「lie」と「lay」の違いや使い分け|意味や文法などすべての面から解説

英語の微妙なニュアンスの違い

ネイティブでも間違った

使い方をすると言われる「lie」と「lay」

 

 

あなたはこの違いがわかりますか?

 

 

”lie”は横になるという意味で使われるとき

過去形が”lay”になるため、

 

「lie」の過去形lay
「lay」の現在形lay

 

の区別が分からなくなってしまうことが

多々あります。

 

 

当記事では、そういった人のために

「lie」と「lay」の違いについて

わかりやすく解説していますので

ぜひご覧ください。

 

 

 

結論から言うと、

「lie」と「lay」の違いは

 

lie→横になる
(lie、lay、lain、lying)
 →ウソをつく
(lie、lied、lied、lying)

lay→横に寝かせる
(lay、laid、laid、laying)

 

です。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

 

日常生活だけでなくビジネス英語も理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

 

  

「lie」の意味


”lie”の意味は

横になる」です。

 

 

例えば、

 

ベットの上で横になる
ソファの上で横になる
床の上で横になる

 

と言うとき

何かに横になっていますよね

 

 

こういったときに”lie”を使います。

 

 

例:

I lie in my bed
(ベットの上で横になる)

I lie on the sofa
(ソファの上で横になる)

I lie on the floor
(床の上で横になる)

 

 

このとき、”lie”の後ろには

「in」「on」「under」

などの前置詞をつけましょう。

 

例:

lie in→〜の中で横になる

lie on→〜の上で横になる

lie under→〜の下で横になる

 

 

また、”lie”は「横になる」の他に

実はもう一つ意味があります。

 

 

それは「ウソをつく」です。

 

 

例えば、

 

彼は私にウソをついた
彼女は年齢をウソついた
ウソをつくな

 

と言うとき

誰かにもしくは何かを

ウソついていますよね

 

 

こういったウソをつくと言うときにも

”lie”を使います。

 

 

例:

He lied to me
(彼は私にウソをついた)

She lied about her age
(彼女は年齢をウソついた)

Don’t tell a lie
(ウソをつくな)

※”lie”は名詞にもなり「ウソをつく=tell a lie」という言い方もできる

 

 

”lie”の後ろは

to 人」で人にウソをついた。

 

もしくは「about 〜」で

〜をウソついたと言うことができます。

 

 

ちなみに”about”の後ろは

上の例文では名詞になっているが、

動詞を置くこともできます

 

例:

I lied about going to school
(学校に行ってるとウソついた)

※動詞は「ing」形

 

 

このように、”lie”には

 

横になる
ウソをつく

 

の2つの意味があるので

覚えておきましょう。

 

 

また、”lie”が

「横になる」という意味で使われるときと

「ウソをつく」という意味で使われるときでは

動詞の活用形が異なるので注意しましょう

 

  原形 過去形 過去分詞形 現在進行形
横になる lie lay lain lying
ウソをつく lie lied lied lying

「lay」の意味


”lay”の意味は

横に寝かせる」です。

 

 

”lie”は自分が横になるのに対して、

”lay”は誰かや何かを横に寝かせます。

 

 

また”lay”は横に寝かせるの他に

下に置く」というニュアンスも強いので、

どちらの意味も覚えておきましょう。

 

 

例:

He laid me down on the sofa
(彼は私をソファの上に寝かせた)

I laid my books on the floor
(本を床の上に置いた)

She laid all her money on the table
(彼女はお金をすべてテーブルの上に置いた)

 

 

上の例文を見てわかる通り、

”lie”には後ろにすぐ前置詞がきたのに対して

”lay”は後ろに人や物が必ずきます

 

 

これは”lie”は自分自身が寝るのに対して

”lay”は誰かや何かを寝かせるという意味だからです。

 

 

よって、

 

lie+前置詞
lay+人や物

 

は覚えておきましょう。

 

 

ちなみに、”lay”は「寝かせる」という意味で

もともと受け身になっているので、

もしさらに受け身にして「I’m laid」と使うと

寝かせるの受け身「横に寝かせられる」となり、

つまり自分自身が「横に寝る」に戻っちゃいます。

まとめ


今回の記事をまとめると、

 

lie→横になる
(lie、lay、lain、lying)
 →ウソをつく
(lie、lied、lied、lying)

lay→横に寝かせる
(lay、laid、laid、laying)

 

I’m laid→横に寝かせられる→横に寝る

 

lie+前置詞
lay+人や物

 

でした。

 

 

 

ではこれらの違いを踏まえて、

最後に問題です。

 

刑事ドラマでよく見る「銃を床におけ!」

 

は”lie”と”lay”のどっちを使うでしょうか。

 

 

カチッカチッカチッ…

 

 

答えは、「lay」でした。

 

 

なぜなら自分自身が横になるのではなく、

「銃」という「モノ」を横に寝かせろ。

つまり下に置けとお願いしていますよね。

 

 

よって、

「モノ」を寝かせているので

”lay”を使います。

Lay down your gun(weapon)
「銃(武器)を下に置きなさい」

 

 

 

これで「lie」と「lay」の

違いや使い分けは以上になります

 

 

もし他の単語の

ニュアンスの違いが知りたい人は、

下記事をご覧ください。

 

 

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました