「also」「too」「as well」の正しい使い方|意味に違いはありません

英語の微妙なニュアンスの違い

あなたは「also」「too」「as well」の

正しい使い方がわかりますか?

 

 

「also」「too」「as well」はすべて

「〜も」と追加の情報を付け加える際に

使われる単語たちです。

 

 

これらの単語は、

文頭・文中・文末の色んなとこで使われるため

自信を持って使いこなせる人は

少ないのではないでしょうか。

 

 

当記事では、

「also」「too」「as well」の正しい使い方

解説していますのでぜひご覧ください。

 

 

 

結論から言うと、

 

「also」「too」「as well」は全く同じ意味

 

使い方は、

 

also
→文頭・文中・文末どこでも

(口語ではあまり使われない)

too
→文中・文末

(口語でよく使われる)

as well
→文末のみ

(口語でよく使われる)

 

です。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

 

日常生活だけでなくビジネス英語も理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

 

  

「also」「too」「as well」の正しい使い方


「also」「too」「as well」は

先ほど言ったように、

3つとも「〜も」と訳します。

 

 

英語で同じ訳になる単語って、

だいたいが微妙にニュアンスが違かったりしますよね。

 

 

しかし、「also」「too」「as well」は

全く同じ意味です

 

補足:

「〜も」と訳すときだけ全く同じ意味

”too”を「とても」と訳したり、

”as well”は「might as well」「just as well」と

訳すときはもちろん違う意味になる。

 

 

ただ、全く同じ意味と言っても

使い方は微妙に違ってくるので、

これから「also」「too」「as well」の

使い方を丁寧に解説していきます。

「also」の使い方【文頭・文中・文末】


”also”は「文頭・文中・文末」の

どこでも使うことができます。

 

 

例:

Also, I bought a shirt
(私は服も買った)

I also bought a shirt
(私も服を買った)

I bought a shirt also
(私は服も買った)

 

 

しかし、”also”をどこに置くかで

訳が微妙に変わるので注意しましょう

 

 

【文頭】

”also”が文頭に来るときは、

「何かに加えて、私は服も買った」となるので

「服も買った」となる。

 

 

【文中】

”also”が文中に来るときは、

”also”が「私」の後ろに付いているので

「私も買った」となる。

 

 

【文末】

”also”が文末に来るときは

”also”が「服」の後ろに付いているので

「服も買った」となる。

 

 

このように、”also”が付く場所によって

微妙に意味が変わるので注意しましょう。

 

 

また、”also”を使うときはあと「2つ

注意しなければならないことがあるので、

ここからはその注意点について解説していきます。

「文頭」に置くときは、”Also”の後ろにカンマをつける


注意点1つ目↓

”Also”を文頭に置くときは、

”Also”の後ろにカンマをつけましょう

 

 

例:

Also, I bought a shirt
    ↑
カンマをつけるのは英語のルールになります。

 

 

カンマがないと、

Writingテストで減点されてしまいます。

「文中」に置くときは、一般動詞の前、be動詞の後、助動詞の後につける


注意点2つ目↓

”also”を文中に置くときは、

”also”を一般動詞の前、be動詞の後、助動詞の後

つけましょう。

 

 

例:

I also bought a shirt
(服も買った)

I am also a teacher
(私も先生です)

I can also swim
(私も泳げるよ)

 

 

助動詞の後につく”also”は、

よく見ると一般動詞の前にあるので

「”also”は一般動詞の前とbe動詞の後につく」

だけ覚えても問題ないです。

「too」の使い方【文中・文末】


”too”は「文中・文末」で

使うことができます。

 

 

例:

I ,too, bought a shirt
(私も服を買った)

I bought a shirt too
(私は服も買った)

 

 

これも”too”がつく場所によって、

訳が微妙に違うので注意しましょう

 

 

【文中】

”too”が文中に来るときは、

”too”が「私」の後ろに付いているので

「私も買った」となる。

 

 

【文末】

”too”が文末に来るときは

”too”が「服」の後ろに付いているので

「服も買った」となる。

 

 

つまり”too”に近い名詞に

「〜も」をつけるとよいです

「文中」に置くときは、”too”の前後にカンマをつける


注意点として、

”too”を文中に置くときは

”too”の前後にカンマをつけましょう

 

 

例:

I ,too, bought a shirt
(私も服を買った)

 

 

このとき、”too”の後ろだけでなく

”too”の前にもカンマをつける必要があります。

「as well」の使い方【文末のみ】


”as well”は「文末のみ」で

使うことができます。

 

 

例:

I bought a shirt as well
(私は服も買った)

 

 

決して、文頭「As well, I bought…」や

文中「as well bought…」と

しないようにしましょう。

「〜もまた」を表す”either”とは


「also・too・as well」の他にも

「〜も」を表す単語で

”either”を見たことはありませんか?

 

 

”either”の使い方は、

「also・too・as well」とも大きく関っているので

今回は”either”の使い方まで

深掘りして解説していきます。

 

 

まず、「also・too・as well」は基本

肯定文でしか使えず、

否定文で使うことはできません

(tooは否定文で使えることがある)

 

 

しかし、否定文で「〜も」と

言いたいときはありますよね。

 

 

例えば、

「私もいらない」や「私もやりたくない」

と言うときなどです。

 

 

ではこういうときは

いったい何を使えばいいのでしょうか?

 

 

そうです。

ここで使うのが”either”です

 

 

”either”は否定文で

「〜も」と言うときに使われるので

覚えておきましょう。

 

 

例:

I don’t like shrimp and shellfish either
(エビと貝が好きじゃない)

Brain is not here. Wait, Mary is not here either
(ブライアンここにいないね。待って、メアリーもここにいない)

 

 

このように、

「〜も」と言うときは

 

also・too・as well→肯定文
either→否定文

 

で使いましょう。

まとめ


今回の記事をまとめると、

 

also
→文頭・文中・文末どこでも

(口語ではあまり使われない)

too
→文中・文末

(口語でよく使われる)

as well
→文末のみ

(口語でよく使われる)

also・too・as well→肯定文
either→否定文

 

でした。

 

 

 

これで「also」「too」「as well」の

正しい使い方は以上になります。

 

 

また他にも

「Goodの正しい使い方」など書いてますので、

ぜひご覧ください。

 

    

コメント

タイトルとURLをコピーしました