英語の微妙なニュアンスの違い

【完全版】「another」「the other」「the others」「other(s)」の違いや使い分け

「another」「the other」「the others」「other(s)」あなたはこの違いがわかりますか?英語には「他に」という意味だけでこんなにたくさん言い方があります。今回はその違いを確実に理解するため、これらの違いについて詳しく解説していますのでぜひご覧ください。
ネイティブへの道

【英語初心者必見】英会話を上達させるためのちょっとしたコツ|主導権を握ろう!

当記事は、「英語で会話が続かない」「英語で質問されてもうまく返せない」という方向けの記事です。英語で誰かと会話してると、相手の言ってることが全然わからなくてあたふたすることがありますよね。当記事では、そういった悩みを解決するために英会話を上達させるためのいくつかのコツを紹介しています。
英語の微妙なニュアンスの違い

【上にある】「above」と「over」の違いや使い分け|動きと接触で判断

「The plane is above the city」「The plane is over the city」あなたはこの違いがわかりますか?”above”と”over”は日本語で「上にある」という意味です。当記事では、この「上」を意味する”above”と”over”の違いを、「動き」と「接触」という言葉を使ってわかりすく解説しています。
英語の微妙なニュアンスの違い

【完全版】「forget to」と「forget ing」の違いや使い分け

「I forget to eat breakfast」「I forget eating breakfast」あなたはこの違いがわかりますか?「forget to」と「forget ing」の違いはイメージで考えればとても簡単。当記事では、この”forget to”と”forget ing”の違いをわかりやすく解説していますのでぜひご覧ください。
英語の微妙なニュアンスの違い

【使役動詞】「make」「have」「get」「let」の意味や使い分け

「make」「have」「get」「let」は全て「〜させる」という意味ですが、それぞれ微妙にニュアンスが違います。「make」「have」「get」「let」は日常会話でよく使われるフレーズですので違いを確実に理解できるようにしましょう。結論から言うと、make→強制 have→義務 get→説得 let→許可です。
英語の微妙なニュアンスの違い

【〜かどうか】「if」と「whether」の違いや使い分けをわかりやすく解説

「〜かどうか」を表す”if”と”whether”は学校の試験やTOEICでもよく出てきます。ただ、”if”と”whether”の違いはややこしくて、”if”と”whether”の両方が使える場面もあれば、”whether”しか使えない場面もあります。当記事では、その”if”と”whether”の違いについて丁寧に解説しています。
英語の微妙なニュアンスの違い

「完全版」「stop to」と「stop ing」の違いや使い分けをわかりやすく解説

「Stop to talk」「Stop talking」あなたはこの違いがわかりますか?「Stop to」と「Stop ing」では意味が180°変わります。しかし、これらの違いを理解するのはとても簡単。当記事では、「Stop to」と「Stop ing」の違いや使い分けをわかりやすく解説していますのでぜひご覧ください。
英語の微妙なニュアンスの違い

【実際を表す】「actually」と「in fact」の違いや使い分け

「彼女とても天才で、”実際に”クラスで一番賢いんだって」 あなたはこのとき、 ”actually”と”in fact”の どっちを使うかわかりますか? ”actually”と”in fact”には 実は微妙な違いがあります...
英語の微妙なニュアンスの違い

【簡単】「give up」と「give in」の違いや使い分けをわかりやすく解説

「Give up smoking」「Give in smoking」あなたはこの違いがわかりますか?”give up”と”give in”は両方とも「諦める」という意味ですが、ニュアンスが全然違います。使い方を間違えるとまったく違う意味として捉えられるので、しっかり”give up”と”give in”の違いを理解しましょう。
英語の微妙なニュアンスの違い

【簡単】「start」と「begin」の違いや使い分け方をわかりやすく解説

「He started working here」「He began working here」あなたはこの違いがわかりますか?もしわからない人がいれば、当記事を読むことで”start”と”begin”の使い方が明確にわかり、ラーティングで正確な英文が書けるようになるでしょう。
タイトルとURLをコピーしました