ネイティブへの道

【頑張って!は英語で?】ネイティブがよく使う表現15個を抜粋してみた

実は英語には「頑張って!」という意味の単語がありません。ネイティブは「頑張って!」を各状況に応じて違った単語を使って表現します。当記事では、ネイティブがよく使う各状況に応じた「頑張って!」を表す単語を15個載せていますのでぜひご覧ください。
ネイティブへの道

【必須】「but」の押さえておくべき3つの意味や使い方

学校では「but=しかし」と習ってきませんでしたか?ところが実際に会話で使われる”but”は「しかし」だけではありません。当記事では、「but」の押さえておくべき3つの意味や使い方について、わかりやすく解説していますのでぜひご覧ください。
ネイティブへの道

【必須】「kind of」の押さえておくべき3つの意味や使い方

学校で「kind of=種類」と習ってきませんでしたか?間違ってはいませんが、実はネイティブは”kind of”を違う意味で使うことが多いです。当記事では、「kind of」の押さえておくべき3つの意味や使い方について、わかりやすく解説していますのでぜひご覧ください。
英語の微妙なニュアンスの違い

【とても】「very」と「so」の違いや使い分けをわかりやすく解説

「I am very tired」「I am so tired」あなたはこの違いがわかりますか?「とても」を意味する”very”と”so”ですが、実は微妙にニュアンスが違います。使い方を間違えてしまうと相手に違和感を感じさせてしまいますのでしっかり使い方を区別しましょう。
英語の微妙なニュアンスの違い

「unless」と「if not」の違いや使い分け|unless=if notではない

あなたは、「unless」と「if not」の違いがわかりますか?少し昔の辞書に「unless=if not」と載ってたこともあり、この2つの違いが明確でない英語学習者は多いのではないのでしょうか。当記事では、「unless」と「if not」の違いについてわかりやすく解説していますのでぜひご覧ください。
英語の微妙なニュアンスの違い

【完全版】「another」「the other」「the others」「other(s)」の違いや使い分け

「another」「the other」「the others」「other(s)」あなたはこの違いがわかりますか?英語には「他に」という意味だけでこんなにたくさん言い方があります。今回はこれらの違いについて分かりやすく解説していますのでぜひご覧ください。
ネイティブへの道

【英語初心者必見】英会話を上達させるためのちょっとしたコツ|主導権を握ろう!

当記事は、「英語で会話が続かない」「英語で質問されてもうまく返せない」という方向けの記事です。英語で誰かと会話してると、相手の言ってることが全然わからなくてあたふたすることがありますよね。当記事では、そういった悩みを解決するために英会話を上達させるためのいくつかのコツを紹介しています。
英語の微妙なニュアンスの違い

【上にある】「above」と「over」の違いや使い分け|動きと接触で判断

「The plane is above the city」「The plane is over the city」あなたはこの違いがわかりますか?aboveとoverは日本語で「上にある」という意味です。しかしただ上と言っても英語での言い方はいっぱい。当記事では、この”above”と”over”の違いをわかりやすく解説しています。
英語の微妙なニュアンスの違い

【完全版】「forget to」と「forget ing」の違いや使い分け

「I forget to eat breakfast」「I forget eating breakfast」あなたはこの違いがわかりますか?”forget”の後ろに、「to」と「ing」のどっちがつくかで微妙にニュアンスが違います。当記事では、この”forget to”と”forget ing”の違いをわかりやすく解説していますのでぜひご覧ください。
英語の微妙なニュアンスの違い

【使役動詞】「make」「have」「get」「let」の意味や使い分け

「make」「have」「get」「let」は全て「〜させる」という意味ですが、それぞれ微妙にニュアンスが違います。「make」「have」「get」「let」は日常会話でよく使われるフレーズですので違いを確実に理解できるようにしましょう。結論から言うと、make→強制 have→義務 get→説得 let→許可です。
タイトルとURLをコピーしました