英語学習の本を何冊も読んでやっと見つけた、過去の自分にどうしても読んでほしい本

おすすめの英語の参考書

今まで英語学習のために

「英単語」「英文法」「英作文」「TOEIC」

「TOEFL」「東大英語総講義」「日常英会話」

など色々な本を何十冊も読んできました。

 

 

でもやはり、

英語がまだ得意じゃなかった高校生のときは、

本を自分で買って勉強したことがなかったので

どの本を買えばいいのかとても迷いました

 

 

ネットで調べたり先生に聞いたりしましたが

お金と相談して断念することも…

 

 

高校生のときはお金を持ってなかったので、

本選びに失敗したくない気持ちが強すぎて

全然選べなかったのを今でも覚えています。

 

 

そんな僕が3ヵ国留学を経験した今、

過去の自分にもし紹介するならどの本を勧めるか

を真剣に考えた結果

たどり着いた本を今日紹介したいと思います。

 

 

まだどの参考書にしようか悩んでいる方は、

ぜひ参考にしてください。

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

TOEICは930点持っています。


今はブログやツイッターで、

留学で培った経験を発信しています。

 

 

上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

Distinction2000


結論から言うと、

僕が一番良かったと思う本は

Distinction2000(単語帳兼フレーズ)

です。

 

 

「Distinction2000」の著者ATSUさんは

TOEIC満点、英検1級、IELTS8.5点、TOEFL114点

米国公認会計士、豪州勅許会計士、豪州永住権保持

などの資格を持っているほぼ「ネイティブ」。

 

ユーチューブやツイッターなどでも

人気が高いです。

【Youtube】Atsueigo

【Twitter】ATSU

 

 

また、本書はATSUさんの他に

アメリカ人8人、イギリス人1人、オーストラリア人1人の

計11名で書かれた名著となっています。

 

 

まず英語初心者のころ

参考書を買う上で意識すべきこと

・楽しめるか
・見るだけでやる気が起こるか
・わかりやすいか
・基礎がしっかりわかるか
・英語の本質が理解できるか
・海外でも使える表現か
・信用できる著者か

です。

 

 

ただ英語初心者のころ、

何がわかりやすくて何が海外でも使える表現か

など言われても全くわからないですよね。

 

 

僕も「中国語」全く勉強したことないのに

中国語の参考書を見て、

何がわかりやすくて何が海外でも使える表現か

など絶対にわかりません。

 

 

ただ僕たち初心者でも、

1つだけわかることがあります。

 

 

それは「著者の信用度」です。

 

 

全く知らない人から買うより、

信用してる人から買うと安心ですよね。

 

 

今回僕がおすすめした本の著者ATSUさんは、

自分の成績や個人情報などを

しっかりユーチューブやツイッターで

開示しているのでとても信用できます。

 

 

また著者だけでなく、

多くの人がDistinction2000を使ってるため

内容も信用できると言えるでしょう。

※ツイッターで「Distinction2000」と調べるとわかる

 

 

一応参考までに、

僕的本書の一番良かったところは

・デザインのきれいさ
・ネイティブがよく使う表現を抜粋している
・学生のときに気づかなかった英語の本質がいっぱい書かれている
・受験英語・日常英語・ビジネス英語・時事英語など幅広い分野の内容が網羅されている
・日本の参考書ではなかなか出会わない海外でよく使われる表現がまとめられている

です。

(本の内容は著作権関係でお書きできないのでご了承ください)

 

 

僕は「Distinction2000」を留学後に読みましたが、

もっと早く見つけていればと

リアルに後悔しています。

 

 

留学前に見つけていれば

語学学校でもっと高いクラスに行けたし

留学先でいい仕事も見つけきれただろうに

 

 

もったいない。

 

 

本書は英語を早く身につけたい方には

非常におすすめの本です。

 

 

値段が¥2,640円と少しお高いですが、

将来の自分への投資だと思って

読んでみる価値はありますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました