「before」と「ago」の違いをなんとなくで理解していませんか?

英語の微妙なニュアンスの違い

「前に」という過去の意味を表す

”before”と”ago”ですが、

あなたはこの2つの違いが明確にわかりますか?

 

 

もしかすると、

before”の後には「文」がきて(例:before I do)

「時間」の後には”ago”がくる(例:an hour ago)

などと覚えている人もいるかもしれません。

 

 

しかし実際の英文を見ると、

「時間」の後に”before”がくることもあり

ago”の後に「文」が続くこともあります。

 

 

ではこれらの違いはいったい何でしょうか?

 

 

当記事は、”before”と”ago”の違いを

詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

 

 

結論から言うと、

 

before
→正確な時間を言わないときの「前」

 

ago
→正確な時間を言うときの「前」

 

です。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

日常生活だけでなくビジネス英語も理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

  

「before」の意味


”before”の意味は

正確な時間を言わないときの「前」です

 

 

例えば

I have met him before
(前に彼に会ったことがある)

と言うとき、彼にいつ会ったのか

正確に言ってないですよね。

 

 

「1ヵ月前?1年前?10年前?」

となるはずです。

 

 

他に

I played a game before my mother came back
(母親が帰る前、私は家でゲームをしていた)

と言うときも、ゲームを何時にしていたのか

正確に言っていません。

 

 

「10分前?30分前?1時間前?」

となるはずです。

 

 

このように、

正確な時間を言ってないときは

「before」を使います。

 

 

他の例:

Have you been to America before?
(前にアメリカに行ったことがありますか?)

I have played soccer before
(前にサッカーをしたことがある)

She has used the machine before
(彼女は前にその機械を使ったことがある)

 

「前にアメリカに行ったことがありますか?」は

相手がいつアメリカに行ったのか

質問してる人が正確にわかっていません。

 

 

「前にサッカーをしたことがある」は

いつサッカーをしたのか正確に言っていません。

 

 

「彼女は前にその機械を使ったことがある」は

彼女がいつその機械を使ったのか

正確に言っていません。

 

 

こういった、

正確な時間を言ってないときは

「before」を使いましょう

「ago」の意味


”ago”の意味は

正確にいつかわかっている「前」です

 

 

例えば

I went shopping 3 days ago
(3日前に買い物に行った)

と言うとき、

”3日前”と言ってるということは

正確にいつ行ったかわかってますよね。

 

 

他に

I moved here a year ago
(1年前にここに引っ越した)

と言うときも、

”1年前”と言っているので

正確にいつ引っ越したかわかってます。

 

 

このように、

正確にどのくらい「前」なのか

わかるときは”ago”を使います。

 

 

他の例:

I played tennis a week ago
(1週間前にテニスをした)

We broke up 2 months ago
(2ヶ月前に別れた)

He bought his house 10 years ago
(彼は10年前に家を買った)

 

「1週間前にテニスをした」は

1週間という正確な数字を言っています。

 

 

「2ヵ月前に別れた」は

2ヵ月という正確な数字を言っています。

 

 

「10年前に家を買った」は

10年前という正確な数字を言っています。

 

 

このように、

正確にどのくらい「前」なのか

わかるときは”ago”を使いましょう

「before」と「ago」の違い


”before”と”ago”の違いは

 

before
→正確にいつかわからない「前」

ago
→正確にいつかわかっている「前」

 

です。

 

 

と言っても、

「before」と「ago」の違いが

まだあいまいな人もいるかもしれませんので、

この2つの違いをもう少し詳しく

解説したいと思います。

 

 

たぶん、今までの説明では

「10年前に家を買った」で”ago”を使っているけど、

「10年前って正確な数字じゃなくない?」

と疑問に思う人もいるでしょう。

 

 

しかし大事なのはその数字ではなく、

話している人が「どのぐらい前」というのを

頭の中で認識しているかどうかです

 

 

例えば、”before”の場合は

どのくらい前というのが

全く想像ついていません。

Have you been to America before?
(前にアメリカに行ったことがありますか?)

I have played soccer before
(前にサッカーをしたことがある)

She has used the machine before
(彼女は前にその機械を使ったことがある)

 

どのくらい前というのが

全く想像ついてないですよね。

 

 

一方で、”ago”が使われている文は

どのくらい前というのが想像ついてます。

I played tennis a week ago
(1週間にテニスをした)

We broke up 2 months ago
(2ヶ月前に別れた)

He bought his house 10 years ago
(彼は10年前に家を買った)

 

どのくらい前というのが

簡単に想像ついてますよね。

 

 

正確に「数字」を言ってる時点で、

どのくらい前というのが想像ついてると

判断することができるでしょう。

まとめ


「before」と「ago」の違いを

おさらいすると、

 

before
→正確にいつかわからない「前」
(どのくらい前というのが全く想像つかない)

 

ago
→正確にいつかわかっている「前」
(どのくらい前というのが想像つく)

 

でした。

↑これらは全部「副詞」としての使い方。

 

 

また、”before”は「前置詞」として使うときは

She will go home before 9pm
(彼女は午後9時前に家に帰るでしょう)

のように「未来」の文で使うこともできるし、

正確な時間(午後9時)と共に

使うこともできるので注意しましょう。

 

 

 

これで「get」と「tell」の違いは以上になりますが、

他にも英単語の細かいニュアンスや

英語の本質的な違いなど書いてますので、

気になる方はご覧ください。

 

 

英単語の細かいニュアンスの違いを知りたい方はこちら↓

 

 

英語の本質的な違いを知りたい方は

こちらも併せてお読みください。

 

     

コメント

タイトルとURLをコピーしました