【完全版】「hope」と「wish」の違いをわかりやすく解説…この2つは全く違う

英語の微妙なニュアンスの違い

I hope I can speak English

I wish I could speak English

あなたはこの違いがわかりますか?

 

 

”hope”と”wish”は

両方「願う」という意味ですが、

2つの使い方は全く違います。

 

 

もしかしたら、

 

「hope = 弱い願い」
「wish = 強い願い」

 

と習ってきた人がいると思いますが、

実はこのような違いでは全くありません。

 

 

当記事では、

”hope”と”wish”の正しい違いや使い方を

解説していますのでぜひご覧ください。

 

 

 

結論から言うと、

 

hope
→願いに対して期待がある

wish
→願いに対して期待がない

 

です。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

日常生活だけでなく

ビジネス英語もある程度は理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

 

  

「hope」の意味


”hope”は「願う」という意味で、

その願いが叶うことを期待する

気持ちがあります。

 

 

例:

I hope she is single
(彼女が独身であることを願う)

I hope you can pass the exam
(あなたがテストで合格することを願う)

I hope this is the last mistakes
(これが最後のミスになることを願う)

 

上の例文は全部、

 

「彼女が独身であってほしい」
「あなたがテストで合格してほしい」
「これが最後のミスになってほしい」

 

など、それが起こることを期待しています。

 

 

このように”hope”は、

願いが叶うのを期待するという意味です

 

 

また、”hope”のあとに「that」をつけて

I hope ”that” she is single

と書く人もいますが、

どちらでも大丈夫です。

 

 

意味は変わりません。

 

 

ただ、会話ではよく省略されるので

会話では使わない方がスムーズに話せるでしょう。

「wish」の意味


”wish”は「願う」という意味ですが、

その願いに対して期待がないです。

 

 

どういうことかと言うと、例えば

好きな人に彼氏がいるけど、その人に彼氏がいなかったらなあ

と願うときを考えてみましょう。

 

 

彼氏がいないことを願ってはいるけど、

実際には彼氏がいますよね。

 

 

つまり願っても叶うことはありません。

 

 

こういった、

願いはするけど期待がないときに

”wish”を使います

I wish she didn’t have a boyfriend
(彼女に彼氏がいなかったらなあ)

 

 

他の例:

I wish I were billionaire
(私が億万長者だったらなあ)

I wish I were beautiful
(私が美しかったらなあ)

I wish I could help you
(私があなたを助けきれたらなあ)


上の例文を1つ1つ見てみると、

 

「億万長者だったらなあ」は、

億万長者になりたいけど億万長者になれない。

 

 

「美しかったらなあ」は、

美しくなりたいけど美しくなれない。

 

 

「あなたを助けきれたらなあ」は

あなたを助けたいけど助けきれない。

 

など、すべて願っても叶わないです。

 

 

このように”wish”は

願いが叶わないときに使われます。

 

 

また”wish”には実はもう1つ意味があり、

それを「誰かの幸運を願う」です。

 

 

例:

wish you good luck
(幸運を祈る)

 

イメージとしては、

あなたに幸運があったらいいけど(実際はない)。でも頑張って!

のような感じです。

 

 

”wish”がこのような意味で使われるときは、

最後の「でも頑張って!」が

本当の言いたいことになります。

 

 

ただ、これまでの”wish”の意味で考えると

「あなたに幸運があったらいいけどなあ。でも実際はないよね」

幸運を期待していない意味になるので

注意しましょう。

 

 

と難しく説明してしまいましたが、

こんな難しいこと覚える必要はありません。

 

 

「wishの意味」
・願いはするけど期待がない

・幸運を祈る

 

これだけ覚えてくれたら完璧です。

「hope」と「wish」の違い


”hope”と”wish”の違いは

 

hope
→願いに対して期待がある

wish
→願いに対して期待がない

 

でした。

 

 

すでに”hope”と”wish”の違いが

ある程度わかっている人もいると思いますが、

まだ2つの違いがあいまいな人もいると思います。

 

 

そういった人は、

これから「現在」「過去」「未来」によって変わる

2つの意味の違いについて詳しく解説しますので

ぜひご覧ください。

現在

まずは、現在文で”hope”と”wish”が

使われる例を見てみましょう。

 

 

例:

I hope she is single
(彼女が独身であることを願う)

I wish she was single
(彼女が独身であることを願う)

 

この2つは意味が全く意味が違います。

 

 

”hope”の場合は

彼女が独身であることを期待しているので、

 

「彼女が独身かどうかわからないけど、独身であることを願う」

 

という意味になり、

 

 

”wish”の場合は

彼女が独身であることに対して期待がない、

つまり彼女は結婚しているので

 

「彼女が独身だったらいいのになあ」

 

という意味になります。

 

 

全く意味が違いますよね。

 

 

”wish”の場合は、

もう独身じゃないことがわかっちゃってます

 

 

このように、”hope”と”wish”を理解するには

 

hope
→願いに対して期待がある

wish
→願いに対して期待がない

 

この2つの違いが重要ですので、

これらはしっかり覚えましょう。

過去

続いては、過去の文で”hope”と”wish”が

使われる例を見てみましょう。

 

 

例:

I hope she got home safety
(彼女が無事に家に着いたことを願う)

I wish she had got home safety
(彼女が無事に家に着いたことを願う)

 

”hope”の場合は、

彼女が無事に家に着いたことを期待しているので

 

「彼女が無事に家に着いたわからないけど、着いたことを願う」

 

という意味になり、

 

 

”wish”の場合は

彼女が無事に家に着いたことに期待がない、

つまり彼女は無事に家に着いてないので

 

「彼女が無事に家に着いていたらなあ」

 

という意味になります。

彼女がトラブルに巻き込まれたという意味

未来

最後に、未来の文で”hope”と”wish”が

使われる例を見てみましょう。

 

 

例:

I hope it will stop raining
(雨が止むことを願う)

I wish it would stop raining
(雨が止むことを願う)

 

”hope”の場合は、

雨が止むことを期待しているので

 

「雨が止むかはわからないけど、雨が止むことを願う」

 

という意味になり、

 

 

”wish”の場合は

雨が止むことに期待がない、

つまり雨は止まないので

 

「雨が止んだらいいのになあ」

 

という意味になります。

”wish”の時制による変化について

もしかしたら気づいた人もいるかと思いますが、

”wish”の文だけ使われてる時制が

おかしいのに気づきましたか?

 

 

まずは下の例文を見てみましょう。

I hope she is single
(彼女が独身であることを願う)

I wish she was single
(彼女が独身であることを願う)

この文は両方とも、

「現在」の話をしているので「現在文」なはずですが

”wish”には”was” という「過去形」が使われています

 

 

あれなんでだろう…

 

 

実はこれは英語のルールの話になりますが、

実現しない内容を話すときは

時制が1つ前に戻ってしまうんです

 

 

”wish”には期待がなく、

過去に終わった話を

「こうだったらよかったのになあ」

と妄想しているので、

実際には起こりえないですよね?

 

 

こういった文を英語にするときは

1つ前の時制を使わないといけないんです。

 

 

ややこしいですね。

 

 

少し難しいですので、

もう少し丁寧に解説してみます。

 

 

例えば上の例文

I wish she ”was” single
(彼女が独身であることを願う)

だと、

 

私は彼女が「現時点」で

独身であったらいいのになあと願っています。

 

 

つまり、「現在」より時制を1つ戻して

「過去形」を使わなければなりません。

 

 

 

しかし、もし

I wish she ”had got” home safety
(彼女が無事に家に着いたことを願う)

のように、

 

彼女が「過去」に

無事に家に着いていればなあと願う場合は、

「過去」より時制を1つ戻して

「過去完了形」を使わなければなりません。

 

 

また

I wish it ”would” stop raining
(雨が止むことを願う)

のように、

 

未来」に雨が止んでいればなあと願う場合は

「未来」より時制を1つ戻して

「未来の過去形」を使わなければなりません。

 

 

 

”hope”と”wish”の違いや使い分けをマスターするなら

この”wish”の変化を理解するのも必須となりますので、

確実に覚えましょう。

まとめ


まとめると、

 

hope
→願いに対して期待がある

wish
→願いに対して期待がない
    幸運を願う

 

 

”hope”は願いが叶うのを

期待する時に使われる。

 

 

”wish”は願いが叶わないとき、

つまり、もうすでに終わったことなどに対して

こうだったら良かったのになと願うときに使われる。

 

 

実現しない内容を話すときは

時制が1つ前に戻る。

 

 

でした。

 

 

 

ちなみに最初の例文の答えは

下のようになります。

I hope I can speak English ×
(英語を話せること
を願う)

I wish I could speak English
(英語が話せたらいいのになあ)

 

「I hope I can speak English」は、

今英語を話せないのに

今英語を話せることを願っているという、

意味わからない文になるので使えません。

 

 

ここでは、

「I wish I could speak English」

だけが正解となります。

 

 

 

 

これで「hope」と「wish」の違いは以上になりますが、

他にも英単語の細かいニュアンスや

英語の本質的な違いなど書いてますので、

気になる方はご覧ください。

 

 

 

英単語の細かいニュアンスの違いを知りたい方はこちら↓

 

 

英語の本質的な違いを知りたい方は

こちらを併せてお読みください↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました