forget eating breakfast」あなたはこの違いがわかりますか?”forget”の後ろに、「to」と「ing」のどっちがつくかで微妙にニュアンスが違います。当記事では、この”forget to”と”forget ing”の違いをわかりやすく解説していますのでぜひご覧ください。
英語の微妙なニュアンスの違い

【使役動詞】「make」「have」「get」「let」の意味や使い分け

「make」「have」「get」「let」は全て「〜させる」という意味ですが、それぞれ微妙にニュアンスが違います。「make」「have」「get」「let」は日常会話でよく使われるフレーズですので違いを確実に理解できるようにしましょう。結論から言うと、make→強制 have→義務 get→説得 let→許可です。
英語の微妙なニュアンスの違い

【〜かどうか】「if」と「whether」の違いや使い分けをわかりやすく解説

「〜かどうか」を表す”if”と”whether”は学校の試験やTOEICでもよく出てきます。ただ、”if”と”whether”の違いはややこしくて、”if”と”whether”の両方が使える場面もあれば、”whether”しか使えない場面もあります。当記事では、その”if”と”whether”の違いについて丁寧に解説しています。
英語の微妙なニュアンスの違い

「完全版」「stop to」と「stop ing」の違いや使い分けをわかりやすく解説

「Stop to talk」「Stop talking」あなたはこの違いがわかりますか?「Stop to」と「Stop ing」では意味が180°変わります。しかし、これらの違いを理解するのはとても簡単。当記事では、「Stop to」と「Stop ing」の違いや使い分けをわかりやすく解説していますのでぜひご覧ください。
英語の微妙なニュアンスの違い

【実際を表す】「actually」と「in fact」の違いや使い分け

「彼女とても天才で、”実際に”クラスで一番賢いんだって」あなたはこのとき、”actually”と”in fact”のどっちを使うかわかりますか?”actually”と”in fact”には実は微妙な違いがあるので、今回はその違いについて解説していきます。
英語の微妙なニュアンスの違い

【簡単】「give up」と「give in」の違いや使い分けをわかりやすく解説

「Give up smoking」「Give in smoking」あなたはこの違いがわかりますか?”give up”と”give in”は両方とも「諦める」という意味ですが、ニュアンスが全然違います。使い方を間違えるとまったく違う意味として捉えられるので、しっかり”give up”と”give in”の違いを理解しましょう。
英語の微妙なニュアンスの違い

【簡単】「start」と「begin」の違いや使い分け方をわかりやすく解説

「He started working」「He began working」あなたはこの違いがわかりますか?”start”と”begin”はどちらも「始める」という意味の動詞です。”start”と”begin”にはそれほど意味の違いはないが、実はそれぞれに好まれる状況があるので今回はそれについて解説します。
英語の微妙なニュアンスの違い

「between」と「among」の違い|between=2つの間、among=3つの間じゃない??

「There is a cat between trees」「There is a cat among trees」あなたはこの違いがわかりますか?学校では、「between=2つの間」「among=3つ以上の間」という意味で習ってきたと思います。しかし実際はそのような違いではないので注意しましょう。
英語の微妙なニュアンスの違い

【攻略】「beside」と「besides」の根本的な意味はそれぞれ1つだけ

”beside”と”besides”は「s」がついただけなのに意味が大きく違います。とは言ってもそれぞれの根本的な意味は「1つ」だけ。これを覚えてしまえば超簡単です。当記事は、”beside”と”besides”の根本的な意味について解説していますのでぜひご覧ください。
英語の微妙なニュアンスの違い

【比較】前置詞「to」と「for」の違いをわかりやすく一言で解説

「I took an airplane to Japan」「I took an airplane for Japan」あなたはこの違いがわかりますか?”to”と”for”には用法がありすぎて、どっちを使えばいいのかわからなくなります。当記事では、”to”と”for”の違いを「一言」でわかりやすく解説していますのでぜひご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました