「study」と「learn」の違いをイメージで簡単に覚える方法

英語の微妙なニュアンスの違い

当記事は、

”study”と”learn”の違いを知りたい
”study”と”learn”の違いをイメージで覚えたい

という方のための記事です。

 

 

「study=勉強する」「learn=学ぶ」と

これまで習ってきた人も多いでしょう。

 

 

しかし実際、

”study”と”learn”のニュアンスは

大きく違います

 

 

当記事では、

そのニュアンスの違いを解説すると同時に

”study”や”learn”に似た意味の英語についても

細かく解説しているのでぜひ最後までご覧下さい。

 

 

結論から言うと、

 

study
→勉強するという行為のみ

learn
→行為+身につける

 

major
→〜を専攻する

acquire
→時間をかけて努力して身につける

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

TOEICは930点持っています。


今はブログやツイッターを軸に、

留学で培った経験を発信しています。

 

上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

「study」の意味


”study”は「勉強する」という意味で、

イメージとしては本や教材などを使い

机に向かって勉強しているイメージです。

 

 

また”study”は勉強するという「行為」そのものを表し、

勉強内容が身についたかどうかはわかりません

 

例:

I studied English in Australia
(私はオーストラリアで英語を勉強した)

↑英語を勉強したけど英語ができるようになったかは分からない

「learn」の意味


”learn”は「(知識や技術を)身につける」という意味で、

イメージとしては人から何かを教わり

主に体を使って習得しようとしているイメージです。

 

 

”learn”はよく「学ぶ」と訳されますが、

そうすると”study”「勉強する」と

意味の違いがはっきりしなくなります。

 

 

よって

 

learn = 身につける

 

と覚えましょう。

 

例:

I’m learning how to swim
(私は泳ぎ方を身につけている)

↑これを訳する場合は「私は泳ぎ方を”学んでいる”」でもいいが、のちのち「learn = 学ぶ」では訳するのが難しくなるので「learn = 身につける」で訳している

 

 

つまり”study”は勉強する過程を表し、

実際に勉強内容が身についたかどうかは関係ないが

”learn”は実際に知識や技術などが

身についていることを表します

 

例:

I studied English in Australia but I didn’t learn anything
(私はオーストラリアで英語を勉強したが、何も身につかなかった)

 

 

また以下の例文を見ると、

”study”と”learn”の違いが明確です。

I studied English for an hour
(私は1時間英語を勉強した)

I learned English for an hour
(私は1時間で英語を身につけた)

↑studyを使った場合は「1時間英語を勉強した(けど、英語が身についたかはわからない)」
 learnを使った場合は「1時間で英語を習得した」という意味

「study」と「learn」の違い


まとめると、

”study”と”learn”の違いは、

 

study
→勉強するという「行為」そのものを表し勉強内容が身についたかどうかはわからない。
 イメージとしては本や教材などを使い、机に向かって勉強しているイメージ


learn
→知識や技術などを学び、実際に身についていることを表す。
 イメージとしては人から何かを教わり、主に体を使って習得しようとしているイメージ

 

でした。

 

 

また、”study”や”learn”に

似た意味の英語が他にもあるので、

それらの違いも併せて見てみましょう。

 

・major
・acquire

「major」「acquire」

major


”major(〜を専攻する)”は高校や大学などで

自分の専攻科目を伝える際に使います。

 

例:

What’s your major?
(あなたの専攻科目はなんですか?)

I’m majoring in tourism
(私は観光学を専攻しています)

※前置詞”in”が伴う

acquire


”acquire”は

「身につける」という意味です。

 

 

”learn(身につける)”との違いは、

 

learn=普通に努力して身につける
acquire=時間をかけて努力して身につける

 

のように、”acquire”は”learn”より

一生懸命努力しているニュアンスを含みます。

 

例:

I acquired knowledge of English
(私は英語の知識を身につけた)

I want to acquire a foreign language
(私は外国語を身につけたい)

まとめ


いかかでしたか?

 

 

「major」は意味の違いが他より

わかりやすいかと思いますが、

「study」「learn」「acquire」は

意味が非常に似ています。

 

 

当記事で、

しっかりニュアンスの違いを掴み

ちゃんと使いこなせるようしましょう

 

 

 

これで「study」と「learn」の

違いや使い分けは以上です。

 

 

ご覧くださりありがとうございました。

 

もし、何か質問などあれば

気軽にツイッターに質問してください。

さくりゅう🍌留学行く前に知っておきたかった英語

 

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました