英語の微妙なニュアンスの違い

「I worry about」と「I’m worried about」の違いや使い分け

「I worry about my child」「I'm worried about my child」あなたはこの違いがわかりますか?「I worry about」と「I'm worried about」は現在形か受け身形かの違いですが、微妙に意味が違います。間違った使い方をすると、相手に違和感を感じさせてしまうので正しい使い方を覚えましょう。
英語の微妙なニュアンスの違い

【間違えやすい単語】「compliment」と「complement」の違いとは?

”compliment”と”complement”はTOEICでも出題されるややこしい単語たちです。単語をよく見ると、真ん中の文字が”i”か”e”かの違いだけ。しかし、”compliment”と”complement”は全然違う意味ですので、しっかりこれらの違いを見分けられるようにしましょう。
英語の微妙なニュアンスの違い

「also」「too」「as well」の正しい使い方|意味に違いはありません

あなたは「also」「too」「as well」の正しい使い方がわかりますか?これらの単語は、文頭・文中・文末の色んなとこで使われるため自信を持って使いこなせる人は少ないのではないでしょうか。当記事では、「also」「too」「as well」の正しい使い方を解説していますのでぜひご覧ください。
英語の微妙なニュアンスの違い

「all」と「whole」の違いをわかりやすく解説【結論→1つか複数か】

「All day」「the whole day」あなたはこの違いがわかりますか?「全体」を表す”all”と”whole”ですが実は微妙に意味が違います。とは言っても、”all”と”whole”に大きな違いはありませんので当記事だけでしっかりこれらの違いがわかるように解説しています。
英語の微妙なニュアンスの違い

「have to」と「have got to」の違いや使い分けを徹底解説

義務的に何かしなければならないと言うときに使う”have to”と”have got to”。あなたはこれらの違いがわかりますか?”have to”と”have got to”には微妙な違いがあるだけでなく、「過去形・未来形・否定文・疑問文」でしっかり使い分けをしなければなりません...
ネイティブへの道

【頑張って!は英語で?】ネイティブがよく使う表現を15選抜粋してみた

当記事は、「頑張って!の言い方を英語で知りたい」という方向けの記事です。英語には「頑張って!」という単語がないため、「頑張って!」と友達などに言いたいときなんて言えばいいんだろうとなりますよね。当記事では、場面に応じた「頑張って!」の英語での言い方を解説していますので、ぜひご覧ください。
英語の基礎

【必須】「but」の押さえておくべき3つの意味や使い方

学校では「but=しかし」と習ってきませんでしたか?ところが実際に会話で使われる”but”は「しかし」だけではありません。当記事では、「but」の押さえておくべき3つの意味や使い方について、わかりやすく解説していますのでぜひご覧ください。
英語の基礎

【必須】「kind of」の押さえておくべき3つの意味や使い方

学校で「kind of=種類」と習ってきませんでしたか?実際にそれは間違っていませんが、実はネイティブは”kind of”を違う意味で使うことが多いです。当記事では、「kind of」の押さえておくべき3つの意味や使い方について、わかりやすく解説していますのでぜひご覧ください。
英語の微妙なニュアンスの違い

【とても】「very」と「so」の違いや使い分けをわかりやすく解説

「I am very tired」「I am so tired」あなたはこの違いがわかりますか?「とても」を意味する”very”と”so”ですが、実は微妙にニュアンスが違います。使い方を間違えてしまうと相手に違和感を感じさせてしまいますのでしっかり使い方を区別しましょう。
英語の微妙なニュアンスの違い

「unless」と「if not」の違いや使い分け|unless=if notではない

あなたは、「unless」と「if not」の違いがわかりますか?少し昔の辞書に「unless=if not」と載ってたこともあり、この2つの違いに混乱している英語学習者は多いのではないのでしょうか。当記事では、「unless」と「if not」の違いについてわかりやすく解説していますのでぜひご覧ください。
タイトルとURLをコピーしました