英語の比較級を強調させる「much」「by far」「even」の使い分け方とは

英語の比較級の強調用法 英語の微妙なニュアンスの違い
英語の比較級の強調用法

英語の比較級とは

「私はあなたより美しい」など

2つ以上のものを比べるときに使う表現です。

 

例えば、

「私はあなたより美しい」は比較のmoreを用いて

→I am more beautiful than you

と言います。

 

 

比較級についてわからない方は

下記事をご覧下さい↓

英語の比較級についてこの一記事だけで理解できるよう網羅的にまとめました

 

 

そして英語の比較級について勉強していると、

必ず出くわすのがこれから話す

比較級の強調」です。

 

 

比較級の強調は名前の通り、

比較級の意味を強調させるときに使います。

 

 

例えば、先ほどの例文「私はあなたより美しい」

I am more beautiful than you

を強調させて、

 

「私はあなたより”はるかに”美しい」としたいのであれば、

比較級を強調する表現”much”を使って

I am much more beautiful than you

と言うことができます。

 

 

比較級の強調は非常に簡単ですので、

パパッと覚えて当記事を閉じてください。

 

 

では早速どうぞ。

比較級の強調

比較級の強調
比較級の強調


先ほど述べた通り、

比較級を強調するには「much」などの

比較級を強調する言葉を使います。

 

 

例えば”much”の他に

 比較級の強調      意味   
by far はるかに
a lot・lots はるかに
even・still・yet いっそう

も比較級を強調する言葉です。

 

 

ただし、それぞれで使えるときの条件が違うので

これから詳しく解説していきます。

much


muchは冒頭の例文のように、

比較級の前に置いて強調の文を作ります。

 

 

例えば「私は彼より”はるかに”強い」

と言う時は、強調のmuchを使って

I am much stronger than him(he)

となります。

 

 

ここで疑問として、

「比較のthanの後ろってhim?he?」

という声がよく上がりますが、

後ほど解説したいと思います。

by far


be farもmuchと同じで、

比較級を強調させる言葉です。

 

 

by farは文中に

下の2パターンの置き方があります。

 

・比較級の後ろにつける
・「the+比較級」の前につける

 

 

例えば、

「私は彼女より”はるかに”背が高い」と言うときは

比較級の後ろに強調のby farをつけ

I am taller by far than her(she)

と言うことができます。

 

 

もちろん、強調のmuchを使って

I am much taller than her(she)

と言うこともできます。

 

 

また、

「私は3人の中で”はるかに”背が高い」と言うときは

theが付く比較表現の前にby farをつけ

I am by far the taller of the three

と言うことができます。

 

 

もちろん何にでも使える強調の「much」を使って

I am much the taller of the three

と言うこともできます。

a lot・lots


a lot・lotsも

比較級を強調させる言葉で、

a lot・lotsは比較級の前につけます。

 

※しかし、thanの後ろに名詞ではなく

文などが来る際は使えなくなる。

 

 

例えば、先ほどの例文をそのまま借りて

「私は彼女より”はるかに”背が高い」と言うときは

強調のa lot or lotsを使って、

I am a lot taller than her(she)
      or
I am lots taller than her(she)

と言うことができます。

 

 

しかし、

「私は10年前よりも”はるかに”可愛いです」と言うときは

I am a lot cuter girl than I was 10 years ago ×

とは言えません。

 

 

なぜなら先ほど述べた通り、

thanの後ろに名詞ではなく

普通の文がきているからです

 

 

上の文はmuchを代わりに使って

I am much cuter girl than I was 10 years ago

と言ってあげましょう。

even・still・yet


even・still・yetも比較級を強調させる言葉で、

比較級の前に置き、「いっそう」と訳します。

 

 

例えば「私は彼女より”いっそう”背が高いです」と言う時は、

I am still taller than her(she)
I am even taller than her(she)
I am yet taller than her(she)

と言います。

 

 

いっそうと言うことは、彼女も実際は背が高くて

でもそれよりいっそう私の背の方が高いと言うことです。

 

 

つまり、彼女も高くて私も高いです。

 

 

しかし先ほど解説した

「much・by far・a lot・lots」だと

「私は彼女より”はるかに”背が高いです」となるので、

彼女の背が高いかどうかはわかりません

 

 

ただ、私と彼女の背の高さは大きく違う

ということだけを表しています。

 

 

この2つの違いはしっかり理解しましょう。

thanの後ろってhim?he?

heとhim
heとhim


先ほどの例文「私は彼より”はるかに”強い」

I am much stronger than him(he)

のthanの後ろはhim?he?という問いの答えは、

 

himでもheでもどちらでもいい」です。

 

 

昔は、英語のthanは元々接続詞であり、

接続詞の後ろには「主語+動詞」が続くため

thanの後ろは主語になるheが正解と言われていました。

I am much stronger than he is strong

略して、

I am much stronger than he

 

 

しかし、文末に主語の”he”が来ることに違和感を感じる人や、

thanを前置詞と誤解して目的格の”him”を使う人が増えたため

I am much stronger than him

が現在ではむしろ一般的な表現とされています。

 

 

そして、

その変化に伴いthanの品詞の辞書の記載も

 

古い辞書→「接続詞」のみ
・新しい辞書→「前置詞」「接続詞」の順

 

に変化しました。

 

 

時代と共に言葉も変化しています

 

 

実際にネイティブの友達に

thanの後ろはhimを使う?heを使う?

と聞いてみたところ、

後者(he)は古い感じがするので前者(him)を使う」と

言っていました。

 

 

だが、テストではどちらでも正解なので

どちらかを書きましょう。

まとめ

まとめ
まとめ


英語の比較級を強調する

「much・by far・a lot・lots・even・still・yet」は

だいたいが比較級の前に置かれます(by far以外)。

 

 

また、

「much・by far・a lot・lots」と

「even・still・yet」は

若干意味が変わってきますので正確に覚えましょう。

 

・much・by far・a lot・lots→はるかに
・even・still・yet→いっそう

 

 

than の後ろは

主格でも目的格でもどちらでもいいですが、

現在は一般的に目的格が使われるようになっています。

 

 

以上が、英語の比較級の強調用法でした。

 

 

文法を勉強している方のために他にも、

「動詞・形容詞・副詞・前置詞」などを

詳しく解説しているので、

ぜひ下記事からご覧ください↓

英語の動詞を隅々まで深ぼりして解説してみた

英語の形容詞って意外と奥深い…副詞との見分け方までわかりやすく解説

英語の副詞をきれいさっぱりに理解するためにわかりやすく解説

英語の前置詞をイメージで覚えよう!前置詞25個を一言で解説

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました