「between」は2つの間、「among」は3つの間じゃない??

英語の微妙なニュアンスの違い

There is a cat between trees

There is a cat among trees

あなたはこの違いがわかりますか?

 

 

学校では、

 

between = 2つの間
among = 3つ以上の間

 

という意味で習ってきたと思います。

 

 

しかし実際は、

betweenが3つ以上を表すこともあり

必ずしも上のようにはいきません

 

 

では、”between”と”among”の違いは

いったいなんでしょうか?

 

 

当記事では、

”between”と”among”の根本的な違いを

解説していますのでぜひご覧ください。

 

 

結論から言うと、

 

between
→明確な何かの間

among
→不明確な何かの間

 

です。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

日常生活だけでなくビジネス英語も理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

 

  

「between」の意味


”between”の意味は、

明確な何かの間」です。

 

 

例えば下の例文を見てみましょう。

There is a dog between you and me
(あなたと私の間に犬がいる)

 

このとき「私」と「あなた」は

明確な人ですよね。

 

 

世界に「私」と「あなた」は

一人しかいないはずです。

 

 

このように、

明確な何かを表すときに

”between”を使いましょう。

 

 

他の例:

I’ll be there between 5 and 6pm
(私は5時と6時の間にそこにいるでしょう)

You can choose one between the blue shirt, the red shirt and the green shirt
(あなたは青、赤、緑色のシャツの間で1つ選べる)

We have same customs between Japan, America and Canada
(日本、アメリカ、カナダの間で同じ慣習がある)

 

5時と6時は明確な数字で

世界に1つしかないですよね。

 

 

青、赤、緑色も世界に1つしかないです。

 

 

日本、アメリカ、カナダも

世界に1つしかありません。

 

 

このように、

明確な何かの間を表すときは

”between”を使います

「among」の意味


”among”の意味は、

不明確な何かの間」です。

 

 

例えば下の例文を見てみましょう。

There is a dog among people
(人々の間に犬がいる)

 

人々というのは不明確ですよね。

 

 

だって人々というのは、

たくさんの人のことを表すので

世界に一つだけの意味になりえません。

 

 

このように、

不明確な何かの間を表すときは

”among”を使いましょう。

 

 

他の例:

He is very famous among children
(彼は子供たちの間でとても有名である)

I ran through among the crowd
(私は人ごみの間を走り抜けた)

There is a rule among us
(私たちの間でルールでがあります)

 

「子供たち」「人ごみ」「私たち」は

たくさんの人を表す言葉です。

 

 

もし、「明確にだれのこと?」

と聞かれてもわからないはずです。

 

 

このように、

不明確な何かの間を表すときに

”among”を使いましょう

 

 

ちなみに、

たまに見る「Amongst」という単語も

「among」と一緒の意味なので

セットで覚えるといいですね。

「between」と「among」の違い


これまでの内容をおさらいすると、

 

between
→明確な何かの間

among
→不明確な何かの間

 

となります。

 

 

ではこれらを踏まえて

最初の例文の答えを見てみましょう。

There is a cat between trees
(木の間に猫がいる)

There is a cat among trees
(木の間に猫がいる)

 

 

between”の場合は

明確な何かの間を表すので、

「There is a cat between trees」は

こんなイメージになります↓

 

明確にわかっている木と木の間に

猫がいる感じですね。

 

 

一方で、”among”の場合は

不明確な何かの間を表すので、

「There is a cat among trees」は

こんなイメージになります↓

 

 

いっぱいある木の中に

猫がいるイメージですね。

 

 

このように、

”between”と”among”は

 

between
→明確な何かの間

among
→不明確何かの間

 

というのが根本的な意味になりますので

ぜひ覚えておきましょう。

まとめ


ちなみに、

実際”between”は2つの間という意味でも

間違ってはいません

 

 

だって、2つの間というとき

その2つはすでに明確だからです。

 

 

しかし、実際に知ってほしいのは

そういった1部の意味じゃなくて、

単語がもつ全体的な意味

 

 

それが

 

between
→明確な何かの間

among
→不明確な何かの間

 

ですので、

これを確実に覚えましょう。

 

 

 

 

これで「between」と「among」の

違いは以上になりますが、

他にも英単語の細かいニュアンスや

英語の本質的な違いなど書いてますので、

ぜひご覧ください。

 

 

英単語の細かいニュアンスの違いを

知りたい方はこちら↓

 

 

英語の本質的な違いを知りたい方は

こちらも併せてお読みください。

 

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました