「all」と「whole」の違いをわかりやすく解説【結論→1つか複数か】

英語の微妙なニュアンスの違い

All day

the whole day

あなたはこの違いがわかりますか?

 

 

全体」を表す”all”と”whole”ですが

実は微妙に意味が違います。

 

 

当記事では、

この”all”と”whole”の違いを

わかりやすく解説していますので

ぜひご覧ください。

 

 

結論↓

 

all→複数の全部

whole→1つの全体

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

 

日常生活だけでなくビジネス英語も理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

「all」の意味


”all”の意味は、

複数の全部」です。

 

 

例えば

 

家にあるリンゴ全部
持っているお金全部
チームメイト全員

 

など、複数あるものの全部を表す場合は

「all」を使いましょう。

 

 

例:

These are all the apples in my house
(これらは家にある全部のリンゴです)

These are all my money
(これらは私が持っている全部のお金です)

They are all the members in the team
(彼らはそのチームのメンバー全員です)

 

 

”all”を使うときの注意点として、

”all”の後ろの名詞は「複数形」にしなければなりません。

例:all the apples  all my money  all the members
(”money”は数えきれないので”s”はつかない)

 

 

また、”all”の後ろの名詞を修飾するための

「the」や「my」などはすべて”all”の後ろ

につけなければなりません。

例:all the apples  all my money  all the members

 

 

このように

複数の全部を表すときは”all”を使い、

”all”の後ろは複数形して

”the”や”my”などは”all”の後ろに置きましょう。

「whole」の意味


”whole”の意味は

1つの全体」です。

 

 

例えば

 

物語の全体の内容
からだ全体
本の全編

 

など、何か1つの全体を表すときは

「whole」を使いましょう。

 

 

例:

Can you tell me the whole story about the movie
(その映画の全体の内容について教えて)

My whole body feels sore
(からだ全体が痛む)

I read the whole book
(本の全編を読んだ)

 

 

”whole”を使うときの注意点として、

”whole”の後ろの名詞は「単数形」にしなければなりません。

例:the whole story  My whole body  the whole book
(”whole”は「1つ」の全体を表すので単数形になる)

 

 

また、”whole”の後ろの名詞を修飾するための

「the」や「my」などはすべて”whole”の前

につけなければなりません。

例:the whole story  My whole body  the whole book

 

 

このように

1つの全部を表すときは”whole”を使い、

whole”の後ろは単数形にして

”the”や”my”などは”whole”の前に置きましょう。

「all」と「whole」の違い


おさらいすると、

”all”と”whole”の違いは

 

all→複数の全部
(theやmyはallの後ろで、後ろは複数形)

whole→1つの全体
(theやmyはwholeの前で、後ろは単数形)

 

です。

 

 

ではこれらを踏まえて、

最初の例文の違いを見てみましょう

All day

the whole day

 

 

【まず質問ですが、このように考えた人はいますか?↓】

”all”は複数の全体を表すので、

「all day」は全ての日にちを表す…

 

あれっ、でも”day”が複数形じゃないから

「all day」は1日の全体?

 

いや、もし1日の全体だとしたら

普通「the whole day」を使うよね。

 

じゃあ「all day」ってどういう意味やねん

 

 

上のように考え方、

実は”all”と”whole”の使い分けは完璧です。

 

 

しかし”all”の意味には例外があり、

「時間」を表すときかつ

”all”の後ろが単数形になっているときは、

”all”でも1つの全体を表すことができます。

(all day=1日の全体)

 

 

つまり、最初の例文

All day

は「時間」かつ

”day”が単数形になっているので、

”all”でも1つの全体を表すことができ

意味は「1日中」となります。

 

 

一方で、”whole”の場合も

1つの全体を表すので

意味は「1日中」となります。

 

 

つまり、

 

all day=1日中
the whole day=1日中

 

となることもあるので

覚えておきましょう。

 

 

ただ、”all”の後ろが複数形であれば

いつも通り「all=複数の全部」と考えてください。

まとめ


今回の内容をまとめると、

 

all→複数の全部
(theやmyはallの後ろで、後ろは複数形)

whole→1つの全体
(theやmyはwholeの前で、後ろは単数形)

 

”all”の後ろが「時間」かつ単数形のときは

”all”も1つの全体を表すことができる。

 

でした。

 

 

 

これで「all」と「whole」の

違いや使い分けは以上になります。

 

 

もし他の単語の

微妙なニュアンスの違いが知りたい人は、

下記事をご覧ください。

 

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました