ネイティブがよく使う「Get」の5つの使い方|arrive, receive, understand…

英語の微妙なニュアンスの違い

英語の勉強をしていると、

必ずつまずくのが”get”の使い方。

 

 

”get”は基本「得る」という意味で使われますが、

ネイティブは得るだけじゃなく

とても色んな使い方をします。

 

 

当記事では、

ネイティブがよく使う”get”の使い方5つを

まとめてみたのでぜひご覧ください。

 

 

 

結論から言うと、

”get”の使い方5つは

 

arrive
→着く

receive
→受け取る

understand
→理解する

become
→なる

buy
→買う

 

です。

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

TOEICは930点持っています。


今はブログやツイッターを軸に、

留学で培った経験を発信しています。

 

上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

ネイティブがよく使う「Get」の5つの使い方


先ほど結論でも書いた通り、

ネイティブがよく使う”get”の5つの使い方は

 

arrive、receive、understand、become、buy

 

です。

 

 

これらの単語は

全て”get”に置き換えることができます

 

 

しかし”get”は口語なので、

フォーマルな場面では

「arrive、receive、understand、become、buy」を

使うようにしましょう。

arrive(着く)


まず1つ目、

arrive(着く)

 

例:

arrive at the station
get to the station
(駅に着く)

 

She arrived in Tokyo
She got to Tokyo
(彼女は東京に着いた)

 

He will arrive there soon
He will get there soon
(彼は間もなくそこに着くだろう)

 

考え方:
「場所+get」→「場所を得る」→「着く」

 

 

このとき、

「arrive=get」

もしくは

「arrive at/in=get to」

となっています。

 

 

つまり後ろにつく前置詞は

 

arriveの場合「at・in」
getの場合「to」

 

になります。

receive(受け取る)


次に2つ目、

receive(受け取る)

 

例:

receive the letter
get the letter
(手紙を受け取る)

 

She received a gift
She got a gift
(彼女はプレゼントを受け取った)

 

考え方:
「モノ+get」→「モノを得る」→「受け取る」

 

 

”receive”は、

 

receive=get

 

となります。

understand(理解する)


次に3つ目、

understand(理解する)

 

例:

understand the joke
get the joke
(冗談を理解する)

 

She dosen’t understand what you are saying
She dosen’t get what you are saying
(彼女はあなたの言ってることを理解してない)

 

考え方:
「考え+get」→「考えを得る」→「理解する」

 

 

”understand”は、

 

understand=get

 

となります。

become(なる)


次に4つ目、

become(なる)

 

例:

become sick
get sick
(病気になる)

 

She is becoming tired
She is getting tired
(彼女は疲れてきている)

 

考え方:
「体調+get」→「体調を得る」→「体調になる」
「感情+get」→「感情を得る」→「感情になる」

 

 

このとき、”become”や”get”の後には

体調や感情を表す「形容詞」が入ります

 

 

つまり、

become superstar
(スーパースターになる)

get superstar ×
(スーパースターになる)

のように「名詞」が入って

スーパースターになるとはできないので

注意しましょう。

 

 

また、”become”は

 

become=get

 

となります。

buy(買う)


最後に5つ目、

buy(買う)

 

例:

buy a shirt
get a shirt
(服を買う)

 

She bought a bag
She got a bag
(彼女はバックを買った)

 

考え方:
「モノ+get」→「モノを得る」→「買う」

 

 

”buy”は、

 

buy=get

 

となります。

まとめ


今回の記事をまとめると、

ネイティブがよく使う”get”の5つの使い方は

 

arrive=get
arrive at/in=get to

receive=get

understand=get

become 形容詞=get 形容詞→get 名詞 ×

buy=get

 

でした。

 

 

 

ネイティブの”get”の使い方は

学校では習いません

 

 

それゆえ留学に行ったことない人や

英語を今から勉強する人は、

この”get”の使い方で苦戦してしまうでしょう。

 

 

当記事で少しでも

”get”の使い方を覚えてくれたら幸いです。

 

 

 

これで「Get」の5つの使い方

についての説明は以上です。

 

 

ご覧くださりありがとうございました。

 

もし、何か質問などあれば

気軽にツイッターに質問してください。

さくりゅう🍌留学行く前に知っておきたかった英語

 

   

コメント

タイトルとURLをコピーしました