【上にある】「above」と「over」の違いや使い分け|動きと接触で判断

英語の微妙なニュアンスの違い

The plane is above the city

The plane is over the city

あなたはこの違いがわかりますか?

 

 

”above”と”over”は

日本語で「上にある」という意味です。

 

 

しかしただ上と言っても、

英語での言い方はいっぱい。

 

 

当記事では、この「上」を意味する

”above”と”over”の違いを

わかりやすく解説していますので、

ぜひご覧ください。

 

 

 

結論から言うと、

 

above
→静的・接触なし

over
→動的・たまに接触ある

 

です。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

 

日常生活だけでなくビジネス英語も理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

 

  

「above」の意味


”above”の意味は「上にある」で、

”above”は「静的で接触のない」イメージがあります。

 

 

静的とは動きがあまりない、

接触のないとは触れていない

という意味です。

 

 

例えば下の例文を見てみましょう。

The sky is above us
(空は私たちの上にある)

 

 

空は私たちの上にあり、

動きがなければ

私たちに触れてもないですよね。

 

 

このように、

主語が静的で接触がなければ

”above”を使います

 

 

他の例:

A wall clock is above the TV
(掛け時計がテレビの上にある)

He lives above her
(彼は彼女の上の階に住んでいる)

Her name is above mine on the waiting list
(順番待ちリストに、彼女の名前が私の上にある)

 

 

「A wall clock is above the TV」

掛け時計はテレビの上にあり、

動きがなければ

テレビにも触れてないです。

 

 

「He lives above her」

彼は彼女の上の階にいて、

部屋全体で見ると動きがなければ

彼女に触れてもないです。

 

 

「Her name is above mine on the waiting list」

彼女の名前は私の名前の上にあり、

そもそも名前は動かないし

私の名前に触れることはないです。

 

 

このように、

主語が静的で接触がなければ

”above”を使いましょう。

 

 

ただもちろん例外もあります

 

 

例えば下の例文を見てみましょう。

The bird is above the sea
(鳥は海の上を飛んでいる)

 

 

鳥が海の上にいるということは

鳥は飛んで動いているはずです

 

 

つまり、

静的な意味を表す”above”は

使えないですよね。

 

 

ではなぜここで

”above”が使えるのでしょうか

 

 

理由は、動くものでも

そのときは止まっている様子を

伝えたいからです。

 

 

ここでは、動く鳥でも

鳥が海の上で留まっている様子を

表したいので”above”を使っています

 

 

次に説明する”over”と

意味の違いをはっきりさせるために、

above = 静的で接触のない

というイメージはしっかり持っておきましょう。

「over」の意味

 

”over”の意味は「上にある」で、

”over”は「動的でたまに接触ある

イメージがあります。

 

 

動的とは動きがあり、

接触のあるとは触れている

という意味です。

 

 

しかし接触といっても、

ただ接触しているだけだと

「on」が使われるので、

覆いかぶさって接触しているときに

”over”を使いましょう

 

 

例:

He put a blanket over his girlfriend
(彼は彼女にブランケットをかけた)

 

 

ブランケットは彼女の上にあり、

彼女に覆いかぶさってますよね。

 

 

他の例:

Put the cover over the table
(テーブルにカバーをかけて)

My toy was run over by the car
(おもちゃが車に轢かれた)

My mother is over 50
(私の母は50歳を超えてます)

 

 

「Put the cover over the table」

カバーはテーブルの上にあり、

テーブルに覆いかぶさってます。

 

 

 

「My toy was run over by the car」

おもちゃは車の上にあり、

車に覆いかぶられてます(受け身)

 

 

「My mother is over 50」

母親は50歳という基準より上の年です。

 

 

このように、

覆いかぶさって接触しているときは

”over”を使いましょう

 

 

 

ただ”over”に接触の意味があるのは

この「覆う」という意味のときだけです。

 

 

”over”が他の使い方をするときは

接触の意味がないので注意しましょう。

 

 

例:

cloud is over the mountain
(雲は山の上にある)

A bird is flying over the sea
 (鳥が海の上を飛んでいる)

 

 

雲は山の上にあるけど

山には接触していません。

 

 

鳥は海の上を飛んでいるけど

海には接触していません

 

 

また、雲や鳥は動いていますよね

 

 

”above”は静的で”over”は動的なので

こういったときに”over”を使います。

「above」と「over」の違い①


おさらいすると、

 

above
→静的・接触なし

over
→動的・たまに接触ある

 

です。

 

 

これらを踏まえて、

最初の例文の答えを見てみましょう。

The plane is above the city

The plane is over the city

 

 

above”は静的なイメージなので、

「The plane is above the city」は

飛行機が都市の上にあるイメージです。

 

 

ここで飛行機が動いているイメージはなく、

 

頭の中でパッと飛行機が

都市の上にあることを思い浮かべている。

 

絵の中で飛行機が

都市の上にあることを表している。

 

のどっちかのイメージが強いです。

 

 

一方で”over”は動的なイメージなので、

「The plane is over the city」は

飛行機が都市の上を飛んで

通過しているイメージになります。

 

 

 

このように”above”と”over”には

微妙なニュアンスの違いがあること

覚えておきましょう。

「above」と「over」の違い②


”above”と”over”は

実は「上にある」以外にも

他の使い方をされます。

 

 

それは「〜以上」です。

(more than〜と一緒)

 

 

例えば、

 

❶気温が40℃「以上」あります
❷沖縄は全国の平均「以上」気温が高い
❸50人「以上」友達がいる
❹10キロ「以上」痩せた
❺1時間「以上」待っている

 

と言うときに

”above”と”over”を使います。

 

 

しかし、「〜以上」と訳すときに

”above”と”over”のどっちも使っていい訳ではなく

しっかり違いがありますので

1つ1つ丁寧に解説したいと思います。

「above」と「over」のどっちも使えるとき


”above”と”over”のどっちも使えるときは、

気温が〜以上」と言うときです。

 

 

例えば先ほどの1番、

 

❶気温が40℃「以上」あります

 

と言うときは、

気温について話しているので

”above”と”over”のどっちも使えます。

 

 

例:

The temperature is above 40 degrees

The temperature is over 40 degrees

「above」が使えるとき


”above”が使えるのは、

平均が〜以上」と言うときです。

 

 

例えば先ほどの2番、

 

❷沖縄は全国の平均「以上」気温が高い

 

と言うときは、

平均気温について話しているので

”above”を使います。

 

 

例:

The temperature in Okinawa is above the average of the other prefectures

「over」が使えるとき


”over”が使えるのは、

平均のこと以外で〜以上」と言うときです。

 

 

例えば先ほどの3、4、5番

 

❸50人「以上」友達がいる
❹10キロ「以上」痩せた
❺1時間「以上」待っている

 

と言うときは、

平均以外のことについて話しているので

”over”を使います。

 

 

例:

I have friends over 50
(50人以上の友達がいる)

I lost weight over 10 kilograms
(10キロ以上痩せた)

I’ve been waiting for over an hour
(1時間以上待っている)

まとめ

 

まとめると、

 

above
→静的・接触なし

over
→動的・たまに接触ある

 

 

また”above”と”over”が

〜以上」と訳すときは

 

above
→気温・平均が〜以上

over
→気温・平均のこと以外で〜以上

 

と使い分けます。

 

 

 

 

これで「above」と「over」の

違いや使い分けは以上になります。

 

 

もし他の英単語の

微妙なニュアンスの違いが知りたい人は、

下記事をご覧ください。

 

 

英単語の細かいニュアンスの違いを

知りたい方はこちら↓

 

 

英単語の細かいニュアンスの違いを

知りたい方はこちら↓

 

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました