【英語初心者必見】英会話を上達させるためのちょっとしたコツ|主導権を握ろう!

ネイティブへの道

当記事は、

「英語で会話が続かない」
「英語で質問されてもうまく返せない」

という方向けの記事です。

 

 

英語で誰かと会話してると、

相手の言ってることが全然わからなくて

あたふたした経験はありませんか?

 

 

「Sorry?」と聞き返しても、

結局 相手が何言ってるのかわからず

ずっと愛想笑いするしかなかった

という人もいるでしょう。

 

 

このやりとり、

けっこうきついですよね

 

 

気まずいし、

自分の不甲斐なさが丸裸になるし…

 

 

しかし、こういった人でも

英会話に必要なちょっとしたコツを知れば

ぜんぜん余裕で英会話が上手になります

 

 

当記事では、

その英会話に必要なちょっとしたコツを

紹介していますのでぜひご覧下さい。

 

 

 

結論から言うと、

英会話に必要なちょっとしたコツは

 

①会話の主導権を握る
②相槌を制す
③返事の法則を覚える

 

です。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

TOEICは930点持っています。


今はブログやツイッターを軸に、

留学で培った経験を発信しています。

 

上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

英会話に必要なちょっとしたコツ①(会話の主導権を握る)


英会話に必要なちょっとしたコツ

1つ目は「主導権を握ること」です。

 

 

英語で会話をするとき大変なのは、

 

・相手の言ってることがわからない
・もしわかっても、相手の質問にどう返事したらいいかわからない

 

ことですよね。

 

 

相手に会話の主導権を握られていると、

上のような状況が

頻繁に起こってしまいます。

 

 

つまり、

こっちが会話の主導権を握ることで

相手から質問を受ける機会を減らし

会話を自分に有利に展開する必要があります

 

 

例えば、

具体的にどうすればいいのか

見ていきましょう。

先にあいさつする


まず最初にすべきことは、

相手に会ったとき

こちらから先にあいさつすることです

How are you?
(調子はどう?)

 

 

ここで相手に先にあいさつされると、

自然な流れで「週末どうだった?」など聞かれ

相手に会話の主導権を握られます。

 

 

すると、

返答を準備してなかったことを質問され

返事にあたふたしてしまうでしょう。

 

 

そうならないためにも、

まず自分からあいさつする

 

 

これを徹底します。

 

 

また、自分からあいさつすることで

相手が自分の発音や雰囲気から

自分の英語力を読み取ってくれるので、

難しいことを質問してこなくなります。

先に質問する


先にあいさつができたら、

自然な流れで質問しましょう

僕:How are you?
   (調子どう?)

相手:Good, how are you?
   (いいよ。あなたは?)

僕:Good. How was your weekend?
  (いいよ。週末はどうだった?)

 

 

こっちから質問することで、

その後はぶっちゃけ

相手の返答を聞いとくだけでよくなります

 

 

つまり、

もし相手の言ってることがわからなくても

こっちがあたふたすることはないです。

 

 

だって聞いてるだけなので。

 

 

また、最初に質問するのは自分なので

話題も自分よりに合わせることができます

 

 

例えば、

相手が週末のことについて話終わったら

相手は逆に「週末はどう?」と

聞き返してくるでしょう。

 

 

しかし週末はどう?は、

自分が最初にした質問なので

事前に返答を準備することができますよね

 

 

つまり、先にあいさつすることで

前もって準備していた質問を先にすることができ、

会話を自分の有利な展開にもっていけると言う訳です。

 

 

すると、

 

・英語で会話が続かない
・英語で質問されてもうまく返せない

 

と悩むことは減るでしょう。

英会話に必要なちょっとしたコツ②(相槌を制す)


英会話に必要なちょっとしたコツ

2つ目は「相槌を制すこと」です。

 

 

会話の主導権を握って

こっちから質問できたとしても、

相手の返答に相槌できなかったら

結局会話がぐだぐだになってしまいます。

 

 

相手の話をしっかり聞いているよと

言わんばかりに、

相槌をマスターしましょう。

 

 

とは言っても、

相槌は状況に応じてたくさんあります

 

例:

なるほど!と言うとき】

I see
right
Exactly

 

わかった!と言うとき】

I get it
Got it
understand

 

うそでしょ?と言うとき】

Really?
Are you kidding?
Are you serious?

 

 

しかし、こういった

すべての相槌の仕方を状況に応じて

覚えるのは大変ですよね。

 

 

当記事では、そんなこと一切覚えずに

どんな場面でも使える

便利な相槌の仕方をお教えします

 

 

それは

 

「相手の言ったことをそのまま返す」

 

という方法です。

 

 

どういうことかと言うと、

例えば相手が「私3歳の娘がいる」と

話して来たとしましょう。

I have a three-year-old daughter

 

 

ここであなたは

ただ相手の言葉を借りて

three-year-old?
(3歳の?)

daughter?
(娘?)

のどちらかで返すだけです。

 

 

相手の立場で考えるとわかりますが、

自分の言ったことを

そのまま相手が言ってきたら、

あっこの人ちゃんと僕の話聞いてる

となりますよね。

 

 

だって、相手の話を聞いてないと

相手の使ってる言葉を

そのまま使えないからです。

 

 

さらにこの方法は、

ただ相手の言葉を真似てるだけなので

とても簡単です。

 

 

英語だけでなく

日本で誰かと話すときにも使える方法なので

ぜひ使ってみてください。

英会話に必要なちょっとしたコツ③(返事の法則を覚える)


英会話に必要なちょっとしたコツ

3つ目は「返事の法則を覚えること」です。

 

 

あなたは今、

先にあいさつをすることで主導権を握り

返答に対しての相槌の仕方を覚えました。

 

 

しかしこれができたとしても、

万が一相手に準備してなかった

質問をされたらどうしましょう。

 

 

ここで返答できず

あたふたしてしまったら、

意味がないですよね。

 

 

会話ではそこまで

想定しておく必要があります

 

 

結論、万が一相手に準備してなかった

質問をされたときのために

「返事の法則」を覚えましょう。

 

 

相手の質問に

最低限の返答をするには、

返事の法則を覚えることが効果的です。

 

 

では返事の法則とは

いったいなんでしょうか。

 

 

返事の法則とは、

相手の質問に合わせて

適切な文章を組み立てることです

 

 

 

例えば相手が「be動詞+あなた」

Are you good?

で聞いてるなら、

こっちは「私+be動詞」

I am good

で返さなければなりません。

 

 

相手が「一般動詞+あなた」

Do you play soccer?

で聞いてるなら、

こっちも「私+一般動詞」

I play soccer

で返さなければなりません。

 

 

相手が「過去分詞+あなた」

Have you been to Japan?

で聞いているなら、

こっちも「私+過去分詞」

I have been to Japan

で返さなければなりません。

 

 

 

このように、相手の質問に合わせて

適切な文章を組み立てることが

返事の法則」です。

(↑名前は作りました)

 

 

返事の法則を使いこなせれば、

英文の最初「主語+動詞」は

何も考えずに出てくるので、

あとはその後ろを補うだけ。

 

 

1から英文を組み立てるより

断然マシですよね。

 

 

万が一相手に準備してなかった

質問をされたときにあたふたしないよう、

最低限「返事の法則」はマスターしておきましょう

まとめ


今回の内容をまとめると、

 

「英語で会話が続かない」
「英語で質問されてもうまく返せない」

 

という悩みを克服するためには、

①会話の主導権を握る
②相槌を制す
③返事の法則を覚える

の3つをマスターしましょう。

 

 

これらをマスターすれば今まで以上に

会話をスムーズに展開でき、

あっ英語力がいつの間に上がってる

と実感することができます。

 

 

しかし、上の方法を

すぐ友達に試すのは難しいですよね。

 

 

実際に僕はこの方法を、

友達ではなく自分のペースで会話を展開できる

オンライン英会話で培いました

 

 

オンライン英会話は

英会話スクールの1/10の価格と安く、

今の時代には英語上達に欠かせないツールです。

 

 

また英会話は

分からない文法なども聞き放題なので、

会話の仕方だけでなく

文法力もかなり身につきます。

 

 

興味ある方は

ぜひ試してみてください↓

超英語初心者におすすめのオンライン英会話スクールは?…結論「DMM英会話」

レアジョブとDMM英会話をどこよりも詳しく比較してみた|参考までに

 

 

 

また、当記事について何か質問があれば

気軽にツイッターのDMにでも質問ください。

さくりゅう🍌留学行く前に知っておきたかった英語

 

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました