【手段を表す】「by」と「with」の使い分け方をわかりやすく解説

英語の微妙なニュアンスの違い

I will contact you by email

I will contact you with email

あなたはどっちが正解かわかりますか?

 

 

”by”の後には「乗り物」がきて

”with”の後には「道具」がくるから、

「email」だと…

 

 

あれ、何がくるんだろう。

 

 

このように手段を表す「by」と「with」は

どっちを使えばいいのか迷いますよね。

 

 

当記事では、そういった人のために

「by」と「with」の使い分け方を

解説していますのでぜひご覧ください。

 

 

 

結論から言うと、

 

by
→連絡手段や交通手段

with
→体の一部や道具

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

TOEICは930点持っています。


今はブログやツイッターを軸に、

留学で培った経験を発信しています。

 

上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

手段を表す「by」の使い方


手段を表す”by”は、

「連絡手段」や「交通手段」と一緒に使います。

 

 

連絡手段とは
→メール・テキスト・手紙

交通手段とは
→電車・バス・タクシー

 

のことです。

連絡手段と一緒に使う「by」


さっそく最初の例文の答えになりますが、

「email」は連絡手段になるので”by”を使います

 

例:

I will contact you by email
(メールで連絡をとるね)

 

 

他に、テキストや手紙も連絡手段なので

”by”を使いましょう。

 

例:

I will contact you by text
(テキストで連絡をとるね)

I will contact you by letter
(手紙で連絡をとるね)

交通手段と一緒に使う「by」


続いては、「交通手段」と

一緒に使う”by”を見てみましょう

 

例:

I’ll go by train
(電車で行く)

I’ll go by bus
(バスで行く)

I’ll go by taxi
(タクシーで行く)

I’ll go by car
(車で行く)

 

「電車・バス・タクシー・車」は

全て交通手段ですよね。

 

 

よって、”by”と一緒に使います。

 

 

ただ「歩いて行く」の場合は

「歩く」という交通手段を使っているが、

”by”ではなく”on”を使うので注意しましょう。

 

例:

I’ll go on foot
(歩いて行く)

 

 

なぜなら、

「歩く」というのは地面に足をつけて移動するため

”on”の方がイメージしやすいからです。

 

 

一方で、電車やバスなどの乗り物は

地面に足をつけずに移動できるので、

”on”は使わずに普通通り”by”を使います

 

 

これが「交通手段」と一緒に使う”by”と

歩く”on”になります。

 

 

また”by”のあとにつく名詞には

「a」や「the」などの冠詞がつかないので

注意しましょう。

by 動詞


今までの説明では、

”by”の後ろに「名詞」を置いた例しか

説明してなかったですが、

実は”by”の後ろに「動詞」が来ることもあります。

 

 

例えば下の例を見てみましょう。

I study English by watching movies
(映画を見て英語を勉強する)

 

”by”の後ろに名詞ではなく

「動詞」が来ていますよね。

 

 

「映画」という手段によって

英語を勉強していますが、

「watching=見る」が先に来ています。

 

 

言い換えると、

I study English by movies
(映画で英語を勉強する)

と一緒になりますが、

最初の例文のように「動詞」が

先に来ることがあることも覚えておきましょう。

手段を表す「with」の使い方


手段を表す”with”は

「体の一部」や「道具」と一緒に使います。

 

 

体の一部と言えば
→腕・手・指

道具と言えば
→ペン・おはし・ほうき

 

などのことです。

体の一部と一緒に使う「with」


「体の一部」と一緒に使う”with”の例

You do lariat with your arm
(ラリアットは腕を使ってする)

Italian talk with their hands
(イタリア人は手を使って話す)

Don’t point with your finger
(指で人を指すな)

 

ラリアットは「腕」を使ってする
イタリア人は「手」を使って話す
「指」で人を指す

 

は全て「体の一部」を

何かの手段として使っていますよね。

 

 

このように、

「体の一部」を何かの手段として

使う場合は”with”を使いましょう。

道具と一緒に使う「with」


「道具」と一緒に使う”with”の例です

I write a letter with a pen
(ペンで手紙を書く)

I ate dinner with a chopsticks
(おはしで夕食を食べた)

I clean my room with a broom
(ほうきで部屋をきれいにする)

 

「ペン」で手紙を書く
「おはし」で夕食を食べた
「ほうき」で部屋をきれいにする

 

全て「道具」を何かをするための

手段として使ってますよね。

 

 

このように、

「道具」を何かの手段として

使う場合は”with”を使いましょう。

まとめ


今回の内容をまとめると、

 

by
→「連絡手段・交通手段
 後ろの名詞に冠詞をつけない
 後ろに動詞がくることもある

 

with
→「体の一部・道具

 

でした。

 

 

 

これで手段を表す「by」と「with」の

違いや使い分けは以上になります。

 

 

ご覧くださりありがとうございました。

 

もし、何か質問などあれば

気軽にツイッターに質問してください。

さくりゅう🍌留学行く前に知っておきたかった英語

 

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました