【比較】前置詞「to」と「for」の違いをわかりやすく一言で解説

英語の微妙なニュアンスの違い

I took an airplane to Japan

I took an airplane for Japan

あなたはこの違いがわかりますか?

 

 

”to”と”for”には用法がありすぎて、

どっちを使えばいいのかわからなくなります。

 

 

例えば、

 

to
→目的地・時間・好み・距離

for
→期間・助け・予定

 

と一緒によく使われます。

 

 

ただそんなこと言われても

1つ1つ覚えるのはとても大変ですよね。

 

 

当記事では、こういった暗記ではなく

”to”と”for”の根本的な違いを

「一言」でわかりやすく解説していますので

ぜひご覧ください。

 

 

 

結論から言うと、”to”と”for”の違いは

 

「届いているかどうか」

 

to
→届いている

for
→届いたかわからない

 

となります。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

TOEICは930点持っています。


今はブログやツイッターを軸に、

留学で培った経験を発信しています。

 

上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

「to」の場合


先ほど言った通り、

”to”は「届いてる」ことを表します。

 

 

届いてるモノは見えるものでなくても

知識やメッセージなどでもいいです。

 

 

とりあえず相手に、

何か届いていることを意識しましょう

 

 

例えば、「私は彼女にプレゼントをあげた」

という文を考えてみます。

I gave a present to her
(彼女にプレゼントをあげた)

 

「彼女にプレゼントをあげた」ということは、

プレゼントが私から彼女に届いてますよね。

 

 

そして彼女は受け取ってます。

 

 

つまりモノが届いてるので

”to”を使います。

 

 

”to”にはこの「届いている」という

感覚を持つことが非常に大切です。

 

他の例:

She taught English to me
(彼女は私に英語を教えた)

I want to speak to you
(あなたと話したい)

A teacher explained the answer to me
(先生はその答えについて私に説明した)

He sold a book to his girlfriend
(彼は彼女に本を売った)

I sent an email to you
(メールをあなたに送ったよ)

 

全て相手にモノや何かが

届いていますよね。

 

 

例えば、

「彼女が私に英語を教えた」は

英語の知識が彼女から私に届いてます。

 

 

「あなたと話したい」は、

私があなたのとこに直接行って

メッセージを届けたいということです。

 

 

「先生はその答えについて私に説明した」は、

その答えについての知識が

先生から私に届いてます。

 

 

「彼は彼女に本を売った」は、

本が彼から彼女に届いてます。

 

 

「メールをあなたに送ったよ」は

メールが私からあなたに届いてます。

 

 

 

このように、直接的に

何かが相手に届く場合に”to”を使いましょう

「for」の場合


一方で、”for”の場合はは

相手に届いたかわかりません

 

 

例えば、「私はあなたのためにケーキを買った」

という文を見てみましょう。

I bought a cake for you
(あなたのためにケーキを買った)

 

ケーキを買ったというのは、

買ったけどまだ相手に渡してませんよね。

 

 

買ったという事実だけしかわかりません。

 

 

つまり、

まだモノが相手に届いたかわからない」ので

”for”を使います。

 

他の例:

I made dinner for you
(あなたのために夕食を作った)

I got a ticket for you
(あなたのためにチケットを買ったよ)

He cooked a meal for his girlfriend
(彼は彼女のために料理を作った)

I will find it for you
(あなたのためにそれを見つけるね)

 

全て相手にモノや何かが

届いたかどうかわからないですよね。

 

 

例えば、

「あなたのために夕食を作った」は

夕食をつくったけど、

その夕食を相手が食べたかどうかわかりません。

 

 

「あなたのためにチケットを買ったよ」は

チケットを買ったけど、

あなたに渡したかどうかわかりません。

 

 

「彼は彼女のために料理を作った」は

彼は料理を作ったけど、

彼女が料理を食べたかどうかわかりません。

 

 

「あなたのためにそれを見つけるね」は

それを見つけようとするけど、

それが見つかってあなたに届いたかどうかは

わかりません。

 

 

 

このように、

まだモノが相手に届いたかどうかわからない場合

”for”を使いましょう。

「to」と「for」の違い


”to”と”for”の違いを一旦まとめると、

 

to
→届いている

for
→届いたかわからない

 

です。

 

 

もしかしたら気づいた方もいるかと思いますが、

実は”to”と”for”の違いは使う動詞によって

だいたい決まっちゃってるんです。

 

 

例えば、先ほどの例で出した

”to”をともなう動詞たちは

相手にモノを渡すとこまで表す動詞↓

give(与える)、teach(教える)、speak(話す)

explain(説明する)、sell(売る)、send(送る)

 

 

”for”をともなう動詞たちは

相手にモノを渡す前の過程を表す動詞↓

buy(買う)、make(作る)、get(得る)

cook(作る)、find(見つける)

 

となっています。

 

 

ただ最初の例文のように、

”to”や”for”の両方使える動詞も

もちろんあります。

 

 

しかし、”to”と”for”で

意味は変わるので注意しましょう。

 

例:

I took an airplane to Japan
(飛行機で日本まで行った)

I took an airplane for Japan
(日本行きの飛行機に乗った)

 

 

”to”の場合は「届いてる」ことを表すので、

「I take an airplane to Japan」は

自分自身が飛行機に乗って

日本に到着することを表します

 

 

一方で”for”の場合は

「届いてるかどうか」わからないので、

「I take an airplane for Japan」は

日本行きの飛行機に乗るが

日本で降りるかどうかはわかりません

 

 

 

このように、”to”と”for”の違いは

 

「届いているかどうか」

 

になるのでぜひ覚えましょう。

まとめ


今回の記事をまとめると、

”to”と”for”の違いは

 

「届いているかどうか」

 

to
→届いている

for
→届いたかわからない

 

となります。

 

 

ただ、とは言えども

もちろん「例外」はあります

 

 

特に”to”と”for”に関しては

よく使われる前置詞なので例外も多いです。

 

 

しかし、”to”と”for”には根本的に

「to=届いている」for=届いたかわからない」

という違いがあることは覚えておきましょう。

 

 

これで「to」と「for」

の違いや使い分けは以上です。

 

 

ご覧くださりありがとうございました。

 

もし、何か質問があれば

気軽にツイッターに質問してください。

さくりゅう🍌留学行く前に知っておきたかった英語

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました