【簡単】「in」「on」「at」の使い分け方はイメージですぐわかる

英語の微妙なニュアンスの違い

なぜ朝には「in」が使われるのに、

夜には「at」が使われるのでしょうか?

in the morning
(朝に)

at night
(夜に)

 

 

また、なぜ月には「in」が使われるのに

日にちや曜日には「on」が使われるのでしょうか?

in January
(1月に)

 

on 10th
(10日に)

on Monday 
(月曜日に)

 

 

 

英語学習をしていくうえで、

必ず乗り越えなければならない壁

この「in」「on」「at」の違いです。

 

 

しかし、学校で習った

「in = 〜の中に」「on = 〜の上で」「at = 〜で」

だけでは理解することが難しいですよね。

 

 

なぜなら、これらの違いを理解するには

ネイティブの考え方を

理解しなければならないからです

 

 

当記事では、ネイティブが考える

「in」「on」「at」のイメージを説明しながら

これらの違いをわかりやすく解説しています。

 

 

 

結論から言うと、

 

in
→何かが時間や空間の中にある

on
→お互いにくっついている

at
→ピンポイント

 

です。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

TOEICは930点持っています。


今はブログやツイッターを軸に、

留学で培った経験を発信しています。

 

上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

「in」の意味


ネイティブが考える”in”のイメージは

何かが時間や空間の中にある」です。

 

 

例えば、ペンが筆箱の中にあるときや

1週間以内にやるべき作業があるときを

考えてみましょう。

 

 

ペンは筆箱の中の空間内にあり、

やるべき作業は1週間という

時間の中でやりますよね。

 

 

こういった、

何かが時間や空間の中にあるときに

「in」を使います。

A pen is in a pencil case
(筆箱の中にペンがある)

I have to get the task done in a week
(1週間以内に仕事を終わらさなければならない)

 

 

他の例:

I’m in Japan
(私は日本の中にいる)

My key is in the box
(私のカギは箱の中にある)

I’ll do my homework in a week
(1週間以内に宿題をする予定)

 

イメージで解説すると、

 

「I’m in Japan」は、

日本という広い空間の中に

私がいるイメージ。

 

 

「My key is in the box」は、

バックの中の空間に

自分のカギがあるイメージ。

 

 

「I’ll do my homework in a week」は、

1週間という時間の中に

宿題をするという作業があるイメージ。

 

になります。

 

 

このように”in”は

何かが時間や空間の中にある

ときに使いましょう。

「on」の意味


ネイティブが考える”on”のイメージは

お互いにくっついている」です。

 

 

例えば、机の上にリンゴが置かれているときや

壁に写真が掛かっているときを考えてみましょう。

 

 

「机とリンゴ」はお互いにくっついていて

「壁と写真」もお互いにくっついていますよね。

 

 

こういった、

お互いがくっついているときに

”on”を使います。

An apple is on the table
(リンゴが机の上にある)

A picture is on the wall
(写真が壁に掛かっている)

 

 

他の例:

I’m sitting on the chair
(イスの上に座っている)

There is chocolate on your face
(あなたの顔にチョコレートがついている)

He is on the first floor
(彼は1階にいる)

 

イメージで解説すると、

 

「I’m sitting on the chair」は、

私とイスが

お互いにくっついているイメージ。

 

 

「There is chocolate on your face」は、

チョコレートと顔が

お互いにくっついているイメージ。

 

 

「He is on the first floor」は、

彼の足と1階の地面が

お互いにくっついているイメージ。

 

になります。

 

 

このように”on”は

お互いにくっついている

ときに使いましょう。

「at」の意味


ネイティブが考える”at”のイメージは

ピンポイント」です。

 

 

例えば、あなたが家にいるときや

時間がちょうど5時のときを考えてみましょう。

 

 

あなたは地図でいうと「家」という

ピンポインのとこにいて、

時間は「5時」という

ピンポイントを指していますよね。

 

 

こういった、

ピンポイントで何かを表すときに

”atを使います。

 

例:

Are you at home?
(あなたは家にいますか?)

The time is at 5
(時間は5時です)

 

 

他の例:

Let’s meet at the bus stop
(バス停で待ち合わせしよう)

I bought the pen at 100 yen
(ペンを100円で買った)

He was mad at me
(彼は私に怒った)

 

イメージで解説すると、

 

「Let’s meet at the bus stop」は、

地図を見てバス停をピンポイントで指し

ここで待ち合わせしようと言っているイメージ。

 

 

「I bought the pen at 100 yen」は、

たくさんある数字の中から

100円をピンポイントで指しているイメージ。

 

 

「He was mad at me」は、

ピンポイントで私だけに向かって

怒っているイメージ。

 

になります。

 

 

このように”at”は

ピンポイント

を表すときに使いましょう。

「in」と「at」の使い分け


一旦、これまでの内容をおさらいすると

 

in
→何かが時間や空間の中にある

at
→ピンポイント

 

となります。

 

 

ではこの2つの意味を踏まえて、

最初の例文を見て見ましょう。

in the morning」

at night」

 

 

”in”は何かが時間や空間の中にある

という意味なので、

「in the morning」は

朝という時間の中でという意味になります。

 

 

ってことは、

「夜という時間の中」で走れば

in the night

と言えるのでは?

と思う人もいるでしょう。

 

 

結論から言うと言えません。

 

 

なぜなら理由は2つあります

 

 

1つ目は、

 

”in”には時間の流れがあるけど

”at”には時間の流れがない

 

 

2つ目は、

 

”night”は「寝る時間」を表す

 

 

からです。

 

 

と言ってもチンプンカンプンだと思うので、

これから丁寧に解説していきます。

 

 

まず、

”in”には時間の流れがあるけど

”atには時間の流れはない

とはどういうことかと言うと、

 

”in”は下のように

すべて時間の流れがあります。

in January
(1月に)

in a week
(1週間で)

in summer
(夏に)

 

1月にも1週間にも夏にも

しっかり時間の流れがありますよね

 

 

一方で、”at”には

下のように時間の流れがありません。

at 5pm
(午後の5時に)

at noon
(正午に)

 

「at 5pm」だとちょうど5時で、

「at noon」だとちょうど昼の12時を

表しています。

 

 

ちょうどの時間というのは

時間の流れがないですよね

 

 

このように、

 

in
→時間の流れがある

at
→時間の流れがない

 

という違いが

in the morning」「at night」

になるまず1つ目の理由になります。

 

 

そして2つ目の理由が、

”night”は「寝る時間」を表す。

 

です。

 

 

どういうことかと言うと、

”night”は「夜に」という意味でよく使われますが、

実は夜の中でも「寝る時間のみ」を表します。

 

 

”night”は夜全体を表しません。

 

 

また、寝る時間に人は活動せず

寝てから起きるまでも一瞬ですよね。

 

 

よって、寝る時間はピンポイントの

流れないの時間を表すことになるので

”at”を使うという訳です。

at night
(夜に)

 

 

 

英語は奥が深いですね。

 

 

まとめると、

 

morning(朝)
→流れのある時間なので「in」

night(寝る時間)
→流れのない時間なので「at」

 

となります。

 

 

※また”at”は他にも

「at lunch(昼食中に)」
「at christmas(クリスマスに)」
「at the age of 5(5歳で)」

などかなり特定された期間なら、

ピンポイントじゃなくても使える。

「in」と「on」の使い分け

 

続いては、”in”と”on”について

見ていきましょう。

 

 

これまでの内容をまとめると

 

in
→何かが時間や空間の中にある

on
→お互いにくっついている

 

となります。

 

 

ではこの2つの意味を踏まえて、

最初の例文を見ていきましょう。

in January

on 10th・on Monday

 

 

まず、この2つの違いを理解するために

重要なのは「カレンダー」です。

 

 

ここからの話は、

カレンダーを想像しながら

聞いてみてください。

 

 

まず”on”から説明すると、

 

10th(10日)
Monday(月曜日)

 

の2つはカレンダーを見ると

1ヶ月のうちの1日しかありません

 

 

「10日」は1ヶ月のうちに

1回しかないですよね。

 

 

「月曜日」は1ヶ月に4、5回ありますが、

話すときはその中の1日について話すはずです。

 

例:

Let’s go shopping on Monday
(月曜日に買い物に行こう)
↑全部の月曜日ではない

 

 

もし全部の月曜日を表したいなら

英語で「Monday」じゃなく、

「every Monday」か「Mondays」になります。

 

 

また”on”は

「お互いにくっつくイメージ」と言ったように、

ここではカレンダーの1日を

自分の指で押しながら

話している自分を想像してみましょう。

 

 

 

カレンダーと自分の指が

お互いにくっついていますよね

 

 

こういったカレンダーに指をくっつけて

カレンダーの1日について話すときは

”on”を使うということです。

 

 

逆にカレンダーの2日以上を話すとなると、

指で1回で指すことができないので

広い時間を表す”in”を使うという訳です。

まとめ


今回の記事をまとめると、

 

in
→何かが時間や空間の中にある

on
→お互いにくっついている

at
→ピンポイント

 

 

”in”には時間の流れがあるけど

”at”には時間の流れがない

 

morning
→時間の流れがあるので「in」

night
→寝る時間のみを表し時間の流れがないため「at」

 

 

「日にちや曜日」は、

カレンダーの1日のみで

指1本で押せるので「on」を使う。

 

「月」は指1本では指せず

広い時間を表すため「in」を使う。

 

でした。

 

 

 

これで「in」「on」「at」の

使い分け方は以上になります。

 

 

もし英語の前置詞について

もっと詳しく知りたい方があれば、

下記事も併せてお読みください↓

 

 

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました