「a」が付くだけで意味が変わる?「wait・await」「wake・awake」「sleep・asleep」の違い

英語の微妙なニュアンスの違い

「a」が付くだけで、違う単語になる

「wait・await」「wake・awake」「sleep・asleep」

 

 

あなたはこれらの違いがわかりますか?

 

 

「wait・await」「wake・awake」「sleep・asleep」は

意味的にはほぼ同じですが

使い方が微妙に違います

 

 

当記事では、

この「wait・await」「wake・awake」「sleep・asleep」の違いを

わかりやすく解説していますので

ぜひご覧ください。

 

 

 

結論↓

 

wait(動詞)
await(動詞)
「wait for=await」

 

wake(動詞)
awake(形容詞)
「awake=up」

 

sleep(動詞・名詞)
asleep(形容詞)
「be sleeping=asleep」

 

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

 

日常生活だけでなくビジネス英語も理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

 

  

「wait」と「await」の違い


”wait”と”await”は

待つ」という意味の動詞。

 

 

しかし、使い方には

色々ルールがあります。

 

例:

wait

「wait for」が基本の形

単独でも使える

 

await

単独で使えない

後ろに人や時間、to不定詞を置けない

 

「wait forawait」

 

 

まず”wait”は、

後ろに何か待つものがくるとき

必ず「wait for 待つもの」にします。

 

例:

I’m waiting for my friends
(友達を待っている)

We will wait for his arrival
(私たちは彼の到着を待つ予定)

She has been waiting for an hour
(彼女は1時間ずっと待っている)

※forは必須

 

 

しかし、”wait”を

 

・単独で使うとき
・to不定詞と使うとき

 

例外で”for”を外しましょう

 

例:

I’ll wait
(待つよ)

I’m waiting to buy a new phone
(新しい携帯を買うために待っている)

 

 

 

続いては、「await」です。

 

 

”await”は”wait”と違って、

 

・単独で使えない
・後ろに人や時間、to不定詞を置けない

 

というルールがあります。

 

例:

I’ll await ×
(待つ)

I am awaiting him ×
(彼を待っている)

I have been awaiting for an hour ×
(1時間ずっと待っている)

I am awaiting to buy a new phone ×
(新しい携帯を買うために待っている)

 

 

よって、”await”を使うときは

後ろに「出来事やモノ」だけを置きましょう。

 

例:

She is awaiting the order
(彼女は注文を待っている)

They awaited the arrival of delivery pizzas
(彼らは宅配ピサの到着を待っている)

 

 

ちなみに「await=wait for」なので、

”await”に”for”をつける必要はありません。

「wake」と「awake」の違い


”wake”と”awake”は

起きる」という意味ですが、

”wake”は動詞、”awake”は形容詞になります。

 

 

また、”wake”と”awake”は

 

wake→目が覚める
awake→起きている状態を表す

 

という微妙な違いがあります。

 

例:

I always wake up at 7am
(いつも7時に起きる→いつも7時に目を覚ます)

I’m always awake at 7am
(いつも7時には起きている→いつ目を覚ましたかわからないが、いつも7時には起きている)

※「自分が起きる」と言うとき”wake”に”up”は必須

 

 

さらに”wake”は、

”wake”と”up”の間に「人」を入れることで

誰かを起こすと言うことが可能です

 

例:

His mother wakes him up everyday
(彼の母親は、毎日彼を起こしている)

Did you wake her up?
(あなたは彼女を起こしましたか?)

I always wake up my wife
(僕はいつも妻を起こしている)

※「人」が「my wife」のように2語以上だと”up”の後ろに置く

 

 

先ほど、「自分が起きる」と言うとき

”wake”に”up”は必須と言いましたが、

上のように「誰かを起こす」と言うときは

「up」を省くことができます

 

 

ただ一般的ではありません。

 

例:

His mother wakes him everyday △
(彼の母親は、毎日彼を起こしている)

Did you wake her? △
(あなたは彼女を起こしましたか?)

I always wake my wife △
(僕はいつも妻を起こしている)

 

 

 

続いては「awake」についての説明です。

 

 

”awake”は起きている状態を表し、

「up」と同じ意味になります。

 

例:

I’m up
=I’m awake
(起きている)

He stayed up during the time
=He stayed awake during the time
(彼は日中ずっと起きていた)

 

 

また、”awake”は動詞にもなり

動詞としての意味は「起きる」「感情を生む」です

 

例:

I always wake up at 7am
=I always awake at 7am
(いつも7時に起きるよ)

Music can awake happiness within me
(音楽は私を幸せにさせてくれる)

 

 

ただ”awake”は

動詞としてあまり使われません。

 

 

よって形容詞の

「起きている」という意味を、

重点的に覚えましょう。

「sleep」と「asleep」の違い


”sleep”と”asleep”は

寝る」という意味ですが、

”sleep”は名詞と動詞、”asleep”は形容詞になります。

 

 

”sleep”と”asleep”の違いは特になく

be sleeping=asleep」です。

 

例:

She is sleeping
=She is asleep
(彼女は寝ている)

I was sleeping
=I was asleep
(寝ていた)

 

 

ただ”sleep”は”asleep”と違って

名詞として使うこともできます。

 

例:

Did you get enough sleep yesterday?
(昨日、十分な睡眠とった?)

まとめ


これで、

「wait・await」「wake・awake」「sleep・asleep」の違いは

以上です。

 

 

今回の記事をまとめると

 

wait(動詞)
→「wait for」が基本の形・単独でも使える

await(動詞)
→単独で使えない・後ろに人や時間、to不定詞を置けない

「wait for=await」

 

 

wake(動詞)
→目が覚める・「wake up」が基本の形

awake(形容詞)
→起きている状態を表す

「awake=up」

 

 

sleep(動詞・名詞)
→名詞にもなる

asleep(形容詞)
→寝ている状態を表す

「be sleeping=asleep」

 

でした。

 

 

 

「a」がつくかつかないかで、

微妙に意味が変わってしまうと

覚えるのが大変ですね。

 

 

ただ上のまとめさえおさえておけば、

英語を勉強していく上で困ることはないです。

 

 

当記事でしっかり、

「wait・await」「wake・awake」「sleep・asleep」の違いを理解し

1つ上の英語力を目指しましょう

 

 

 

他の単語のニュアンスの違い↓

 

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました