【おすすめ】英語学習でおすすめの本を初心者〜上級者向けに分けて紹介

英語勉強に便利なツール

当記事は、

「自分にあった最適な英語学習本を見つけたい」
「英語上級者が実際に使っている本を知りたい」

という方向けの記事です。

 

 

英語学習を効率よくする上で

本選びは非常に大事になってきます

 

 

本選びに失敗して英語力が伸びなかったとか

絶対に嫌ですよね。

 

 

当記事では本選びに失敗しないために、

僕の経験とみんなの相対的な評価をもとに

初心者〜上級者向けに細かく分けて本を紹介しています

 

 

またこれから紹介する本は全部、

Amazonや書店で今人気の本たちばかりなので

今の時代に合った本とも言えるでしょう

 

 

※はじめに私の経歴

私はアメリカ、フィリピン、オーストラリアに1年間留学し、

オーストラリアでは仕事を経験。

 

日常生活だけでなく

ビジネス英語もある程度は理解でき、

TOEICは930点持っています。


上の情報が当記事の

信頼担保になってくれると幸いです。

初心者向け【TOEIC 0〜500点】


「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく」は、超初心者向けの英文法を解説している本です。今まで英語に全く触れてこなかったけど、今から英語の勉強を始めたい人にはまさにうってつけ。もし僕が英語力0になったら、間違いなく著書から勉強します。

 

 

著書のいいところは、学べる英文法の量が非常に多いことです。わからない文法をいちいち色んな本から探すのは非常にめんどくさいですよね。でもこの本があればだいたいの文法が網羅的に解説されているので、わからない文法を探す手間が省けます。英語初心者を脱却するには非常に重要な本です。

 

 

また著書は、大人気の中学参考書「ひとつひとつわかりやすく」という本の中1~中3の3冊を1冊にまとめて,高校生・学生・大人用として再構成されたものです。元々の本はそれぞれ1,000円以上するので3冊で3,000円以上。しかしそれがまとめれたこの本は2,500円ですので、お買い得になっています。ただ中1英語だけ学びたいなどがあれば、別々で買うことももちろんできます。

 

中学 英語を もう一度ひとつひとつわかりやすく。

中1英語をひとつひとつわかりやすく。(CD付き)

中2英語をひとつひとつわかりやすく。(CD付き)

中3英語をひとつひとつわかりやすく。 CDつき (中学ひとつひとつわかりやすく)

中級者向け【TOEIC 500〜800点】


「難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!」は英語中級者向けの英語の考え方や英語を話せるようになるための方法を解説している本です。英語初心者向けの単語や文法を理解している人であれば、実践的な英語を身につけるために必須の本となっています。

 

 

著書のいいところは英語の重要な考え方を学べるだけでなく、英語をペラペラにするための方法が「入門編」「初級編」「実践編」「ビジネス編」と分かれていて、英語がペラペラになるまでのイメージが明確にわかることです

 

 

英語を勉強していると「どうやったら英語をペラペラ話せるようになるんだろう」と疑問に持つ人は多いでしょう。英語を話せない頃は、話せるようになるまでの道筋がわからないのは当たり前です。著書はその道筋を明確にする手助けをしてくれ、あなたの英語に対する考え方を大きく変えてくれるでしょう。

 

 

ちなみに著書は「Amazon英語の売れ筋ランキングで1位」を取るなど、今かなり売れている本です。価格は1,313円と非常に安く、本当にこの内容の濃さでこんな安くていいんだろうかと驚くほどです。もしあなたが英語を本気で上達させたいなら、ぜひ読んでみてください。

 

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

 

また今だと著書は「Amazon Kindle」の電子書籍で無料で見ることができ、さらに「Amazon Kindle」も30日間の無料体験を行なっていますので、【実質無料】で全部見ることができます

【Amazon Kindle】30日間無料体験

上級者向け【TOEIC 800〜満点】


英語上級者となると英単語や英文法の多くの知識が身についているので、日本の参考書から勉強するというよりは洋書や実践型のオンライン英会話で勉強する方が、英語力が伸びやすいのでおすすめです(体験談)。

 

 

英語上級者にとって何より必要なことは、圧倒的読書量と分からない部分を見極めて克服する力です。圧倒的読書量は「洋書」で補い、分からない部分を見極めて克服する力は「オンライン英会話」で講師に指摘してもらいましょう。また、自分でわからないところがあれば講師に質問もできるので一石二鳥です。

 

 

ちなみに洋書だと「I’ve Got Your Number」、オンライン英会話だと「DMM英会話」がおすすめです。

I’ve Got Your Number

「I’ve Got Your Number」の内容:

婚約者からもらった指輪をホテルでなくしてしまった主人公が、手に持っていた携帯も通りすがりの人に盗まれてしまうところから始まります。途方に暮れる主人公は、ホテルのロビーのゴミ箱に携帯が捨てられているのを発見。その携帯を使って指輪を探しだそうとするも、携帯の持ち主にばれ携帯を返すよう要求されます。しかし指輪を見つけるまで絶対に携帯を返したくない主人公。そこであることを思いつきます…

 

本の内容は全部「主人公」の視点で書かれているため、自然な話し方を学びたい人にとても最適です。本で使われる英語はそれほど難しくもないので、英語中級者でも楽しく読める小説になっています。

DMM英会話

「DMM英会話」はオンライン英会話の中で僕が一番おすすめするスクールです。価格が非常に安く、講師は7,000人以上いる中から自分で選ぶことができ、24時間いつでもレッスンを受けきれます。DMM英会話については、別記事で詳しく説明していますのでそちらをご覧ください。

 

英語初心者〜上級者向けの単語帳


初級者〜上級者まで誰にでもおすすめできる本が「Distinction 2000」です。きれいなデザイン、わかりやすい解説、単語の重要性、どれをとってもトップクラス。今英語学習者の中で非常に話題になっている本です。僕を含め留学経験者はみんな「留学行く前に買えばよかった」と言うほどです。

 

 

僕も実際に「Distinction 2000」を使っています。「Distinction 2000」には他の単語帳には載っていない、ネイティブが頻繁に使う表現がいっぱい詰まっていて、まさに日本の英語学習に革命を起こした本だと言えるでしょう。

Distinction 2000

 

「Distinction 2000」についても別記事で紹介していますので、詳しくはそちらをご覧ください↓

まとめ


僕の周りには帰国子女や留学に行ったことある人がたくさんいますが、彼らの英語力は人によって大きく違います。では何がその差を生んでいるのでしょうか。それは「読書量」です。人より多くの本を読んでいる、多くの英文を見ている人ほど英語力が高い傾向にあります。

 

 

なぜなら英語力が高くなるにつれて難しい単語や文法、ネイティブが使う表現など多くの知識が必要になるからです。それを得ることができるのは本しかありません。周りを見ても英語力が高い人はみんな本から多くの知識を得ています。本は自分の将来の自己投資だと思って、必要であればどんどん手に取りましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました