【簡単】「start」と「begin」の違いや使い分け方をわかりやすく解説

英語の微妙なニュアンスの違い

He started working

He began working

あなたはこの違いがわかりますか?

 

 

”start”と”begin”は

どっちも「始める」という意味です。

 

 

しかし、”start”と”begin”の意味を

明確に理解している人は多くないでしょう。

 

 

なぜなら”start”と”begin”には

意味の違いがないからです。

 

 

実はこれらは、

まったく同じ使い方をします。

 

 

しかし、強いて言うなら

”start”と”begin”には

それぞれ好まれる状況があるので、

今回はそれについて解説します。

 

 

当記事を読むことで、

”start”と”begin”の使い方が明確にわかり

ラーティングで正確な

英文が書けるようになるでしょう。

 

 

結論、

”start”と”begin”が好まれる状況は

 

start
→カジュアルな場面
 または機械・ビジネス・旅を始めるとき

begin
→フォーマルな場面

 

です。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

 

日常生活だけでなくビジネス英語も理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

 

  

「start」と「begin」の違い


”start”と”begin”の違いは

先ほど言ったように、

 

start→カジュアルな場面
begin→フォーマルな場面

 

です。

 

 

つまり、”start”は

友達などと話すときによく使わる一方、

begin”は仕事など

きちんとした場面でよく使われます。

 

 

startを使った例:

Let’s start playing soccer
(サッカーを始めよう)

It’s starting to rain
(雨が降り始めたよ)

When did you start learning English?
(いつ英語の勉強を始めたの?)

 

「サッカーを始めよう」
「雨が降り始めたよ」
「いつ英語の勉強を始めたの?」

はカジュアルな場面で

友達と話すときによく使いますよね

 

 

だから”start”を使ってみました。

 

 

ただもちろん、

上の会話をフォーマルな場面で

会社の上司などとするなら”begin”を使います。

 

 

 

beginを使った例:

What time will the meeting begin?
(何時に会議を始めますか?)

The negotiation has already begun
(交渉はすでに始まっている)

Let’s begin talking about the company
(会社について話そう)

 

「何時に会議を始めますか?」
「交渉はすでに始まっている」
「会社について話そう」

はフォーマルな場面で

会社の上司と話すときなどに使われますよね

 

 

だから”begin”を使ってみました。

 

 

ただもちろん、

上の会話をカジュアルな場面で

友達と話すときに使うなら”start”を使います。

 

 

つまり、結局なにを話すにも

 

カジュアルな場面は「start」
フォーマルな場面は「begin」

 

を使うということです。

機械・ビジネス・旅を始めるときは「start」


機械・ビジネス・旅を始めるときは

「start」を使います。

 

 

例えば下の例文を見てみましょう。

【機械】

Can you please start the car?
(車のエンジンをつけてくれませんか?)

Press this button to start the computer
(パソコンを始動させるために、このボタンを押して)

 

車やパソコンの他に、

テレビ・携帯・プリンター

など機械に関することを言うときも

”start”を使います。

 

 

【ビジネス】

I want to start my own business in the future
(将来、自分のビジネスを始めたい)

She started a new business
(彼女は新しいビジネスを始めた)

 

「ビジネスを始める」と言うときや、

事業を始めよう・レストランを始めよう

などビジネスに関することを言うときも

”startを使います。

 

 

【旅】

I’ll start a long trip from today
(今日から長い旅が始まります)

Let’s start a trip at 7
(7時から旅を始めよう)

 

「trip」の他に、

travel」など旅に関することを言うときにも

”start”を使います。

 

 

 

このように、

機械・ビジネス・旅を始めるときは

「start」を使いましょう。

starting / beginning to do


たまに、”start”や”begin”の後に

「to do」や「ing」の形をした動詞が続きますが、

どっちの形を使えばいいのか

わからなくなるときがありませんか。

 

 

例えば、

It’s starting to rain?

It’s starting raining?

 

I’m beginning to learn English?

I’m beginning learning English?

となることです。

 

 

実はこれらは文法的にいうと

どっちも正解です。

 

 

しかし”start”や”begin”が

「ing」の形をとるときは、

うしろの動詞は「to do」の方が好まれます

 

 

なぜなら、

もしうしろの動詞を「ing」にすると

「starting ing」「beginning ing」のように

”ing”がいっぱいあってうるさいですよね。

 

 

よって、

”start”や”begin”が「ing」の形をとるとき

うしろの動詞は「to do」にしましょう。

 

 

例:

It’s starting to rain? ◯

It’s starting raining? ×

 

I’m beginning to learn English? ◯

I’m beginning learning English? ×

 

 

ただ、”start”や”begin”が

原型や過去形↓

 

startbegin
startedbegan

 

の場合は、

うしろに「to do」「ing」の

どっちを置いても大丈夫です。

まとめ


たまに、”start”は「始点からの動き」

”begin”は「その始点」を表すと言われます。

 

 

しかしネイティブに聞いたところ、

そういった意識はないそうなので

 

 

start
→カジュアルな場面
 または機械・ビジネス・旅を始めるとき

 

begin
→フォーマルな場面

 

 

と覚えるのがベストです。

 

 

また、

 

starting to do
beginning to do

 

もしっかり覚えましょう。

 

 

 

では最後に、

最初の例文の答えを見てみましょう。

He started working
(彼は仕事を始めた)

He began working
(彼は仕事を始めた)

 

”start”の場合は、

カジュアルな場面で使うので

友達に「彼は仕事を始めたよ」と

言っているニュアンス。

 

 

”begin”の場合は、

フォーマルな場面で使うので

仕事で「彼は仕事を始めたよ」と

言っているニュアンスです。

 

 

 

 

これで「start」と「begin」の

意味の違いは以上になります。

 

 

もし他の英単語の

微妙なニュアンスの違いが知りたい人は、

下記事をご覧ください。

 

 

英単語の細かいニュアンスの違いを

知りたい方はこちら↓

 

 

英語の本質的な違いを

知りたい方はこちらです↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました