【完全版】「forget to」と「forget ing」の違いや使い分け

英語の微妙なニュアンスの違い

I forget to eat breakfast

I forget eating breakfast

あなたはこの違いがわかりますか?

 

 

”forget”の後ろに、

「to」と「ing」のどっちがつくかで

微妙にニュアンスが違います

 

 

しかし、イメージで考えれば

「forget to」と「forget ing」の

違いはとても明確。

 

 

当記事では、

この”forget to”と”forget ing”の

違いをわかりやすく解説していますので

ぜひご覧ください。

 

 

 

結論から言うと、

 

forget to
→何かすることを忘れる
(実際やってない)

forget ing
→何かしたことを忘れる
(実際やってる)

 

です。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

日常生活だけでなくビジネス英語も理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

 

  

「forget to」の意味


”forget to”の意味は

何かすることを忘れる」です。

 

 

何かすることを忘れるとは、

実際に何かをしなかったという意味です。

 

 

また、日本語で

「何かすることを忘れる」とは言わず

何かすることを忘れた」と言うように、

 

英語でも、

現在形の”forget”ではなく

過去形の”forgot”がよく使われます。

 

 

例:

I forgot to buy lunch
(昼食を買うことを忘れた)

 

 

昼食を「買うこと」を忘れたというのは、

実際は昼食を買ってないという意味です。

 

 

また、

”to do”が「〜すること」と訳されることから

「forget to buy」で「買うことを忘れた」という

意味になるのが想像できるでしょう。

 

 

他にも”to”には

どこかに向かっている」イメージがあるので、

「forgot to buy」が

買う方向に向かっているのを忘れたと

考えることもできます。

 

 

このように、

「〜することを忘れる」と言うときは

”forget to”を使いましょう。

 

 

他の例:

She forgot to tell me
(彼女は私に伝えることを忘れた)

He forgot to attend on the class
(彼は授業に出席することを忘れた)

She forgot to do her homework
(彼女は宿題をすることを忘れた)

 

 

She forgot to tell me」

彼女は私に伝えることを忘れているので

実際は私に伝えなかったという意味。

 

 

「He forgot to attend on the class」

彼は授業に出席することを忘れているので

実際は授業に出席しなかったという意味。

 

 

「She forgot to do her homework」

彼女は宿題をすることを忘れているので

実際は宿題をしなかったという意味。

 

になります。

 

 

このように、

「〜することを忘れる」と言うときは

”forget to”を使いましょう

「forget ing」の意味


”forget ing”の意味は、

何かしたことを忘れる」です。

 

 

何かしたことを忘れるとは

実際に何かをしています。

 

 

また、”forget ing”も先ほどと同じで

過去形の”forgot”がよく使われます。

 

 

例:

I forgot buying lunch
(昼食を買ったことを忘れた)

 

 

私は昼食を「買った」ことを忘れたということは、

実際に昼食を買っています。

 

 

”ing”が「〜している」という意味なので、

実際に昼ごはんを”買っている”。

しかしそのことを忘れた。

と考えることができるでしょう。

 

 

このように、

「何かしたことを忘れる」というときは

”forget ing”を使います。

 

 

他の例:

She forgot telling me
(彼女は私に伝えたことを忘れた)

He forgot attending on the class
(彼は授業に出席したことを忘れた)

She forgot doing her homework
(彼女は宿題をしたことを忘れた)

 

 

She forgot telling me」

私は彼女に言ったことを忘れているので

実際は彼女に言ってます。

 

 

He forgot attending on the class

彼は授業に出席したことを忘れているので

実際は授業に出席してます。

 

 

She forgot doing her homework

彼女は宿題をしたことを忘れているので

実際は宿題をしています。

 

 

このように、

「何かしたことを忘れる」というときは

”forget ing”を使いましょう

「forget to」と「forget ing」の違い


おさらいすると、

 

forget to
→何かすることを忘れる
(実際やってない)

forget ing
→何かしたことを忘れる
(実際やってる)

 

です。

 

 

ではこれらを踏まえて、

最初に例文を見てみましょう。

I forgot to eat breakfast
(朝食を食べることを忘れた)

I forgot eating breakfast
(朝食を食べたことを忘れた)

 

 

forget to”は

何かすることを忘れるという意味なので、

「I forgot to eat breakfast」は

朝食を食べることを忘れたとなります。

 

つまり、朝食を食べてないです

 

 

一方で、”forget ing”は

何かしたことを忘れたという意味なので、

I forgot eating breakfast」は

朝食を食べたことを忘れたとなります。

 

つまり、朝食を食べています

 

 

forget to eat breakfast
→朝食を食べることを忘れた
(朝食を食べていない


forget eating breakfast
→朝食を食べたことを忘れた
(朝食を食べた)

 

 

このように、

”forget to”と”forget ing”には

微妙なニュアンスの違いがあるので

覚えておきましょう。

まとめ


まとめると、

 

forget to
→何かすることを忘れる
(実際やってない)

forget ing
→何かしたことを忘れる
(実際やってる)

 

です。

 

 

 

これで「forget to」と「forget ing」の

違いや使い分けは以上になります。

 

 

もし他の英単語の

微妙なニュアンスの違いが知りたい人は、

下記事をご覧ください。

 

 

英単語の細かいニュアンスの違いを

知りたい方はこちら↓

 

 

英語の本質的な違いを

知りたい方はこちらです↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました