可算名詞と不可算名詞の違い!ハサミで切ってみたらわかる?

英語の微妙なニュアンスの違い

英語を勉強していると1回は悩むのが

可算名詞と不可算名詞の違いです。

ペンや本は数え切れる!

水や空気は数えきれない!


と言うのが一般的な

可算名詞と不可算名詞の解釈だと思いますが、

こういったイメージだけ覚えていても

解けない問題が出てきます

 

 

例えば、

お肉を食べたいと言うとき

お肉は数えきれるから、

I want to eat a beef

 

他にも、

チーズを食べたいと言うとき、

チーズは数えきれるから

I want to eat a cheese.

などです。

 

 

でも実際はお肉やチーズを

「a beef」「a cheese」とは書けません

 

 

「えっなぜだ…数えきれるのに…」

 

 

そうなんです。

実はお肉やチーズは数えきれるのに

不可算名詞なんです。

 

 

今日はこのややこしい

可算名詞と不可算名詞の違いを

丁寧に解説していきますので、

ぜひ最後までご覧下さい。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

TOEICは930点持っています。


今はブログやツイッターを軸に、

留学で培った経験を発信しています。

 

上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

可算名詞と不可算名詞の違いとは


まず可算名詞と不可算名詞の違いは、

ハサミで切れるかどうかを考えれば簡単です

 

 

例えば、先ほど例で挙げた

ペンや本はハサミで切れるので

「可算名詞」となります

 

 

他にも、

携帯(a phone)
服(a shirt)
カバン(a bag)
机(a desk)
電球(a light bulb)
ドア(a door)
紙(a paper)

など、全部でかいハサミで何日かかければ

絶対に切れるものは可算名詞となります。

 

 

このように可算名詞だと、

切ったり真っ二つにすることができるかどうかが

1つの指標になります。

 

 

また、ハサミで切ると

使い物にならなくなるのも

可算名詞の特徴です。

 

 

 

逆に、水や空気などはハサミで切れず

真っ二つにもできないので

「不可算名詞」となります

 

 

他にも、

information(情報)
news(ニュース)
homework(宿題)
equipment(設備)
damage(損害)
gasoline(ガソリン)
gas(気体やガス)
steam(蒸気・水蒸気)
honey(はちみつ)
rain(雨)
snow(雪)
fun(楽しみ)
happiness(幸福)
beauty(美)
love(愛)
↑ハサミで切れない

 

salt(食塩)
flour(小麦粉)
粉なども小さすぎてハサミで切れないと判断

 

beer(ビール)
wine(ワイン)
coffee(コーヒー)
tea(茶、紅茶)
↑ハサミで切れないので文法的には不可算名詞ですが、
 実際ネイティブたちは「a beer」「a coffee」などと使ったりします。

なども不可算名詞となります。

 

 

いや待て待て、ってことは

最初に言ってたお肉やチーズは

ハサミで切れるから可算名詞になるよね…

でも不可算名詞って言ってなかった?

 

 

そうなんです。

 

 

実はここが可算名詞と不可算名詞の違いで

1番間違えやすい重要なポイントで、

ごく稀にハサミで切れるのに

不可算名詞になるものが存在します

 

 

それが、お肉、チーズ、バターなどの

ハサミで切っても何も変わらないものです

 

 

どういうことかと言うと、

先ほど可算名詞はハサミで切ると

使い物にならなくなると言いました。

 

 

しかし、お肉、チーズ、バターは

ハサミで切って小さくなっても

変わらず食べることができますよね。

 

 

このようにハサミで切っても

問題なく使えるものは不可算名詞となります。

 

 

整理すると、

・可算名詞

ハサミで切れる。

ペンや本を想像したらわかる通り切ったら使い物にならない。

 

・不可算名詞

ハサミで切れない。

万が一切れるものがあってもちゃんと使い物になる。

です。

 

 

また他にも間違いやすいのが、

何かの「総称」である

furniture(家具)
↑机・イス・キッチンなどの総称

money(お金)
↑現金・電子マネー・仮想通貨などの総称

food(食べ物)
↑米・パン・麺などの総称

も不可算名詞です。

 

 

これらは一見ハサミで切れそうだが、

具体的に何を切ればいいのか想像がつかないので

不可算名詞になります。

 

 

また「素材」である、

glass(ガラス)

wood(材木)

cotton(綿)

なども一見ハサミで切れそうだが、

 

「えっガラスって窓ガラスのこと?」

「材木って具体的に何に使われてる材木?」

「綿って服に使われてる綿?」

 

など具体的にハサミで切るのを想像できないので

不可算名詞になります。

まとめ


まとめると、

 

【可算名詞】

ハサミで切れる。

ペンや本を想像したらわかる通り切ったら使い物にならない。

 

【不可算名詞】

ハサミで切れない。

万が一切れるものがあってもちゃんと使い物になる。

何かの総称。

素材。

 

でした。

 

 

 

可算名詞と不可算名詞の違いは

ハサミで切れるかどうか。

 

 

これが2つの違いを分ける大きな指標になるので

これだけは確実に覚えるようにしましょう。

 

 

これで「可算名詞」と「不可算名詞」の

違いや使い分けは以上です。

 

 

ご覧くださりありがとうございました。

 

もし、何か質問などあれば

気軽にツイッターに質問してください。

さくりゅう🍌留学行く前に知っておきたかった英語

 

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました