【So do I】私もです!って返事に「me too!!」しか言えない人は幼稚だと思われるかも…

英語の微妙なニュアンスの違い

友:I love my mother

僕:So do I

上のような表現を見たことがありますか?

 

 

見たことない方、

見たことあるけど意味がわからない方、

今回はネイティブ英語に近づくために

上の表現をわかりやすく解説いたします。

 

 

「me too」は今日で卒業しましょう!

 

※と言いつつも、me too はよく使います。

 So do I の表現を覚えましょう。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

TOEICは930点持っています。


今はブログやツイッターを軸に、

留学で培った経験を発信しています。

 

上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

So do I の意味とは


So do I の意味は、

タイトルで既にわかったと思いますが

私もです!」という意味です。

 

 

いわゆる「me too!!」と一緒ですね。

 

 

なので先ほどの例文を訳すると、

I love my mother
(母親が大好きです)

So do I
(私もです)

となります。

 

 

何事にも「me too!!」ばっか使っていると

幼稚な印象を与えてしまうので、

たまには語彙力があるんだぜと言わんばかりに

「So do I」を使ってみましょう。

 

 

ちなみに「So do I」の真ん中

「do」の部分は文によって変わります

 

 

例えば、先ほどの

I love my mother

は動詞”love”が一般動詞なので、

そのまま真ん中は一般動詞の「doで大丈夫です。

 

 

ただし、

I loved my mother

のように動詞が過去形だった場合は

「So did I」とこちらも過去形にしましょう。

 

 

また、

I am a teacher

だと動詞がbe動詞の”am”になっているので、

返答もちゃんと「So am I」と

”am”に変えなければなりません。

 

 

同様に

I was a teacher

だと「So was I」にします。

 

 

簡単ですよね。

相手の動詞に合わせて

ただこちらの動詞も変えるだけです

 

 

では応用として、

So have I

と返す時は相手が

どんな質問をした時でしょうか。

 

考えてみましょう。

 

 

ちょっと難しいかも…

 

 

 

 

答えは、

I have been to America
(アメリカに行ったことあります)

So have I
(私もです)

のような過去分詞形のときです。

 

 

過去分詞を作るときの動詞は「have」しかないので、

過去分詞の文は全て「So have I」で返します。

 

 

ただし、助動詞がある文は

動詞ではなく助動詞を取るので注意しましょう

I can swim
(泳げます)

So can I
(私もです)

 

He should study English
(彼は英語を勉強すべきね)

So should I
(私もです)

 

I must go to school
(学校に行かなければならない)

So must I
(私もです)

 

I will go shopping
(買い物に行く予定)

So will I
(私もです)

 

 

 

ちなみにこういった文も作れます。

Brain is married
(ブライアンは結婚してるよ)

So is John
(ジョンもよ)

 

 

つまりは、動詞を一致させて対象を適当に変えれば

返答する文がなんでも作れるということです。

まとめ


今回の記事をまとめると、

 

❶私もですと共感するときは

「me too」だけでなく

「So 動詞 人」の表現を覚える

 

❷中の動詞は、

相手の使った言葉に合わせる

 

❸最後の人は、

自分じゃなくて他の人を入れてもい

 

でした。

 

 

 

今回の内容は

海外でもよく使われる表現なので、

ぜひ当記事で少しでも

覚えていただけると幸いです。

 

 

ご覧くださりありがとうございました。

 

もし、何か質問などあれば

気軽にツイッターに質問してください。

さくりゅう🍌留学行く前に知っておきたかった英語

 

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました