”I see”は卒業しよう!「わかった!」ってネイティブは英語でなんて言う?

英語の微妙なニュアンスの違い

Please open the door

Got it

上のような表現を見たことがありますか?

 

 

見たことない方、見たことあるけど意味がわからない方、

今回は1つ上の英語力を目指すため

上の表現をわかりやすく解説いたします。

 

 

「I see」は今日で卒業しましょう!

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリア

に1年間留学し、

オーストラリアでは仕事をしていました。

 

 

日常生活だけでなく

ビジネス英語もある程度は理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

わかった!をネイティブは英語でなんて言う?

結論から言うと「Got it」は「わかった」という意味で、

他にも「わかった」は複数の言い方があります。

I understand
understood
That makes sense
No problem
All right
OK
I got you
I got it
Got it
Gotcha


いや待て待て、こんなにたくさん

「わかった!」の言い方あるのに、

覚えれるわけないよ!!

って方、大丈夫です。

 

 

これから上記の英語を

どの場面で使えるのか説明するだけでなく、

本当にその場面に出会った時にちゃんと使いこなせるよう

単語の意味までしっかり解説していきます

 

 

終わりには、ここには載ってない「わかった!」と訳す英単語も、

しっかり自分で区別できるようになっているかと思います。

 

 

まず「わかった!」と返事するのは以下のような場面です。

 

・答えや内容がわかったとき
・お願いをされたとき
・どんな場面でも使えるとき

 

 

例:

・答えや内容がわかったとき

Do you know the answer?
(答えわかる?)

わかった!

 

・何かをお願いされたとき

Can you take that pen please?
(あのペンを取ってくれませんか?)

わかった!

答えや内容がわかったとき

答えや内容がわかったと言うときは、

I understand
understood
That makes sense
All right
No problem
OK
I got you
I got it
Got it
Gotcha

上の3つを使います。

 

 

これらの単語の意味を考えると、

I understand(理解している→わかった)
understood(理解した→わかった)
That makes sense(感覚を作る→答えに対して感覚を作る→理解した)


です。

 

 

意訳すると「わかった」となりますが、

単語の元々の意味は「理解した」になります

 

 

つまりこれらは、答えや内容がわかったときに

「理解した→わかった」と使うのが適しているのがわかります。

(重力加速度は約9.8m/s2です。 理解した ◯)

逆に、お願いをされたときに「理解した」は

文脈的におかしくなるので使えません。

(これ運んでもらえますか? 理解した! ×)

 

 

例:

Do you know what I mean?
(私の言っていることわかる?)

I understand
(理解しているよ→わかっているよ)



I have to leave soon.
(そろそろ行こうね)

understood
(理解した→わかった)

↑アニメNARUTOを英語版で見ると、
 よくサスケ君が「understood」って言ってます。



I don’t wanna go with you because you smoke.
(あなたタバコ吸うから、一緒に行きたくない)

What!? but that makes sense
(なんだと?まぁ理解できるけど→わかった)

お願いをされたとき

お願いをされたときには、

I understand
understood
That makes sense
All right
No problem
OK
I got you
I got it
Got it
Gotcha

真ん中の3つを使います。

 

All right(了解→わかった)
No problem(問題ないよ→わかった)
OK(了解→わかった)

 

 

これらをお願いをされたときに使ってみると、

ペンを取ってくれませんか?

All right(了解) ◯
No problem(問題ないよ→わかった) ◯
OK(了解→わかった) ◯

適しているのがわかります。

 

 

しかし先ほどの「理解した」を使ってみると

ペンを取ってくれませんか?

I understand(理解した) ×

変ですよね。

 

 

つまりお願いをされたときは、

All right(了解→わかった)
No problem(問題ないよ→わかった)
OK(了解→わかった)

を使いましょう。

Can you take that pen please?
(あのペンを取ってくれませんか?)

All right
(了解→わかった)


Could you do me a favor
(お願い事してもいいですか?)

No problem
(問題ないよ→わかった)


Please get away
(お願いだからどっか行ってくれ)

OK
(了解→わかった)

どんな場面でも使えるとき

どんな場面でも使えるのは

I understand
understood
That makes sense
No problem
All right
OK
I got you
I got it
Got it
Gotcha

最後の4つです。

 

I got you(あなたを掴まえた→わかった)
I got it(それを掴まえた→わかった)
Got it(それを掴まえた→わかった)
Gotcha(I got you の略)

 

 

I got you(あなたを掴まえた)は、

ほんとにあなたを掴まえた時にも使えるし

あなたの言っていることを掴まえた、

つまり「理解した」と言う時にも使えます

 

 

また、相手のお願いなどを掴まえた、

つまり「了解した」と言う時にも使える便利ものです

The answer of 1+1equal 2
(1+1の答えは2です)

I got you
I got it
Got it
Gotcha
(理解した)


Can you go shopping for me please?
(買い物に行ってくれない?)

I got you
I got it
Got it
Gotcha
(了解した)

まとめ

これらは全部「わかった」という意味で

解釈することができますが、

そうしてしまうと大事な言葉の元々の意味が

分からなくなってしまいます。

 

 

なので「わかった」という意味で捉えるのではなく

言葉そのももの意味で捉えるようにしましょう

 

 

理解した
・I understand
・understood
・That makes sense

了解
・All right
・No problem
・OK

あなたを掴まえた
・I got you
・I got it
・Got it
・Gotcha

・I see

 

※ちなみに「I see」は最後に入り、どんな場面でも使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました