英語初心者が絶対にやってはいけない勉強法3つと最初にやるべき勉強法5つ

ネイティブへの道
英語初心者のための勉強法

当記事は、

「英語が全くできない人のための勉強法を知りたい」
「英語初心者がやってはいけない勉強法がなにかを知りたい」

という方向けの記事です。

 

 

英語に全く触れてこなかった英語初心者にとって、

英語はなにから勉強したらいいのか

逆になにから勉強するといけないのか

わからないですよね。

 

 

英語には、

単語、文法、リーディング、リスニングライティング、スピーキング

など様々な勉強法があります。

 

 

これらをさらに砕くと、

勉強法はもっとあるので

なにが英語初心者にあう勉強法かを

調べるのは難しいです。

 

 

それを解決するために今回は、

英語初心者が絶対にやってはいけない勉強法を3つ

お話して、それを踏まえた上で

英語初心者が最初にやるべき勉強法を5つ」を

僕が英語を話せるようになった

過去の体験に基づき詳しく解説します。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

 

日常生活だけでなくビジネス英語も理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

英語初心者が絶対にやってはいけない勉強法


英語初心者が絶対にやってはいけない勉強法は

 

・スピードランニング
・海外留学
・英会話スクール

 

です。

 

 

これからこれら3つについて

詳しく解説したいと思います。

英語初心者が絶対にやってはいけない勉強法1


まず英語初心者が絶対にやってはいけない

勉強法1は「スピードランニング」です。

 

 

英語の基礎ができていない初心者にとって、

英語をただ聞き流すだけのスピードランニングは

ほとんど意味がないと言えます。

 

 

なぜなら英語初心者は、単語や文法、発音などの

全ての基礎があまりわからないため、

英語がただの雑音にしか聞こえないからです

 

 

スピードランニングなどのリスニングの勉強は、

わかる単語がどういう発音なのかを

知るためにとても効果的です。

 

 

しかし、わからない単語が初心者

スピードランニングなどのリスニングの勉強法は

リスニング本来の効果を得られません

 

 

つまり、これらはある程度

基礎ができている人のための勉強法であり、

英語初心者が絶対に

やってはいけない勉強法と言えます。

 

英語のリスニングができない根本的な原因5つをネイティブと徹底調査

英語初心者が絶対にやってはいけない勉強法2


英語初心者が絶対にやってはいけない

勉強法2は「海外留学」です。

 

 

海外留学は、英語の基礎をできている人が

英語を話せるようになる最終段階として、

英語環境に身を置くために行くものだと

考えられています。

 

 

英語の基礎がない状態で行っても、

多少英語は上達しますが

非常に費用対効果が悪いです。

 

 

英語初心者が海外留学した時の

デメリットをあげてみると

 

・語学学校での授業が理解できない
・ネイティブの言っていることがほとんどわからない
・会話ができないので友達を作れない
・生活全てにおいて支障をきたす

 

などが考えられます。

 

 

逆にメリットをあげてみると

 

・多少英語が伸びる
・日本人友達ができる
・海外留学を経験できる

 

です。

 

 

これだけ見ても、海外留学は

英語初心者がやるべき勉強法には

適していないことがわかります。

 

 

もしあなたが、英語初心者なのに

海外留学をしようとしているのであれば、

一度立ち止まり、海外留学が

ほんとにベストな選択なのかを考えてみてください

 

 

参考までに留学体験談です↓

【体験談】フィリピン留学で”CG”というスパルタの学校に行ってきた

【体験談】オーストラリア”Greenwich English College”のメルボルン校について詳しく解説

英語初心者が絶対にやってはいけない勉強法3


英語初心者が絶対にやってはいけない

勉強法3は「英会話スクール」です。

 

 

これも、英語初心者が

海外留学に行かない方がいいのと同じで、

英語の基礎ができていない中

英会話スクールに通っても、

すぐに英語の上達は見込めません。

 

 

また、英語の基礎である単語や文法を

話しながら覚えるだけで、

高い金額を払わなければなりません。

 

 

英会話スクールの宣伝などに、

初心者でもすぐに英語が伸びる!」みたいな

キャッチコピーがありますが、

もちろん英会話スクールは

ほんとに英語初心者でも英語を伸ばせるとは思います。

 

 

しかし、

自分で参考書を買って勉強した方が効率がよく

お金がかからないのも事実です

 

 

それを理解した上で、

机に向かって勉強するのが苦手だから

英会話スクールに通うなら全然いいですが、

ただ何も考えずに英会話スクールに

通うのはおすすめしません。

 

 

それでも英会話スクールが気になる場合は、

下記事をご覧ください↓

英語初心者が最初にやるべき勉強法

英語初心者がやるべき勉強法


英語初心者がやるべき勉強法は

下の5つです。

 

①単語と文法
②イディオムを覚える
③リスニング
④発音
⑤たくさん話す

 

 

また勉強するときは、

これらを順番に勉強することが

重要になりますの。

単語と文法


どの言語を学ぶにしても、

絶対に欠かせないのが単語と文法です。

 

 

なぜなら、これら2つで

文が構成されているからです。

 

 

つまり、言語を学ぶ上で最優先に

勉強しなければならないものなので

単語と文法から勉強しましょう。

イディオムを覚える


単語と文法がある程度わかって、

次に勉強しないといけないことは

イディオムです。

 

 

イディオムとは、

2つ以上の単語を組み合わせることで

その言葉たちが本来持つ意味と

違う意味になることを言います。

 

 

初めて聞くイディオムは

ほとんど意味が理解できないので、

そのまま覚えてしまわなければなりません。

 

 

イディオムの例を出すと、

It’s a piece of cake

などがあります。

 

 

直訳すると

「ケーキの一切れ」という意味ですが、

意味は「とても簡単である」です。

 

 

全く違う訳になってますよね。

 

 

他にもイディオムはたくさんあるので、

単語と文法を学んだ後は

英語の色々な表現を覚えるために、

イディオムを覚えましょう。

リスニング


イディオムまで覚えてしまったら、

後は実践です。

 

 

今まで習った単語、文法、イディオムを

ネイティブが話したときに

瞬時に理解できるようにならなければなりません

 

 

これが理解できるようになると、

一般的に英語初心者ではなくなります。

 

 

海外留学もいけるレベルまで

英語力は高いはずです。

 

 

しかし、リスニングは

英語学習において非常に難関で、

そう簡単には伸びません。

 

 

私も、しっかりネイティブの英語が

聞けるようになるまで2年以上はかかりました

 

 

なんなら、実は今でも

聞き取れない時があります。

 

 

例えば、単語がわからないときや

強いアクセントで話された時は

聞き取れません。

(オーストラリアのアクセントは苦労しました)

 

 

しかし逆に言うと、それ以外は

しっかり聞き取れるようになりました。

 

 

ここからは僕の経験から、

私がしっかりネイティブのアクセントが

聞けるようになった勉強法を

3つ紹介したいと思います

 

 

それは、

ディクテーション英文を聞き、聞こえた英文を書き出す
オーバーラッピング英文を聞き、テキストを見ながら英文と同時に発声する
シャドーイング英文を聞き、テキストを見ずに、英文の約3秒後に真似をし発声する

です。

 

 

これらの方法は

上から順に難しくなっているので、

英語初心者の方であれば

「ディクテーション」から始めましょう。

発音


リスニングを勉強しながらやりながら

次にやることは「発音の勉強」です

 

 

学校で発音を習わないことから

発音の勉強を軽視しがちになりますが、

スピーキング力とリスニング力を伸ばすために

発音の勉強は非常に重要になってきます。

 

 

自分で話せる英語は

リスニングもできると言われていることから、

しっかりとしたネイティブの発音を身につけることで

英語がすらっと耳に入るようになります

 

 

発音の身につけ方は、

ツイッターやYoutubeの

英語ネイティブさんたちが無料で教えているので、

それらを参考にするといいでしょう。

 

 

ちなみこちらは

僕のツイッターアカウントで、

さくりゅう

僕のフォローしている人は英語のプロたちなので

そこから発音の先生を探すこともできます。

たくさん話す


発音まで勉強した後は

最後はたくさん話しましょう

 

 

実践の繰り返しで、

英語はほんとに話せるようになります。

 

 

 

みんなが”Thank you”や”Sorry”を使いすぎて

口から自然と出てくるように、

英語の色んな文章もたくさん話すことで

どの英文でも自然と口から出てくるようになります

 

 

英語の色々な文章の中でも特に、

中学英語レベルの表現は

すぐに口から出てくるように練習しましょう。

 

 

なぜなら、日常英会話の9割は

中学英語で成り立っている

言われているからです。

 

 

つまり中学英語をマスターすれば、

英語ペラペラへの近道になります。

まとめ

まとめ


今回の記事をまとめると、

英語初心者が絶対にやってはいけない勉強法を3つ

 

スピードランニング
→英語がただの雑音にしか聞こえない

 

海外留学
→費用対効果が悪い

 

英会話スクール
→自分で参考書を買って勉強した方が効率がいいし金銭面でも優しい

 

 

英語初心者がやるべき勉強法5つは

 

単語と文法
→言葉の根本

 

イディオムを覚える
→言葉の意味が変わるものは覚えないといけないため

 

リスニング
→聞けないと会話できないため

 

発音
→スピーキング力とリスニング力を伸ばすために非常に重要なため

 

たくさん話す
→自然とどの英文も口からでてくるようになるため

 

でした。

 

 

補足すると、

スピードランニング、海外留学、英会話スクールは

英語初心者がやるべき勉強法の

3つ目の段階であるリスニング」まで

身につけてから行うといいです。

 

 

英語初心者からネイティブになれるように

上記の勉強法をさっそく実践しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました