【実際を表す】「actually」と「in fact」の違いや使い分け

英語の微妙なニュアンスの違い

「彼女とても天才で、”実際に”クラスで一番賢いんだって」

 

あなたはこのとき、

”actually”と”in fact”の

どっちを使うかわかりますか?

 

 

”actually”と”in fact”には

実は微妙な違いがありますので、

今回はその違いについて解説しています。

 

 

当記事を読むことで、

正確な”actually”と”in fact”の

使い分けができるようになるでしょう。

 

 

結論から言うと、

 

actually
→前の文章とは異なることを言う

in fact
→前の文章とは異なることを言う
 前の文章に補足して情報を加える

 

ときの「実際は」です。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

TOEICは930点持っています。


今はブログやツイッターを軸に、

留学で培った経験を発信しています。

 

上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

「actually」の意味


”actually”の意味は

前の文章と異なることを言うとき

「実際は」です。

 

例:

I’m not from America, but actually I’m from Japan
(私はアメリカ生まれじゃなくて、実際は日本生まれです)

 

「アメリカ生まれ」じゃなくて

実際は「日本生まれ」と

前の文章と異なることを言っていますよね。

 

 

このように、

前の文章とは異なることを言うときの

「実際は」は”actually”を使います。

 

他の例:

I don’t play soccer, but I actually play baseball
(私はサッカーをしませんが、実際は野球をします)

She looks young, but she is actually fifty
(彼女は若く見えますが、実際は50歳です)

He looks a guy who likes bikes, but he actually likes cars
(彼はバイク好きな人に見えますが、実際は車が好きです)

 

 

「I don’t play soccer, but I actually play baseball」

サッカーはしないけど、実際は野球をする。

 

 

「She looks young, but she is actually fifty」

若く見えるけど、実際は年をとっている。

 

 

「He looks a guy who likes bike, but he actually likes cars」

彼はバイク好きに見えるけど、実際は車好き。

 

 

すべて、前の文章とは

異なることを言っていますよね

 

 

このように、

前の文章とは異なることを言うときの

「実際は」は”actually”を使いましょう。

「in fact」の意味


”in fact”の意味は

 

前の文章とは異なることを言う
前の文章に補足して情報を加える

 

ときの「実際は」です。

 

 

”in fact”の1つ目の意味の

前の文章とは異なることを言うときの「実際は」は

”actually”と一緒の意味になります

 

 

つまり、さっき”actually”で使った例文は

すべて”in fact”に置き換えることができます。

 

例:

I’m not from America, but in fact I’m from Japan
(私はアメリカ生まれじゃなくて、実際は日本生まれです)

I don’t play soccer, but in fact I play baseball
(私はサッカーをしませんが、実際は野球をします)

She looks young, but in fact she is fifty
(彼女は若く見えますが、実際は50歳です)

He looks a guy who likes bike, but in fact he likes cars
(彼はバイク好きな人に見えますが、実際は車が好きです)

 

 

 

続いて、”in fact”の2つ目の意味

前の文章に補足して情報を加えるとき

の意味を見ていきましょう。

 

例:

She is so smart. In fact, she is the smartest in her class
(彼女はとてもかしこい。実際に彼女はクラスで一番かしこい)

 

彼女はとてもかしこい。

実際に彼女はクラスで一番かしこいは、

「実際に」を使って

前の文章に補足の情報を加えてますよね。

 

 

前の文章と後の文章は繋がっていて、

異なることを言ってないです。

 

 

このように、

前の文章に補足の情報を加えるときは

”in fact”を使います

 

例:

She is so beautiful. In fact, she is so popular
(彼女はとても美しいから、実際にとても人気だね)

I made a big mistakes at work. In fact, I was fired
(会社で大きなミスをおかしたから、実際に解雇された)

I’m so hungry. In fact, I haven’t eaten anything for a week
(とてもお腹すいた。実際に1週間何も食べてないからね)

 

 

「She is so beautiful. In fact, she is so popular」

彼女はとても美しいので、

実際にみんなからとても人気。

 

 

「I made a big mistakes at work. In fact, I was fired」

仕事で大きなミスをしたので、

実際に解雇された。

 

 

「I’m so hungry. In fact, I haven’t eaten anything for a week」

とてもお腹すいた理由が、

実際に1週間何も食べてないから。

 

 

上の全部は前の文章に補足して

新たな情報を加えてますよね

 

 

このように、

前の文章に補足して情報を加えるときは

”in fact”を使いましょう。

 

 

このとき、

”actually”は使えないので注意してください

「actually」と「in fact」の違い


おさらいすると、

”actually”と”in fact”の違いは

 

actually
→前の文章とは異なることを言う

in fact

→前の文章とは異なることを言う
 前の文章に補足して情報を加える

 

です。

 

 

ではこれらを踏まえて、

最初の例文を見てみましょう

彼女とても天才で、クラスで一番かしこいんだって

 

”actually”と”in fact”の

どっちを使うかはわかりましたか?

 

 

答えは、「in fact」です。

 

 

なぜなら上の例文は、

彼女は天才で、実際にクラスで一番かしこい

という意味ですよね。

 

 

つまり、

前の情報に補足の情報を加えているので

”in fact”が正解になります

 

 

 

また、”actually”と”in fact”は

前の文章と異なることを言うとき、

 

actually
→カジュアルな場面

in fact
→フォーマルな場面

 

という違いで使い分けられるので

併せて覚えておきましょう。

まとめ


今回の記事をまとめると、

 

actually
→【カジュアル
 前の文章とは異なることを言う

in fact

→【フォーマル
 前の文章とは異なることを言う
 前の文章に補足して情報を加える

 

でした。

 

 

 

これで「actually」と「in fact」の

違いや使い分けは以上になります。

 

 

ご覧くださりありがとうございました。

 

もし、何か質問があれば

気軽にツイッターに質問してください。

さくりゅう🍌留学行く前に知っておきたかった英語

 

    

コメント

タイトルとURLをコピーしました