【頑張って!は英語で?】ネイティブがよく使う表現15個を抜粋してみた

ネイティブへの道

当記事は、

「ネイティブが使う頑張って!の言い方を英語で知りたい」

という方向けの記事です。

 

 

英語には「頑張って!」という単語がないため、

「頑張って!」と友達などに言いたいとき

なんて言えばいいんだろうとなりますよね。

 

 

実は僕もその一人でした。

 

 

留学当時、就職の面接を受ける友達に

面接頑張ってよ!」って言いたかったけど

頑張っての単語がわからなくて

気持ちを伝えることができず…

 

 

そのあと家に帰り辞書で調べると、

「頑張って!」という単語が

英語にないことを知った僕。

 

 

そうなんです。

 

 

実はネイティブは

「頑張って!」と言いたいとき、

各場面ごとに適した単語で表現していました

 

 

当記事では、

その場面によって変わる「頑張って!」の

英語での言い方を解説していますので、

ぜひご覧ください。

 

 

 

結論から言うと、

「頑張って!」という英語は

 

Do your best

Good luck

Break a leg

I’ll keep my fingers crossed

You can do it

You got this

Keep it up

You are doing great

You’ll do great

Just do it

Go for it

Hang in there

Go 名前

Come on 〜

Have fun

 

の15個です。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

TOEICは930点持っています。


今はブログやツイッターを軸に、

留学で培った経験を発信しています。

 

上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

「頑張って!」の英語での言い方15選


先ほど結論で言った通り、

ネイティブがよく使う

「頑張って!」の言い方は15個あります

 

 

今回は、各場面ごとに分けて

これらの使い方を解説していきます。

Do your best(全力を尽くして)


まず頑張っての1つ目の言い方は

Do your best」です。

 

 

”Do your best”を直訳すると、

「あなたのベストを尽くして」

となります。

 

 

Do your bestは、

日本語でベストを尽くして!

と言うタイミングと

一緒のタイミングで使います。

 

例:

I finally reached the final
(ついに決勝戦に進んだよ)

Do your best
(全力を尽くしてね!→頑張って!)

 

 

ただ”Do your best”は、

アメリカ人の友達いわく

日常会話ではあまり使われないそうです。

 

 

一方、ニュージランドの友達は

よく使うと言っていたので、

国や地域によって使われる言葉が

変わることも覚えておきましょう

Good luck(幸運を祈る)


頑張っての2つ目の言い方は

Good luck」です。

 

 

”Good luck”を直訳すると、

「幸運を祈る」となります。

 

 

”Good luck”は

「頑張ってね!」に1番近い言葉で、

どんな場面でも使われます。

 

例:

I’m going to make a speech tomorrow
(明日スピーチをするんだよ)

Good luck
(幸運を祈るよ→頑張ってね)

 

 

また”Good luck”は、

 

「なになにを頑張ってね」
「どこどこで頑張ってね」

 

と言いたい場合

 

「Good luck on / with」
「Good luck in」

 

のように、

後ろに「on」「with」「in」を使って

表すことができます。

 

例:

Good luck on the exam
(テスト頑張ってね)

Good luck with your presentation
(プレゼン頑張ってね)

Good luck in America
(アメリカ行っても頑張ってね)

 

 

このように、

頑張ってねと言いたいときは

”Good luck”を使いましょう。

Break a leg(幸運を祈る)


頑張っての3つ目の言い方は

Break a leg」です。

 

 

”Break a leg”はもともとアメリカの演劇で

「幸運を祈る」という意味で使われていて、

それがどんどん広まり

世界中で使われるようになったそうです。

 

 

また”Break a leg”は

”Good luck”と同じ意味になります

 

例:

I’m going to make a speech tomorrow
(明日スピーチをするんだよ)

Break a leg
(幸運を祈るよ→頑張ってね)

 

 

注意点として、

”Break a leg”は「a leg」と

単数形で使わなければなりません。

Break a leg ◯

Break legs ×

 

 

また、

「Break your leg」「Break your legs」

などと言うこともできません。

I’ll keep my fingers crossed(幸運を祈る)


頑張っての4つ目の言い方は

I’ll keep my fingers crossed」です。

 

 

”I’ll keep my fingers crossed”は直訳すると、

「指を交差させる」となります。

 

 

 

指を上のように交差せることは、

海外で「幸運を祈るよ」という意味を表すことから

I’ll keep my fingers crossed=幸運を祈る

となります。

 

例:

You are taking an audition tomorrow, right? I’ll keep my fingers crossed
(明日オーディションを受けるんだよね。幸運を祈るよ→頑張ってね)

 

 

また「幸運を祈って」と

友達などにお願いするときは、

keep your fingers crossed」と

言うこともできるので覚えておきましょう。

You can do it(あなたならできる)


頑張っての5つ目の言い方は

You can do it」です。

 

 

”You can do it”を直訳すると、

「あなたならできる」となります。

 

 

”You can do it”は

諦めかけてる人にあなたならできるよ。頑張って

と言うときに使います。

 

例:

I failed the exam twice
(二回もそのテストに落ちたよ)

Don’t give up. You can do it
(諦めるな。あなたならできるよ→頑張って)

 

 

また”You can do it”は、

最初に「I know」「I’m sure」がついて

私はあなたができるの知ってるよ!

と言うことも多いです。

 

例:

I know you can do it

I’m sure you can do it

 

 

このように、

諦めかけてる人にあなたならできるよ。頑張って。

と言うときは”You can do it”を使いましょう。

You got this(You can do it)


頑張っての6つ目の言い方は

You got this」です。

 

 

”You got this”を直訳すると、

「あなたはそれを得た」となります。

 

 

ここで得たものは相手が頑張っていることで、

例えば相手の頑張っていることがTOEICだとしたら

「あなたはTOEICのスコアをもう得ているよ」

みたいな励ましの言葉として使われます。

 

 

ちょっとイメージしづらいですが、

要は”You can do it”とまったく一緒の意味です

 

例:

I failed the exam twice
(二回もそのテストに落ちたよ)

Don’t give up. You got this
(諦めるな。あなたならできるよ→頑張って)

Keep it up(続けて頑張って)


頑張っての7つ目の言い方は

Keep it up」です。

 

 

”Keep it up”を直訳すると、

「それを上げ続けて」となります。

 

 

”Keep it up”は、

調子がよく何かを続けて頑張っている人に対して

続けて頑張ってと言うときに使う表現です

 

例:

You did great job. Keep it up!!
(いい活躍だったね。このまま頑張って!)

 

 

また、相手が頑張っていることを

具体的に文に入れたいなら、

Keep up 〜」と言うことができます。

 

例:

Keep up the good work
(仕事その調子で頑張って)

You are doing great(よくやってるね)


頑張っての8つ目の言い方は、

You are doing great」です。

 

 

”You are doing great”を直訳すると、

「あなたは良い仕事してるね」となります。

 

 

”You are doing great”だけでは

褒めて終わりになってしまうので、

後ろに”Keep it up”をつけて

あなたは良い仕事をしてるね。続けて頑張って

と併せて使いましょう。

 

例:

You are doing great. Keep it up!!
(あなたは良い仕事してるね。頑張って!)

You’ll do great(あなたならできるよ)


頑張っての9つ目の言い方は、

You’ll do great」です。

 

 

”You’ll do great”を直訳すると、

「あなたなら上手くできるよ」となります。

 

 

”You’ll do great”は、

何かをやると決めた人に

あなたなら上手くできるよ。頑張って

と言うときに使います。

 

例:

Listen, I started a new business
(聞いて、新しいビジネス始めたってば)

Wow, really? You’ll do great
(わお、本当に? あなたなら上手くできるよ→頑張って)

Just do it(それをやるだけ)

頑張っての10個目の言い方は、

Just do it」です。

 

 

”Just do it”を直訳すると、

「それをやるだけ」となります。

 

 

”Just do it”は、

新しいことを始めようかどうか迷っている人に

それをやるだけだよ!やるしかないよ!

と言うときに使います。

 

例:

I’m thinking about whether to take the TOEIC test
(トーイックのテスト受けようか迷ってるんだよね〜)

Just do it
(それはやるしかないよ→頑張って)

Go for it(そのために行こう)


頑張っての11個目の言い方は、

Go for it」です。

 

 

”Go for it”を直訳すると、

「そのために行こう」となります。

 

 

”Go for it”は”Just do it”とまったく同じ意味で、

新しいことを始めようかどうか迷っている人に

それはやろう!やるしかないよ!

と言うときに使います。

 

例:

I’m thinking about whether to take the TOEIC test
(トーイックのテスト受けようか迷ってるんだよね〜)

Go for it
(それはやるしかないよ→頑張って)

 

 

よく、”Go for it”を

頑張ってねと言いたいときの

どんな場面でも使う人がいますが、

もうすでに始めている物事に対して

”Go for it”と言えないので注意しましょう

 

例:

I started a new business
(新しいビジネス始めたってば)

Go for it ×
(それはやるしかないよ→頑張って)

↑相手からしたら「いやもう始めてるわ!」となる

Hang in there(そこで持ちこたえて)


頑張っての12個目の言い方は、

Hang in there」です。

 

 

”Hang in there”を直訳すると、

「そこで持ちこたえて」となります。

 

 

”Hang in there”は

諦めかけてる人に対して

そこで持ちこたえて。頑張って

と言うときに使います。

 

例:

I don’t think I can pass the exam
(私にそのテストが受かると思わない)

Don’t give up. Hang in there
(諦めないで。そこで気持ちを持ちこたえて→頑張って)

Go 名前


頑張っての13個目の言い方は、

Go 名前」です。

 

 

”Go 名前”は

スポーツなどであなたが

応援している人に向かって使う言葉です。

 

 

例えば、野球の試合中

「イチロー選手」が打席に立ったときに、

Go ichiro
(いけ、イチロー)

と言います。

 

 

ここにはしっかり、

イチロー選手に頑張って欲しい気持ちが

含まれています。

 

 

このように、

スポーツなどであなたが

応援している人に向かって頑張ってと言うときは

”Go 名前”と言いましょう。

Come on 〜(しっかりしろよ〜)


頑張っての14個目の言い方は、

Come on 〜」です。

 

 

”Come on 〜”を直訳すると、

「しっかりしろよ〜」となります。

 

 

”Come on 〜”は

スポーツなどであなたが応援している人に向かって

しっかりしろよ〜。次は頑張れよ!

と言うときに使います。

 

 

例えば、友達の”Brain”が

野球の試合でエラーをしたときに

Come on Brain
(しっかりしろよブライアン→次は頑張れよ!)

と言えます。

 

ただ、「Come on 〜」には

しっかりしろよ〜とちょっと呆れた

ニュアンスが含まれているので

使い方には注意しましょう。

 

 

このように、

スポーツなどであなたが応援している人に向かって、

しっかりしろよ〜。次は頑張れよ!

と言うときは”Come on 〜”と言いましょう。

Have fun(楽しんで)

 

頑張っての15個目の言い方は、

Have fun」です。

 

 

”Have fun”を直訳すると、

「楽しんで」となります。

 

 

”Have fun”は

相手が緊張しているときなどに、

楽しんでやればいいんだよ!

と言うときに使います。

 

例:

I have English examination today
(今日英語のテストがあるんだよ)

Have fun. Just do it
(楽しんで。ただやるだけだよ→頑張って)

 

 

個人的に”Have fun”は、

他の頑張っての言い方よりも

相手にプレッシャーを与えない

良い言い方だと思います。

 

 

例えば、

”You can do it”や”Go for it”なんて言われると

「あっそっか頑張らんとな」と思うけど、

”Have fun”だと

「そっか頑張るけどまずは楽しめばいいんだな」と

気持ちが楽になります。

 

 

もしあなたが、

友達などに頑張ってと言うときは

”Have fun”を積極的に使ってみましょう

まとめ


今回に記事をまとめると、

頑張っての言い方は

 

Do your best(全力を尽くして

Good luck(幸運を祈る)

Break a leg(幸運を祈る)

I’ll keep my fingers crossed(幸運を祈る)

You can do it(あなたならできる)

You got this(You can do it)

Keep it up(続けて頑張って

You are doing great(よくやってるね)

You’ll do great(あなたならできるよ)

Just do it(それをやるだけ)

Go for it(そのために行こう)

Hang in there(そこで持ちこたえて)

Go 名前

Come on 〜(しっかりしろよ〜)

Have fun(楽しんで)

 

です。

 

 

日本語では頑張ってだけで

すべて片付けきれるものでも、

英語ではこのようにその場の状況に適した

具体的な意味の単語を使っています

 

 

 

これで、英語で頑張って!の

言い方の解説は以上です。

 

 

ご覧くださりありがとうございました。

 

もし、何か質問があれば

気軽にツイッターのDMに質問してください。

さくりゅう🍌留学行く前に知っておきたかった英語

 

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました