【完全版】「good」と「well」の違いや使い分けをわかりやすく解説

英語の微妙なニュアンスの違い

You speak English good

You speak English well

あなたはどっちが正解かわかりますか?

 

 

両方とも「良い」という意味で使われる

「good」と「well」ですが、

実はネイティブでも間違った使い方を

することがあるそうです。

 

 

当記事では、

「good」と「well」の正しい使い方を

文法・意味の違いを明らかにしながら

解説していますのでぜひご覧ください。

 

 

結論から言うと、

「good」と「well」の違いは

 

”good”→形容詞で「名詞のみ」を説明
      意味は「良い」


”well”→副詞でなんでも説明できる
                意味は「よく」

 

です。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

日常生活だけでなく

ビジネス英語もある程度は理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

 

  

「good」の意味


”good”は「良い」という意味でよく使われ、

文法で言うと「形容詞」になります。

 

 

形容詞は「名詞のみ」を説明するので、

”good”も名詞のみを説明するときしか

使うことができません。

 

 

例えば下のような場合です。

a good teacher
(良い先生)

a good day
(良い日)

a good thing
(良いこと)

 

全部、「good+名詞」となっていて

”good”が名詞を説明しています。

 

 

これを

「good+動詞」「good+形容詞」「good+副詞」

などとすることはできません。

 

 

また”good”は、

I am good
(元気です)

This apple is good
(このリンゴは美味しいです)

Today is good
(今日はいい日です)

のように、

「名詞 be動詞 good」と書いて

名詞を説明することもできます。

 

 

ただ、

 

「good 名詞」

「名詞 be動詞 good」

 

どちらにしても、

”good”が説明しているのは名詞のみなので

そこだけ確実に覚えましょう。

 

※”good”だけじゃなく形容詞は全部「名詞のみ」を説明します。

「well」の意味


“well”の意味は”good”とほぼ一緒で

「よく」という意味です。

 

 

また”well”の文法は「副詞」になります。

 

 

「副詞」は形容詞と違って

どんな品詞でも説明することができるので

”wellは文のどこにでも置くことができます。

 

 

つまり言い換えると、

”well”は「good+名詞」のように形が

はっきり決まってないということなので、

文によってしっかり使い分けなければなりません。

 

 

例:

【名詞を説明】

Im not well
体調が良くない

 

【動詞を説明】

He is swimming well
彼はよく(上手に)泳いでいる

 

【形容詞を説明】

She is well known
彼女はよく知られている

※knownはこの文では形容詞

 

”well”は副詞なので、

どの品詞も説明できて非常に便利ですね。

 

 

また、「よく」という意味の他にも

”well”には色んな使い方があるので

覚えておきましょう。

【えーと…】

Well, I don’t know
えーと…わからない

 

【〜も】

I want a snack and juice as well
スナックと、ジュースも欲しい

 

【〜する方が良い】

You might as well study English
英語を勉強する方がいいよ

「good」と「well」の違い


”good”と”well”の違いは、先ほど言ったように

「good = 形容詞」「well = 副詞」です。

 

 

つまり、

 

形容詞以外の品詞を説明するときは”well”を使って

形容詞を説明するときは”good”と”well”を使う。

 

これが”good”と”well”の違いになります。

 

 

と言ってもアバウトすぎるし

難しいですよね。

 

 

そもそも品詞の違いだけでは

”good”と”well”の細かい違いまで

はっきりわかりません。

 

 

そこで重要になってくるのが

”good”と”well”の「意味」の違いです

 

 

「good = 良い」「well = よく」

この違いを知っているだけで

”good”と”well”の違いは簡単に理解できます。

 

 

どういうことかと言うと、

 

日本語で「良い」と言うものには”good”

日本語で「よく」と言うものには”well”

 

これを使い分けるだけです。

 

 

例えば、

良い話しが聞きたい」と日本語で言いたいなら

良い」を使っているので”good”を使い

→I want to listen to a good story

 

 

「彼はよく教育されている」と日本語で言いたいなら

よく」を使っているので”well”を使います。

→He is well educated

 

 

もちろん例外もありますが、

だいたいがこの分け方で理解できます。

 

 

もし理解できなくなったら、先ほど説明した

品詞によって使い分ける方法もしっかり活用しましょう

 

 

”good”と”well”の

「意味」の違いで使い分ける例:

【良い】

I’m good
私は調子が良い


You are a good man
あなたは良い人ですね

Your everyday actions are good
あなたは日頃の行いが良い

 

【良く】

I know him well
彼をよ知っている

Did you sleep well?
よく眠れた?

He will get well soon
彼はすぐよくなるでしょう

 

”well”の場合は「よく」という意味から、

元気、うまく、上手に」と意訳されることも多いです。

 

 

また「よく」と日本語では言うけど、

英語では”well”と違う単語が

使われるケースもたまにあります。

I think deeply
私はよく考える

 

この場合、

「よく考える」と日本語では言ってるけど

本当の意味は「深く考える」ですよね。

 

 

だから「深く = deeply」を使っています。

 

 

ややこしいですね。

 

 

見分け方としては

「よく」にうっすらでも「良い」という

ポジティブな意味があるかを確認するとわかります。

 

 

例えば先ほどの例文は全部、

I know him well
彼をよく知っている

Did you sleep well?
よく眠れた?

He will get well soon
彼はすぐよくなるでしょう

ポジティブな意味がありますよね。

 

 

しかし、

I think deeply
私はよく考える

にはポジティブは意味がありません。

 

 

この違いをしっかり見分けましょう。

まとめ


まとめると、

 

”good”→形容詞で「名詞のみ」を説明
      意味は「良い」


”well”→副詞でなんでも説明できる
                意味は「よく」

 

 

”well”は

「元気、うまく、上手に」と意訳され

うっすらでもポジティブな意味が含まれている。

 

でした。

 

 

ちなみに最初の答えは、

You speak English well

です。

 

 

 

これで「good」と「well」の違いは以上になりますが、

他にも英単語の細かいニュアンスや

英語の本質的な違いなど書いてますので、

気になる方はご覧ください。

 

 

 

英単語の細かいニュアンスの違いを知りたい方はこちら↓

 

 

英語の本質的な違いを知りたい方は

こちらも併せてお読みください。

 

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました