セブ島留学って本当にいいの?セブ島の5校の学校で留学した経験に基づいて

留学体験談
セブ島

当記事は、

セブ島留学に行きたい
セブ島留学に行くメリットやデメリットについて知りたい

という方向けのサイトです。

 

 

英語を勉強したいけど、

海外留学に行くとなると

費用が非常に高いですよね。

 

 

しかしセブ島留学なら費用を安くで抑えられ

みっちり英語を勉強することができます。

 

 

ただセブ島留学って言っても

ほんとに英語上達するの…?

 

 

海外って危険じゃないの…?

 

 

とセブ島留学に対する不安がある人は

少なくありません。

 

 

また、セブ島留学行きたいけど

語学学校がありすぎてどうしよう…

 

 

と考えている人もいるでしょう。

 

 

当記事では、

セブ島の5校の学校で留学した経験から

セブ島留学のメリットやデメリットを交えて

そういった疑問にお答えします。

 

 

最後には、セブ島留学を成功させる方法まで

解説していますのでぜひご覧ください。

 

 

結論から言います。

 

 

セブ島留学をするメリット

・お金が非常に安い
・英語が全然話せなくても安心!
・外国人友達ができる

 

 

セブ島留学をするデメリット

・注意しなければ日本人とばかり遊んでしまう
・環境への対応が難しい
・英語だけを学びたい人にとって誘惑が多い

 

 

セブ島留学を成功させる方法

・勉強と遊びのメリハリをつけよう!
・EOPのある学校へ!

 

 

※はじめに私の経歴

私は、2018年4月にセブ島にある

「NILS」という語学学校の他、

「CG」「QQ English IT Park」

「KIRZIHIRA」など様々な学校に行きました。

 

 

この経験から、

セブ島留学について深掘りしていきます。

セブ島留学をするメリット3つ

お金が非常に安い


セブ島留学をする第一の理由として、

費用が非常に安いです。

 

 

フィリピンの物価は

なんと約日本の1/2~1/3の価格。

 

 

500mlのペットボトルなら約50円、

袋菓子なら約20〜30円で買うことができます。

 

 

なので、

フィリピン留学に持っていくお小遣いは

ほとんどの学校で食事が提供されることもあって

月2万円もあれば余裕で生活可能です。

 

 

私の場合スパルタの学校で、

平日は朝の8時から夜の8時まで授業を受け

「土日以外は外出禁止」だったこともあり、

 

土日毎日遊びに行って外食しても

月の出費は1万5千円以下でした

英語が全然話せなくても安心!

日本語サポート


セブ島の学校では、

英語が話せなくても全然大丈夫です。

 


なぜならセブ島の学校には日系人が多く、

みんな全く英語が話せない状態で入ってくるからです

 

 

生徒の9割以上が英語を上手に話せません。

 

 

中には、

「Thank you」や「Sorry」しか

話せない方もいて、

とても安心したのを覚えています。

 

 

さらに、

セブ島の学校には絶対と言っていいほど

日本人スタッフが在住しており、

なにかトラブルがあっても日本語で対応してくれます

 

 

私もトラブルが発生したとき

上手く英語で説明出来なかったため

現地の日本人に助けを求めました。

 

 

セブ島にいる日本人の先生は、

私みたいな英語がしゃべれない人たちを

「助けよう」という思いで

セブ島まで働きに来ているので、

みんな優しく丁寧に対応してくれるので安心です。

外国人友達ができる

セブ島の韓国人友達


セブ島の学校には、日本人はもちろん

韓国人、中国人、台湾人、ベトナム人を含め

多くのアジア人がいます。

 

 

みんな英語を学ぶ他、

観光も楽しみたい人が多いため

学校入ってすぐに友達を作ろうとします。

 

 

なので、

しゃべりかけると喜んで返してくれ

外国人の友達を作りたい人には

これほどない良い機会でしょう。

 

 

また、

外国人って本当に優しいの?

差別とかないの?

と疑問に思う方がいるかと思いますが、

 

語学学校にいる人たちは

事前に、どこの国の人が来るか分かって

学校を選んでいるので全く差別とかはありません。

 

 

なんならとても快く受け入れてくれます。

 

 

またセブ島で出会った人たちと

卒業しても連絡をとって、

旅行など一緒に遊びに行く関係になる人もいます。

セブ島留学をするデメリット3つ 

注意しなければ日本人とばかり遊んでしまう

allabout.co.jp

セブ島留学は日本人にとって非常に人気で、

行く学校によっては多くの日本人がいるかもしれません

 

 

留学中ずっと日本人と一緒にいてしまうと、

英語のスピーキング力が上達しないことや

外国人と友達になれる可能性を

無くしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

 

 

ただ、現地では

初めて経験することも非常に多いので、

相談できる日本人友達を

作っておくことも重要になります

 

 

この境目は自分でしっかり持ち、

お互いに支え合える日本人友達を作りつつ

多くの外国人と接するようにしましょう。

環境への対応が難しい


セブ島留学で

一番気をつけなければならないのは

この環境への対応です。

 

 

セブ島は日本のように

春夏秋冬がありません。

 

 

季節は、

夏季と雨季の2種類しかない

と言われるほど

1年中暑く雨が降っています。

 

 

また、

セブ島の水は決して安全とは言えず

私を含め多くの日本人が

お腹を壊していました。

 

 

にも関わらず、トイレの数は少なく

トイレットペーパーまで

完備されているところは

ほとんどありません。

 

 

自分でトイレットペーパーを

持ち歩かなければならないのも

ここの暮らしの1つです。

英語だけを学びたい人にとって誘惑が多い

セブ島

セブ島はリゾート地なので

誘惑が非常に多いです。

 

 

ビーチやショッピングモールだけでなく、

お酒が非常に安いことから

みんなで飲みに行くことが多々あります。

 

 

周りには、

遊び目的で留学している方も

少なからずいるので、

その友達に流され付いて行ってしまうと

自分の想像以上に遊んでしまいます。

 

 

それにも屈しない

自制心が必要になるでしょう

セブ島留学を成功させる方法2つ

勉強と遊びのメリハリをつけよう!

セブ島留学の失敗談として、

授業より遊びを優先させてしまった

ケースがほとんどです。

 

 

平日は勉強して休日は遊びに行くなど

メリハリをつけれる人でないと、

セブ島留学を成功させするには難しいです。

 

 

もし自分でメリハリをつけるのが

難しいのであれば、

スパルタの学校に行って

無理やり勉強できる環境を作りましょう

EOPのある学校へ!

EOPとは、

English Only Policy」の略語で、

日本語だけでなく、

母国語の使用を禁止することを言います。

 

 

授業中はもちろん、

休憩時間や寮の中にいる時間も

母国語が禁止されます。

 

 

日本人同士でも

英語で会話しなければならないので、

英語を話す恥ずかしさがなくなる他

確然と英語力が上がります。

 

 

もしセブ島留学を検討しているなら、

この「EOP」のある学校へ行きましょう。

まとめ


セブ島留学は

 

「安くで留学したい」
「英語力が低くてもウェルカムな学校に行きたい」
「外国人友達が欲しい」

 

という方は是非行くべきです。

 

 

逆に

 

「環境の変化に耐えられない」
「誘惑に負けてしまう」

 

という方には向いてないかもしれません。

 

 

もし、当記事を読んでセブ島留学について

もっと詳しく知りたい方がいれば、

私が行った学校のなかで総合的に良かった

「NILS」という学校に

問い合わせてみるといいでしょう。

 

あなたの疑問に

分かりやすくお答えしてくれます↓

フィリピン政府公式認定 語学学校NILS

コメント

タイトルとURLをコピーしました